沖縄の結婚式に興奮☆一度は参加したい!違いと魅力

沖縄の結婚式に興奮☆一度は参加したい!違いと魅力
沖縄の結婚式は独特の文化で有名ですよね。もちろん、日本中見渡してみると結婚式の形は地域によって違いがありますが、中でも、沖縄の結婚式はオリジナリティーに溢れています。

琉球国の伝統があり、しかも昔はアメリカの統治下にあったということも影響するのでしょうか。そのため、本州と沖縄の人が結婚するとなると、その違いに戸惑うことも多いです。

招待される側としては、事前に異国情緒たっぷりの沖縄の結婚式の豆知識を持って望むことができれば、ワクワクしますし楽しいものですよね。そこで今回は、沖縄の結婚式あるあるをお伝えします。

外国の習慣を見る感覚でいろいろ知っていくと、さらに沖縄の魅力に引き込まれるのではないでしょうか。この特徴を知っただけで、もしかしたら沖縄旅行中に偶然出逢った沖縄の結婚式に、突然参加できるかもしれません。

[ →続きを読む… ]

現金書留の書き方☆実は知らない7つの基本手順とは

現金書留の書き方☆実は知らない7つの基本手順とは
現金書留の書き方は、実際に利用したことがある人々も少ないだけに、突然聞かれてもピンと来ない場合がほとんどですよね。

けれども現金書留の書き方を覚えておくと案外便利です。遠くにいる子供や孫に、お正月のお年玉を送る、ご祖父母や親族の方々も多いです。その他にも、入学祝い出産祝いなどなど、お祝儀袋に包んで贈りたい機会は多くあるのです。

今では現金書留の書き方はもちろん、その存在自体が分からない人々も多いかもしれません。現金は郵送することはできませんが、現金書留の書き方を知り、現金書留で送ることで、あらゆる「金銭」を送ることができるのです。

銀行振り込みではないため、心を込めて贈りたいお祝い事などには最適ですよね。そこで今回は、この現金書留の書き方を、マナーや手順とともにお伝えします。

[ →続きを読む… ]

三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー

三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー
三回忌に香典を包むべきなのか、包むならその相場はどれくらいなのか…、悩む方々は多いですよね。三回忌とは、人が亡くなって二年目に行う法要のこと。

二年なのに三回忌?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、これは、亡くなったその日が一回目の忌日、丸一年が二回目、丸二年が三回目とされるためです。

三回忌では、遺族や親族、友人や知人などが参列し、僧侶に読経してもらった後に焼香、会食をするのが一般的な流れ。この頃までは知人や友人などが参列することが特徴で、七回忌目からは規模を縮小していくのが一般的です。

そんな三回忌に香典、参列するとなればしっかりとマナーをもった判断をしたいものですよね。そこで今回は、三回忌に香典を包む場合の基本マナーをお伝えします。
[ →続きを読む… ]

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法

参拝の仕方を理解する☆子どもに伝える7つの作法
参拝の仕方を改めて考えると、きちんと教わった経験がない方々も多いですよね。初詣や七五三、受験の合格祈願など、子どもが成長するにしたがって神社へ参拝する機会も増えるなか、ふと戸惑う方々も多いもの。

しかし神社は神様の住まう処。家やその他の場所とは雰囲気が全く違い、子どもは大人以上に、その大きな不思議に疑問を抱きます。参拝の仕方、鳥居などの意味など、ひとつひとつにストーリーがあれば、子ども達の心に深く響くはず…。

そう考えると、「知らない」「わからない」ではきっとガッカリされてしまいますよね。そこで今回は、参拝の仕方を子どもに伝えるために、まず大人が理解しておきたい、7つの作法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

永代供養とは?お墓の現代事情と、終活で人気の理由

永代供養とは?お墓の現代事情と、終活で人気の理由
永代供養とは、その言葉の意味あいから死後、永久的に供養をしてくれるサービス、というイメージを抱きますよね。以前の日本では、亡くなったら菩提寺に墓石を立て、代々続く子孫によって供養をしてもらうのが一般的でしたから、永代供養とはなじみが薄いという人も多いです。

しかし、永代供養とはコスト面でも手間の面でも、お墓を立てて供養をするよりも効率が良いという事から、実際に自分の死後は永代供養をしてほしいと考える人が増えているのが現状。

ただし、永代供養とは何かという正しい知識を持っていない人は、意外と少ないものです。自分の死後の供養の仕方を決める大切なことだけに、永代供養とはどのようなものなのか、知っておくと安心ですよね。

そこで今回は、永代供養とは、その基本とメリットとデメリット、人気の理由を解説します。

[ →続きを読む… ]