弔電マナーについて

ビジネスマナー

【弔問に伺えない時に】お悔み状の書き方と心得7か条

仕事や葬儀に参列出来ない場合や、後から訃報を聞いたと言う場合に出すのが「お悔やみ状」。是非出しておきたい手紙です。普段の手紙とは異なり、書く内容や使う言葉に注意が必要です。そんな“お悔やみ状”に焦点を当て、書き方と心得を紹介していきます。
ビジネスマナー

【弔辞のマナー】書き方や作法での7つの注意点

不幸のお知らせは急に連絡が来るものです。親しい知人である場合には、遺族から弔辞を読んでほしいとお願いされることもあるでしょう。快くお引き受けするようにしましょう。そんな時に慌ててしまわないために、知識として知っておくと安心ですね。
フォーマルな装いのアドバイス

葬式の日程を考える時に気を付けるべき7つのこと

急性の病気や事故など、予想も出来ず突然の死の知らせがあるなんてことも実際は多いようです。そんな大切なお葬式の日程は、いったいどんなことに注意して決めればよいのでしょうか。お葬式の日程で気をつけなければいけないポイントを7つお教えします。
フォーマルな装いのアドバイス

小さなお葬式、家族だけで見送ることの7つの利点

お葬式にはさまざまな形があります。その中でも、家族だけで見送ることが出来る小さなお葬式が注目されています。小さなお葬式はどのようなもので、どんな利点があるのでしょうか。家族だけで見送る、小さなお葬式の利点を7つお教えしましょう。
弔電マナーについて

49日法要の香典準備、直前で慌てないための7つのマナー

忌明けとなる、49日法要は、遺族や親族、親しい友人や知人等が集まって盛大に行われます。案内のハガキが届いたら、参加するのがマナーです。都合を付けて、故人またご遺族の為にも参列されて下さいね。参列される際に必要な「香典のマナー」です。
フォーマルな装いのアドバイス

【キリスト教の葬儀】仏教との比較から服装やマナーまで

なかなか接する機会のないのがキリスト教の葬儀。近年、宗教も多様化し、いつ何時キリスト教の葬儀に参列するか分かりません。そんな場合に備えて、何が違うのか一通り知っておきませんか。今日は「キリスト教の葬儀、仏教との比較とマナー」を紹介します。
弔電マナーについて

弔電のお礼を伝える時の7つのマナーと心得

弔電は、葬儀に来ることができなかった人から届くお悔やみの気持ちです。お礼も丁寧にお伝えするのが礼儀。弔電のお礼を伝える際に守っていただきたいマナーと心得に説明しています。弔電をお送りいただいた方にきちんと感謝の気持ちを伝えてくださいね!
弔電マナーについて

お悔みの手紙、遺族を労わる気持ちが伝わる文例集

お悔やみの手紙、お悔やみ状は、弔問の代わりとして送るものです。お世話になった方や友人・知人の親族等、やむを得ない事情でお通夜や葬儀に参列出来ない場合にお悔やみ状を送るのがマナーです。あなたの心遣いが感じられるお悔やみの手紙を送りましょう。
ビジネスマナー

葬儀で挨拶をする際に気をつけたい7つの振る舞いマナー

急な訃報で、葬儀に列席することは、人とのお付き合いがあれば避けて通れない。慌てないようにマナーとして葬儀に列席するときの立ち居振る舞い、最低限頭の中に入れておきたいものです。葬儀で挨拶をする際に気をつけたい振る舞いを7つお教えします。
弔電マナーについて

通夜・告別式に参列できないときに行うべき7つの行動

お通夜・告別式の連絡が来たら、ご縁があった相手ほど、お通夜・告別式に参列してご冥福を祈りたいものです。とはいえ、どうしても参列できない場合があります。そこで、今回、通夜・告別式に参列できないときに行うべき7つの行動を御紹介いたしましょう。
弔電マナーについて

お悔やみの手紙を送る時に知っておきたい7つの一般常識

訃報の知らせを受けたとき、やむを得ない事情で、どうしても駆けつけることができない・・・そんな場合に、遺族にお送りするお手紙が、お悔やみ状です。お悔やみ状、手紙の書き方の一般常識とは、どんなものかをご説明しましょう。
弔電マナーについて

心労でいっぱいの時にも、弔電へのお礼で最低限必須の7つのこと

家族との別れは誰にとっても辛いものです。しかし、ただただ、悲しみに暮れているわけにもいかないのも事実。葬儀を終えてもやるべきことはあります。そう、弔電のお礼です。最低限必須の事を7つにまとめましたのでご参考になさってください。
弔電マナーについて

知らないと恥をかく!法事の香典についての7つのマナー

香典とは、故人に対する供養の気持ちを込めて霊前に供える金銭や品物のことです。マナーをきちんと守って故人へのご冥福を心からお祈りしたいですよね。今回は、知らないと恥をかいてしまう法事の香典マナーについてまとめました。
弔電マナーについて

25歳を超えたら絶対身につけたい、香典のマナー7つの基本

社会人となり3年、世間でもようやく一人前の大人として認められる頃。この段階でのマナー違反は大変厳しく評価されるもの。特に、冠婚葬祭でのマナーを押さえておくことは重要です。今回は香典マナーについて説明したいと思います。
弔電マナーについて

突然の訃報・・労りの気持ちとお悔やみをメールで伝える7つの方法

突然の訃報を受けたが、駆け付けられない場合。メールでのお悔やみは親しい間柄の人にとってはすぐに思いを伝える事が出来、相手の心に寄り添える欠かせないツールとなっています。ここではお悔やみをメールで伝えるときのポイントをお伝えします。
弔電マナーについて

家族葬のマナーについて知っておくべき7つのポイント

家族葬とは家族や家族同然に接してきた人達だけでとりおこなう密葬のことです。大がかりな葬儀を望まない人が遺言で家族葬に、と指定する場合もあります。小規模のお葬式を望んでいる家族葬には弔問に訪れる側の人にも注意すべく点があるようです。
弔電マナーについて

家族葬ってどんな葬儀?家族葬の場合の7つのマナーと知識

最近、広まりつつある「家族葬」。密葬とも呼ばれ、家族や親族、そしてごく親しい友人のみで故人を送るのが特徴です。家族葬を執り行う場合、参列する場合、家族葬に招待されていない場合のそれぞれに気をつけるべきマナーについてご紹介します。
弔電マナーについて

密葬と普通のお葬式の違いは?密葬について知るべき7つの事

最近よく耳にする、密葬。密葬とは具体的にどういうものなのでしょうか?普通のお葬式との違いは?いろんな理由で、密葬にされるパターンがあります。密葬に招待された場合は、普通の葬儀とはすこし異なる注意が必要です。
弔電マナーについて

弔電を頂いた方へのお礼をする時に知っておくべき7つのマナー

お葬式があるのに、どうしても行けない・・という時に、頂く弔電。弔電をわざわざ送っていただいた方にもちゃんとお礼をしないといけません。では、その時どのようなことに気をつければよいのでしょうか?