残暑見舞いの文例☆初めて送る時に便利な7つの基本

残暑見舞いの文例☆初めて送る時に便利な7つの基本
残暑見舞いの文例があれば、初めてで作法が不安でも、より気軽に送れそうですよね。残暑見舞いとは、立秋(毎年8月7日頃)から8月いっぱいまでの間に、相手の健康を気遣って贈り物を贈ったり、ハガキを出すことを指します。

この時期は暦の上では秋とは言え、一年の中では最も暑い時期。そんな時にふと自分を気遣ってくれる便りが届いたら、誰でも嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

しかし、初めて残暑見舞いのハガキを送るとしたら、何を書いたら良いのか迷ってしまいがちですが大丈夫!残暑見舞いのハガキの文面には決まった「形式」があるのです。

残暑見舞いの文例を参考にできれば、伝えたいことをスッキリと表現できますよね。そこで今回は、残暑見舞いの文例や、知っておくと便利な言葉を、7つの基本としてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

49日とはいつから?数え方や意味など、7つの基礎知識

49日とはいつから?数え方や意味など、7つの基礎知識
49日とは何かと聞くと、「知っている!」という方も多いですよね。確かに、故人が亡くなった後、49日で喪が明けるのだとか、法要をする日だとか、部分的に49日とは何かを知っている人は多くいます。

しかし、「なぜ49日なのか」とか、「49日とは、どんな意味合いがあるのか」など、基礎的な知識がない方は意外といるのではないでしょうか。日本では亡くなった人を供養するのに、仏教式の葬儀を執り行うケースが大半。

しかし、敬虔な仏教徒だという方は少なく、何となく両親や先祖代々のお墓や供養の仕方が仏教式だから、という理由の人が多いため、49日とはどんな意味を持つのか、知らないのも無理はありません

しかし、「49日とは、どのような意味を持つのか」を知っていると、その間を過ごす心持ちが大きく変わりますよね。子ども達にも説明ができます。

そこで今回は、49日とは何なのか、知っておくべき基礎知識を7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

神社のお参り作法☆子どもに教えたい7つの作法とは

神社のお参り作法☆子どもに教えたい7つの作法とは
神社のお参りには作法があります。初詣や七五三など、神社は家族で行く機会が多いものですから、この神社のお参りの作法は、親から子に教えてあげたいですよね。

子供が作法を覚えれば、大人になって一人で神社にお参りにいっても困りませんし、子供が親になった時にそのまた子供にも教えてあげることができます。

神社のお参り作法は古くから日本の文化として受け継がれてきたものですから、おざなりにせず、親から子へ代々受け継いでいきたいもの。日本人は自分が無宗教だと思っている人が多いですが、神社のお参りは立派な宗教行事であり宗教行為。

神道を信仰している人がお参りをする場所である神社では、失礼のないように振る舞わなくてはいけませんよね。

[ 続きを読む… ]

残暑見舞いと暑中見舞いの違い?お返しする時の豆知識

残暑見舞いと暑中見舞いの違い?お返しする時の豆知識
残暑見舞いや暑中見舞い、最近ではあまり出す人は少ないですが、どちらも本格的な夏が到来し、暑くなってきた頃の季節のお便りであることは、知られていますよね。

しかしこのふたつの違いは、案外知っている方々は少ないのではないでしょうか。実際に送った経験があったり、送ろうと具体的に考えると、ちょっとした疑問が出てくるのも、暑中見舞いと残暑見舞いなのです。

例えば暑中見舞いと残暑見舞いが切り替わるのはいつなのか、そもそも暑さもたけなわなのになぜ「残暑」という言葉を使うのか…など。いまひとつ腑に落ちないことだらけですよね。

そこで今回は、暑中見舞いと残暑見舞いの違いと、覚えておくと便利な豆知識をお伝えします。実際に暑中見舞いや残暑見舞いを送りたい時、またお便りのお返しをしたい時など、役に立つはずです!

[ 続きを読む… ]

葬式の挨拶で伝えること。喪主が押さえる7つの基本例文

葬式の挨拶で伝えること。喪主が押さえる7つの基本例文
葬式の挨拶こそ、葬式においての喪主の多々ある仕事のなかでも、特に重要な位置を占めますよね。ただ、葬式での挨拶は一度ではなく、通夜や葬儀・告別式が進むにつれ何度か機会があるのではないでしょうか。

お世話になる方へ、参列してくれた方たちに対して、葬式の挨拶には様々な場面がありますが、悲しみで言葉が浮かんでこなかったり、そもそも人の前で話すことが慣れていなかったり…。

普段と全く違う状況では、自らの思いを的確に伝えること自体、どうしても難しくなってしまいがちですよね。そこで今回は、葬式の挨拶で伝えることを場面別に7つに分け、基本的な例文をお伝えします。

きれいな言葉や恰好のいいフレーズを使う必要はありません。今回の記事を参考にあなたらしい言葉で、葬式の挨拶を組み立ててみてください。

[ 続きを読む… ]