入社前、会社に電話☆好印象でスタートする7つのコツ

入社前、会社に電話☆好印象でスタートする7つのコツ
入社前に会社に電話して、事前の挨拶をしておこう。」そう考える方も多いですよね。若しくは入社前に会社に電話をして、確認したいこと、しなければならないこともあるかもしれません。

ただ、いざ入社前に会社に電話するにしても、社会人としてのマナーや、何から話そうかと考え出すと、悩んでしまいがち。相当緊張もするはず!そうなると、かえって入社前に会社に電話をすることで、面倒がられたりしないか…、不安になるのではないでしょうか。

今やコミュニケーションの手段はメールが主流。さらにはメールでさえ面倒だからと、LINEでのやり取りを好む人もいる時代。「入社前に会社に電話をする、という行為自体、重く感じられてしまうのでは…。」と受話器を前に悩む方も多いもの。

しかし、多くの会社では昔ながらのビジネスマナーも重視しています。「入社前に電話してくるなんて、しっかりしている」とみる会社も、多いことを理解しておきたいですよね。

そこで今回は、せっかくなら押さえておきたい、入社前に会社に電話する際に、好印象を与えるためのコツをお伝えします。

 

入社前、会社に電話☆
好印象でスタートする7つのコツ

 

ハッキリ、丁寧に話す

これは、電話のマナーの基本。特に入社前に好印象を残すためには欠かせない要素です。普段からお腹から声を出すクセをつけるようにすると、より安心です。

【 入社前に会社に電話☆丁寧にハッキリ 】

★ 丁寧に尊敬語と謙譲語を使い分けて丁寧に話してください。

・ 特に緊張していますので、早口になることが多いです。努めてゆっくり話せるように気持ちを整えてください。

緊張していると、語尾がハッキリしない尻切れトンボのような話し方になってしまう事もあります。「です」、「ます」までをしっかり発音するように意識すれば、良い話し方になるはずです。

 

入社の意思を知らせる

内定の知らせをいただいた後、入社を決意したことを伝えるのは良いこと。メールでもできないことではありませんが、電話した方が印象は良くなるはず。

【 入社前に会社に電話☆入社の意思表示 】

★ 喜んでいる気持ちをしっかり伝えることがポイント。

・ 決して、「一応」とか、「とりあえず」なんてワードを使わないように注意してください。会社はあなたを採用したことに、不安を持ってしまうかもしれません。

入社させていただけることに感謝していることを伝え、出社を楽しみにしていることを話してください。

 

入社日の確認をしておく

【 入社前に会社に電話☆入社日の確認 】

★ 入社前に会社に電話して、入社日や時間、どこに行けばよいかなどをしっかり確認しておくことも、ビジネスマンの第一歩。

・ 電話で確認しておくという真剣さはプラスに見られるに違いありません。

しかし、確認した上で遅刻などしようものなら一気に帳消しになってしまいますので、しっかり行動してください。

 

要件をまとめておく

入社前に会社に電話する際、こちらは仕事をしていない時間に電話していますが、会社は就業時間

【 入社前に会社に電話☆簡潔に 】

★ 忙しくしているところにわざわざ電話をするわけですから、あまり時間を取らせないようにしなければなりません。

・ また、電話をかけたものの、緊張のあまり頭が真っ白になって何も話せなくなることもあり得ます。そのため、用件を前もって書き出しておくことをおすすめします。

 

必ず自己紹介をする

これも、電話の基本的なマナー。自分の名前を名乗り、内定をもらっている者であることを伝えてください。これからお世話になるのですから、しっかり自己紹介して、この機会に覚えてもらうくらいの気持ちで電話をするとバッチリ。

【 入社前に会社に電話☆自己紹介 】

★ 必ず名前はフルネームで伝えるのが大切。こういう礼儀をわきまえる努力は、入社後に必ず役立つものです。

・ もちろん、電話対応の業務にはならないかもしれませんが、どんな部署でもビジネス上の電話をすることは必ずあります。

入社前に会社に電話する時が、声だけであっても会社の方々との最初の出会い!この「声」でも印象が左右されますから、しっかり取り組んでスムーズなスタートを切ってください。

 

要件に入る前に一言入れる

また、入社前に会社に電話する際には、自己紹介の後、いきなり要点に入らないように注意!

【 入社前に会社に電話☆一言、前置き 】

★ 「~の件でお電話いたしました」とか、「今、よろしいでしょうか」といった前置きを置くのが良い電話。

・ こちらでも、ちょっとしたフレーズを入れるか入れないかで、与える印象は大きく違ってしまいますので、注意してください。

 

静かに電話を切る

入社前に会社に電話する時は特に、落ち着いて行動も丁寧に行うことを意識。最後まで気を抜かずビシッと決めたいものです。

【 入社前に会社に電話☆電話の切り方 】

★ 最後のフレーズが終わってから、一呼吸置いてから、切るようにするのが好印象。

・ 固定電話の場合は、「ガチャン」と大きく鳴ります。この音は意外に響くもの…。相手に不快感を与えてしまいますので気を付けてください。

携帯電話の場合も、しっかり話が終わってから切るようにしたいもの。間違っても、相手がまだ話している間に切ることがあってはなりません。

 

いかがでしたでしょうか、入社前に会社に電話するとなれば、誰でも非常に緊張するに違いありません。せっかく勇気を出して、良い意図で電話したにもかかわらず、かえって悪い印象になってしまっては残念!

よく準備して電話をすることで、電話中も落ち着いて対処ができて好印象。この機会に電話のマナーを改めて復習できれば、一石二鳥です。入社後の仕事にも、大いに役立つこと、間違えありません。

そして、入社前にはいろいろ不安に感じることが出てくるもの…。まとめておいて会社に電話する時に確認できれば安心!ただ、何でもかんでも質問するのは逆効果になってしまうこともあるので、簡潔に不安なことを整理して確認すると、よりスムーズ。

入社前に会社に電話する時もマナーをわきまえ、印象の良い対応ができると、入社後もより良いスタートが切れるはず。新たな1歩を良いスタートにしちゃいましょう!

まとめ

入社前の会社への電話でのマナーとは

・ハッキリ、丁寧な話し方をする
・感謝して入社の意思を伝える
・入社日を間違わないよう、確認しておく
・パニックにならないよう、要件を書き出す
・フルネームで自己紹介する
・要件に入る前に一言入れる
・一呼吸置いてから電話を切る


連記事