転職での面接にはコツがある☆工夫したい7つのポイント

転職での面接にはコツがある☆工夫したい7つのポイント
転職時の面接は、新卒の時とはまた違ってきますよね。学生の立場と社会人であるという立場は大きく違います。面接の担当官も、新卒の就活の面接とは違った心構えで臨むに違いありません。

転職組には、会社側から新卒を採用する時以上に即戦力になることが期待されます。つまり、学生気分の残っている人ではなく、社会人としてある程度出来上がっていることが求められるのです。

そのため、同じ「面接」と言っても、新卒の面接と転職での面接とでは戦略を変える必要があるのは確実。事前に転職用の面接対策をしておくと、より納得できる時間になるはず。

転職時の面接では、より具体的に新卒では出せない有利な点をアピールして、スムーズに転職を実現したいですよね。そこで今回は、転職での面接のコツをつかみ、工夫したいポイントを、いくつかお伝えします。

 

転職での面接にはコツがある☆
工夫したい7つのポイント

 

転職面接でのあいさつ

新卒での面接でも転職での面接でも、あいさつは重要。しかし、新卒とは違い、転職での面接の場合は、社会人として当然のマナーをわきまえているはずだ、という厳しい目が注がれることになることに着目。

【 転職での面接☆あいさつのポイント 】

★ 中には「新人の頃は頑張っていたが、今はテキトーになってしまっている」なんて言う方もおられるかもしれません。でも、転職での面接ではそんな言い訳は通用しません

・ むしろ、マナーをわきまえたあいさつの仕方や言い回しが、板についているという印象を与える必要があります。

改めて新人の頃のことを思い出し、余裕をもってこなせるように準備してください。マナーに加えて余裕を見せることで、新卒との差を見せることができます。

 

面接官の話をよく聞く

どんな仕事にもコミュニケーション能力は必要。ですから、面接ではコミュニケーション能力が重視されることは当然!

【 転職での面接☆コミュニケーションを理解する 】

★ 特に大切なのは、話をよく聞くということです。自分ばかり話してはいけません。特に緊張しやすい転職での面接では、一方的にまくしたてることがないように注意!

・ よく話を聞いて、質問に的確に答えることを意識すればバッチリ。早とちりして見当違いの答えをしてしまわないよう、注意しながら受けてみてください。

コミュニケーションを余裕をもってこなすと、新卒とは違う出来上がった社会人としての印象が強くなるのです。

 

経歴を話す

新卒の時と大きく違うのは、仕事の経歴があること。これは大きな強みですので、しっかりアピール!しかし、自信を持ちすぎていては失敗してしまうのが、難しいところ。

【 転職での面接☆経歴アピール 】

★ 転職での面接でのアピールは、謙虚に話すことが一番のポイント。自分としてはアピールしようと必死なのですが…。

・ 傍からみると仕事ができるという自慢話になりがちで、面接官は引いてしまうのです。ここは、「一生懸命働く姿」をアピールするつもりで話してみてはいかがでしょうか。

ただ、反対に自信がなさすぎるのも良くないので、バランスが大事。自信のない態度は、面接官に不安にさせてしまうことに…。責任感を持って仕事に取り組んできたことを伝える気持ちで、アピールするとベターです。

 

質問にしっかり答える

質問に答える面で、マニュアルに沿った堅いものにならないように注意。転職の面接は、新卒とは違って、既に働いている社会人としての余裕が必要です。

【 転職での面接☆質疑応答 】

★ 例えば志望動機などは、今までの職場を辞めて転職する理由を知りたいわけです。なぜ、この会社でなければならないのかを、ハッキリ説明することがポイント。

・ 「そんなことだったら、今の会社でもいいんじゃないの?」などと思われてしまったら、採用への道は遠くなるもの。

その会社の特徴をしっかり把握し、この会社で何をしたいのか、自分の想いをしっかり話してください。

 

会社の役に立てることをアピールする

転職の面接では、即戦力が求められています。今までどんな仕事をしてきたかを逐一報告すれば良いのではありません。

【 転職での面接☆アピールのポイント 】

★ この会社で活かせるこんなスキルを持っています、というアピール!

・ 可能なら具体的な数字を入れて、どんな仕事にどんな成果を出したかを、簡潔に話せると良いアピールになります。

 

ネガティブな答えをしない

さて、転職での面接で聞かれることの多い質問の一つに「今までの会社を辞めた理由は何ですか」という質問があります。普通に考えて、聞かれて当然です。

【 転職での面接☆前職の退社理由 】

★ ここで、「クビになりました」なんて言ってしまっては話になりません。「私は仕事の能力がありません」と申告しているようなもの。

・ また、「嫌だったので辞めた」という趣旨の事を言うのも、かなりのマイナス!「採用してもすぐ辞めてしまうだろう」と敬遠されてしまいます。

この質問には、例えば今までの会社でやりがいを感じて働いていたものの、それ以上に御社に魅力を感じたという事を意欲的に答えると、好印象になりやすいですので、工夫した言い回しを検討してみてください。

 

熱意や意欲を見せる

暑苦しくない程度に、熱意や意欲を伝えることも、転職面接でもやはり重要!いろんなチャンスがありますが、よくあるのは「何か質問がありますか?」と聞かれた時の答えです。

【 転職での面接☆意欲を見せる方法 】

★ ここで上手に答えることは、面接に大きく影響するはず。

・ 間違っても「給料はいくらですか?」とか、「有給は何日くらい取れますか?」などと嫌がられる答えは、転職の面接としてはNG!

もっと、会社に貢献したいと思っていることが分かる答えを考え、先方をよく調べた上での質問を考えてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか、転職の面接では、既に働いている社会人としての当然のマナーを押さえて答えることが大切。それもスマートにこなせればバッチリ!

転職の面接中には、まずは面接官の質問をよく聞いて、その質問の意図をつかむよう、意識を集中してみてください。実はこれがけっこう難しい!面接官は素のあなたを知りたいので、ひっかけのような質問がなされるのです。

そのため、模範的な回答を目指すことがないよう、常に心と神経を意識。面接官が、この人材は即戦力かどうかを見極めたいと思っているんだ、ということを念頭に置いて対応すれば大丈夫。

ネガティブな答えは避け、前向きな答えを用意することも重要な事柄。転職の面接ならではのコツを上手く掴んで転職の面接に臨み、しっかり社会人としての自分の長所をアピールしましょう!

まとめ

転職の面接で押さえるべき7つのポイント

・ 社会人として当然のあいさつをする
・ 面接官と上手にコミュニケーションを取る
・ 今までの仕事の成果を答える
・ しっかり自分の考えを答える
・ 会社に貢献したいと思っていることを答える
・ 前向きな答えをする
・ 熱意の感じられる質問をする


連記事