旅館のチップ事情☆日本と海外の違いを分かりやすく解説!

旅館のチップ事情☆日本と海外の違いを分かりやすく解説!
日本で旅館に宿泊する際、チップの支払いを意識することはありませんが、その言葉は誰もが一度は聞いたことがありますよね。しかし、チップが一体どういうものなのかと聞かれると、すべての方が答えられるものではないでしょう。

チップは主に海外における習慣で、日本で生活している限りは耳にすることはほとんどありません。まして、チップを求められた経験のある人はいないでしょう。

そもそもなぜ日本の旅館ではチップが必要ないのか、海外の宿泊施設やレストランとどのように違うのか、気になるところ。それを知っておくことで、海外旅行に行ったときにも自信を持って対応することができるでしょう。

そこで今回は、旅館でのチップ事情について、日本と海外の違いを解説していきます。

海外における一般的なチップ事情

はじめに、海外ではどのような場面でチップを渡すかというと、ホテルに宿泊してルームサービスを頼んだとき、あるいはタクシーで特に急いでもらったときなどのように“特別なサービス”を要求し、提供してもらったときに渡します。

分かりやすく言えば、ルームサービスを頼んだ際、運ばれた料理に対するお金をホテル側に支払い、運んできてくれたことに対してスタッフに支払うのがチップです。金額としては、15%~20%が一般的です。

このチップは、そのままスタッフの給料になります。とはいえ、従業員はチップで“得をしている“わけではありません。チップが給料の多くを占めることを前提としており、もともとの給料は低く設定されています。

ある意味では、良いサービスをしなければ十分なチップを受け取れませんから、顧客側としても、チップを渡す相手や金額を決めることができるというのはメリットであるように感じます。しかしだからといって、従業員の態度が悪い場合にチップを一切払わないというのは非常識にあたります。

相手の態度はどうあれ、時間を割いて何らかのサービスを提供してくれたことに対しては、しっかりとチップを支払わなければなりません。チップの無い日本での生活に慣れていれば違和感を覚えるかもしれませんが、常識のある旅行客としてしっかりと把握しておきたいところです。

 

日本にチップが無い理由

先述したとおり、チップとは、部屋や食事のような目に見えるものではないサービスへ支払うお金です。

では旅館に宿泊した際など、チップの習慣のない日本では、サービスに対してお金を払っていないのかといえば、そうではありません。

日本の場合、サービスに対して支払うお金は「サービス料」としてあらかじめ宿泊費に計上されているため、旅館の場合もチップではなくサービス料となります。これは法的にも定められているもので、旅館のホームページや、領収証などにもはっきりと記載されています。日本でのサービス料は、概ね10%程度が多く、稀にそれ以上のところもあります。

日本でのサービス料は、旅館の売り上げとして計上される点も、直接従業員の給料になる海外のチップとは異なります。

 

変化しつつある海外のチップ事情

日本と海外で大きく異なる旅館などのチップ事情。双方にメリットもデメリットもあるのですが、近年、海外のチップにはいくらか変化が見られるようになりました。

考えてみるとわかるのですが、チップを受け取ることができるのは、レストランでいえばホールスタッフのみで、調理場が受け取る機会はありません。これまではそれが当たり前だったのですが、不平等ではないかという考えも出てきています。

そこで、欧米でも日本のようなサービス料のシステムを導入しているお店が少しずつ出てきているようです。しかし、これまでチップを給料の一部にしてきたスタッフにとっては、当然デメリットでしかありません。そのため、サービス料を取りながらも、チップを求めるお店もあります。

これらの事情を知らないで行くと、余分に料金を支払うことにもなりかねません。しっかりと下調べをして、必要以上に料金を払うことの無いようにしておきましょう。

 

日本でチップを渡すことはないのか

日本ではサービス料として計上されているとお伝えしましたが、では日本の旅館でチップを渡す機会は一切ないのでしょうか。

チップを支払う必要性だけでいえば、実際には一切必要ありません。

ただし、時には既定のサービス料だけでは足りないと感じる特別な感謝を抱くこともあるでしょう。

以前に比べて、“評価”をすることが日常的になってきた現在では、宿泊した旅館を振り返って、「部屋や料理だけでなく、スタッフの対応も良かった」と感じる方もこともありますよね。逆に、「金額のわりにサービスが足りない」ととらえる方もいるでしょう。

それは、まさにサービス料が上乗せされているからこその評価ですが、ときには「金額以上に素晴らしいサービスをしてもらった」と思うこともあるでしょう。そのときはお礼の気持ちとして、旅館やスタッフの方に、いわゆるチップを渡したいと思う方もいるかもしれません。

旅館ではそのような場合にはチップを受け取らないこともありますが、顧客の好意に応える意味で受け取ってくれるところもあります。

そのような素敵な旅館に宿泊できた際は、声をかけてみてもよいかもしれません。

 

このように、チップは日本にはないシステムではありますが、日本では知らないうちに支払っているお金を海外では直接従業員に渡しているだけ、と理解しておくとわかりやすいでしょう。

日本では、スタッフの方の対応が良くても悪くても、一定のサービス料がとられることが決まっています。高い旅館に泊まって、あまりよくない対応をされると、不満に思う方もいるでしょう。海外のチップのシステムであれば、特に素晴らしい対応を受けたときにはチップを多く渡すこともできますし、態度はともかく、してくれたことに対しては最低限のお金を払うと思えば、「損をした」という感覚は少なくすむかもしれません。

国や地域によっても、チップの相場は変わってきます。一期一会の出会いであっても、相手にとって失礼のないように、しっかりと相場を確認してから宿泊するようにしましょう。


連記事