名刺作りのマナー☆ビジネスでも通用する7つの基本

名刺作りのマナー☆ビジネスでも通用する7つの基本
名刺作りのマナー、意識していない方も多いですよね。ひと昔前とは違い、近年では副業をする方々も多く、しかも子育て真っ只中のママ達さえ、自己紹介のための名刺を作る時代。名刺作りのマナー、実は印象を決定付ける、大切な要素です。

現代、名刺は自分をアピールするツール。他とは違うデザインも多くなりました。最近では顔を覚えてもらうために、似顔絵がデザインされている名刺も、個人用に限らず、企業でも多くなっています。

さらに名刺作りのマナーに倣うことで、印象操作だけではなく、高齢の方々にも読みやすい、などの配慮も自然にできるのです。

皆が気軽に名刺を作る現代、自分らしいオリジナル名刺でありながらも、名刺作りのマナーにも倣った、第一印象の良いものを作りたいですよね。そこで今回は、印象の良い名刺を作るための、名刺作りのマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

面接のノック回数にも意味がある☆理由で理解するマナー

面接のノック回数にも意味がある☆理由で理解するマナー
面接でノックする瞬間…、心臓がバクバクするほど緊張するシーンですよね。頭の中が空っぽになる方も多いからこそ、日頃からマナーを意識した行動がポイント。リラックスを心掛けても、緊張感はコントロールしにくいものです。

面接マナーは入室から、と言いますが、実は入室前の面接のノックから、基本的な作法があります。このような細かい部分まで追求する面接マナーは、「全て覚えきれない!」なんて気持ちにもなりますが、その意味合いを理解すると自然に身に付くもの。

面接のノック回数などの細かな部分まで、自然にその作法をこなしたいですよね。そこで今回は、面接のドアのノック回数が決められている理由から、基本的な面接マナーをお伝えします。

面接のノックの仕方や回数など、小さなことまで丁寧にマスターすることで、スマートな対応が好印象に繋がることも。どうぞ面接でノックする自分の姿を思い浮かべながらお読みください。

[ →続きを読む… ]

暑中お見舞い選びに迷ったら☆参考にしたいランキング

暑中お見舞い選びに迷ったら☆参考にしたいランキング
暑中お見舞いの文化は少しずつ薄れつつありますが、やはり日ごろからお世話になった方々へ、感謝の気持ちを表す、暑中お見舞いをしておくと安心ですよね。暑中お見舞いにはハガキで送るものと、ご挨拶に伺うものがあります。

本来は暑いさなかにお伺いを兼ねて、お中元を持参しながら暑中お見舞いをしたいもの…。けれども遠方であったり、忙しくて時間が取れない…、などの理由で訪ねられない場合に、体調などのお伺いとして、暑中お見舞いハガキを出すのが基本。

暑中お見舞いのハガキは専用のものも多く出回り、そのタイトルに合わせて一筆添えるだけで、気持ちが伝わるものになりました。けれどもちょっと迷いがちなのが、暑中お見舞いでの手土産となる、お中元ですよね。

そこで今回は、暑中お見舞いに持参する手土産を、喜ばれるものになるよう、人気ランキングからおすすめをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

友達への誕生日サプライズなら☆嬉しいプチアイデア集

友達への誕生日サプライズなら☆嬉しいプチアイデア集
友達の誕生日にサプライズでプレゼントをすると、もらった側も贈る側もみんなで楽しむことができますよね。誕生日と言えば、本人が喜ぶプレゼントを贈るというのが定番ですし、もちろん、プレゼントを貰うだけでも嬉しいものです。

しかし、欲しかったものや、もらって嬉しいものをただプレゼントされるより、サプライズの仕掛けがあった方が、より記憶にも強く残るもの。友達の誕生日サプライズは、プレゼントそのものよりも、そのサプライズの企画自体が、素敵なプレゼントになりますよね!

そこで今回は、彼氏や家族には予算をかけてプレゼントをするけど、「友達にはそこまでしない!」という人でも実践できる、友達の誕生日サプライズのアイデア集を7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー

訃報をメールで送る時。押さえるべき基本のマナー
訃報をメールで送る、送られる機会が近年増えてきました。訃報はメールでなくても、誰かに伝えなければならない時、どのような立場でも辛いものですよね。

特に身内が亡くなった時は、葬儀の準備等にも追われることが多いため、気持ちの整理もついてこないことが多いもの。しかし親戚や知人・友人などには、速やかに連絡をしなければなりません。

また時には、職場やサークルなどの関係者、そのご家族の訃報を「伝える立場」に立つことも考えられます。そんな時に役に立つのが訃報をメールで伝える方法。

「訃報をメールで送るのは、礼儀に反するのでは?」という声もあるかもしれません。それについては後述しますが、訃報をメールで送る方法も、適切に使えば速く確実に、しかも多くの方に情報が伝わるのです。

しかし扱う情報は訃報。メールの文面には特に気をつけるポイントは、押えたいですよね。そこで今回は、訃報をメールで送る時に押えたい、現代のマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]