マナーとモラルの違い☆社会人なら理解したい7つの事柄

マナーとモラルの違い☆社会人なら理解したい7つの事柄
マナーとモラルという語は、社会人として多用しますよね。しかし、それぞれどういう意味なのか説明するよう求められたら…、なかなか難しいのではないでしょうか。

しかも、そのマナーとモラルの違いの説明を求められると、「?」が頭の中を駆け巡ってしまう方も多いです。もちろん、言葉というものにはしっかり意味があり、似たような言葉でも違いはあります

ただマナーとモラルの場合、どちらも社会人として身につけていたい大切なものですので、その違いを理解しておくと、意外にも役立つことが多いのです。

それはきっと、社会人として信頼される仕事をこなすためにも、役立つに違いありません。「違いの分かる人」、「仕事のできる人」の評価されるきっかけになった体験談も数多く聞きます。

そこで今回は、マナーとモラルの違いについて、社会人として押さえておきたいポイントを、いくつかお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ビジネスマナーの基本☆面接時に知っておくと光るポイント

ビジネスマナーの基本☆面接時に知っておくと光るポイント
ビジネスマナーの基本は、一人の社会人としてしっかり押さえていたいですよね。特に面接を受ける時はビジネスマナーの基本が不可欠です。

言ってみれば面接というのは、ビジネスマナーのコンビニのようなものなので、ビジネスマナーに始まりビジネスマナーに終わるのが、面接とも言えます。

もちろん、ビジネスマナーに関係なく就職活動中の人であれば、かなりのトレーニングを積んで、面接に臨むケースがほとんどなのですが、もしそこでビジネスマナーの基本をみっちり学び、身体にインプットできれば、後々楽になります。

面接は難関であることは確かですが、人生においてもとてもためになる事柄であることを意識すると、その後の社会人としての人生にも変化が訪れます。ならば、面接をビジネスマナーの基本の登竜門と考えて、真剣に準備して臨んでみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、面接時に知っておくと役立つ、社会人になってからもあらゆるシーンで役立つ、ビジネスマナーの基本をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

会社の飲み会で幹事!失礼にならない段取りとポイント

会社の飲み会で幹事!失礼にならない段取りとポイント
会社の飲み会での幹事は大変ですよね。いろんな段取りが求められますが、誰かがしなければ会社の飲み会は成立しません。日取りを決めるだけでも大変ですし、そこからの取りまとめも必要です。

上司には気を遣いますし、後輩たちがしらけてしまわないようにも配慮したり、気を配る相手やポイント、こなさなければならない事柄がたくさんあります。

ただ、それだけにひと肌脱いだ時には、皆から感謝される役割でもあるので、みんなの喜ぶ顔を見る、やりがいも感じられるのではないでしょうか。

さらに、会社の飲み会の幹事としての役目を上手くこなせば、信頼を得て、仕事上のメリットが出てくるかもしれません。そんな会社の飲み会の幹事は、老若男女、広い世代の方々が集まるため、スムーズに進めるためにはポイントを押さえた段取りが必要です。

そこで今回は、会社の飲み会で幹事として役目を果たすのに役立つ、失礼にならない段取りとポイントをお伝えします。ぜひ本記事を参考にしながら、飲み会の幹事と言う大役を、ぜひスマートに乗り越えてください。

[ 続きを読む… ]

会社の人間関係を円滑に☆リーダーが意識したい7つの事

会社の人間関係を円滑に☆リーダーが意識したい7つの事
会社の人間関係を円滑にするのは、リーダーとして大変な仕事ですよね。かなりのプレッシャーに押しつぶされそうになる人もいるに違いありません。

出世はしたいけれど、責任が大きくなるのは大変です。しかし、リーダーとしての立場になった以上、責任をしっかり果たしたい気持ちは、当然ではないでしょうか。

そこで、仕事がうまくいくかどうかは、やはり会社の人間関係が円滑になっているかどうかに大きく左右されます。つまり、普段からどんな関係を築いているかが大切なのです。

会社の人間関係が円滑だと、予想以上の力が発揮されることが、多くの職場で証明されています。それぞれが人の良いところを引き出していくと、一人一人のポテンシャルが生かされてくるんです。

そこで今回は、リーダーとして会社の人間関係を円滑にするために意識したいことを7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

気を配るとビジネスも円滑に☆上手に気遣いができるコツ

気を配るとビジネスも円滑に☆上手に気遣いができるコツ
気を配る力が身に付くと、ビジネス面でも良い出会いやチームができますよね。「私は空気が読めないから…。」と落ち込む方も見受けますが、気を配る「力」は勘だけではなく、経験や知識からも養えます。

ただ気を配る「技術」は、いわゆる勉強では学べないため、「空気が読めない人(KY)」などの言葉まで出てきてしまうのかもしれません。

確かに気を配るかどうかは頭ではなく、心の問題でもありますが、純粋に周りの人たちと和やかに仕事がしたい気持ちがあれば、後は知識と経験で積み重ねることができるのです。

でも難しく考える必要はありません。普段から気を付けて繰り返していれば、自然にできるようになってきます。そこで今回は、ビジネスの人間関係でも、上手に気遣いができるコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]