小さなお葬式、家族だけで見送ることの7つの利点

小さなお葬式、家族だけで見送ることの7つの利点

お葬式にはさまざまな形があります。

会社が費用を出しておこなう社葬や、個人が費用を出しておこなう個人葬に大きく別れますが、お葬式の規模や形については、故人や遺族の思いの数だけ、お葬式の形があるのかもしれません。

最近では、形だけのお葬式ではなく、故人や遺族の気持ちを反映して、思いの詰まったお葬式の形も多くあります。その中でも、家族だけで見送ることが出来る小さなお葬式が注目されつつあります。最後のお別れの時間を家族だけで過ごすことが出来るのはとても素敵なことですよね。

でも、小さなお葬式にはどのようなもので、どんな利点があるのでしょうか。小さなお葬式は、遺族や親しい知人のみが列席する形が多いので、出席したことがないという方も多いでしょう。

その家族だけで見送ることが出来る、小さなお葬式の利点を7つお教えしましょう。



 

小さなお葬式、
家族だけで見送ることの7つの利点

 

故人と遺族だけで落ち着いてお別れが出来る


お葬式は、本来故人や遺族のために行うものだといえます。

故人のお葬式に来て下さる方の対応や、葬儀の儀式の部分にばかり時間をさいてしまっていては、故人と落ち着いて家族だけでお別れする時間がとれないこともあります。

そうなってしまっては本末転倒ともいえるでしょう。自分たちのペースでお別れの時間を作ることが出来ることが、小さなお葬式の一番の利点とも言えるでしょう。

大切な家族とのお別れの時間は、きちんと作ってお別れしたいものですね。

 

費用を掛けずこじんまりとお葬式が出来る


通常のお葬式では、沢山の方がいらっしゃるので、会葬返礼品や通夜振る舞いの飲食物の準備、また会場費など沢山の費用がかかってしまいます。

故人と家族のためのお別れの式としてお葬式を考えるのならば、他の人のためにかかる多額の費用は、もしかしたら不要なものなのかもしれません。

周囲に理解してもらえるように説明は必要だとは思いますが、本当に必要なことにだけお金や時間を掛け、それ以外の部分を省くことが出来るのは大きな利点です。

 

義理や付き合いのない人の対応が必要ない


大きなお葬式には、会社関係の人や直接故人と会ったことがない人など、訃報を知って駆けつけて下さる人が沢山いらっしゃいます。

盛大で沢山の方に見送られるお葬式は素晴らしいものですが、故人と遺族との時間はどうしても制限され、少ないそれ以外の時間も時間外に訪れて下さる方の対応に追われてしまうこともあります。

もちろん故人をよく知る方が来てくださるのはありがたいことですが、面識のない方や義理で来て下さるような方にご遠慮頂くことが出来ます。

 

参列者の気遣いが少なく精神的負担が軽い


参列者が多いと、どうしても席や会葬返礼品が足りないなどのトラブルも起こりやすくなります。

小さなトラブルであっても、ただでさえ体力的にも精神的にも疲弊している遺族にとっては、重なれば大きなダメージとなってしまうでしょう。

一人ずつに挨拶したいと思っていても、参列者が多ければその時間や人数は膨大なこととなり、遺族の精神的な負担につながりますが、小さなお葬式では、本当にお話したい人にだけ、十分な時間を作ることが出来ます。

 

受付や会葬返礼品の準備などがいらない


参列者が多いお葬式では、お香典を受け取るための受付や、会葬返礼品をお渡しするための人や準備も必要になります。

でも、小さなお葬式では、故人と遺族の要望で参列者を決めることも出来るので、大掛かりな受付や、会葬返礼品の準備は必要ありません。その分、集まってくれた人とゆっくりお話する時間を作ることも可能です。

受付などに人をお願いする必要もなく、人件費や、会葬返礼品も不要にすることが出来るので、費用負担も軽くなります。

 

故人の死と向き合う時間がゆっくりと持てる


大切な人が亡くなった後、一番大切なのはその「死」と向き合うことなのかもしれません。

大きなお葬式では、亡くなったすぐ後からいろいろな準備をしなくてはならず、死を悲しんでいる暇さえないとも言われます。バタバタとお葬式を終えて、ホッとした後に悲しみが襲ってくるのはとてもつらいことですね。

小さなお葬式では、バタバタと準備に追われることもないので、ゆっくりと故人と向き合い、故人の死とも向き合う時間を作ることが出来るのは大切なことです。

 

参列者の人数を事前に把握しやすくなる


通常のお葬式では、参列者がどれくらいの人数になるかは想像するのが難しいことです。

沢山の参列者が来てくださるのは嬉しい事ですが、その半面、会葬返礼品が足りない!や通夜振る舞いの飲食物が足りない!というトラブルも起こりやすくなってしまいます。

小さなお葬式では、どの知り合いまで連絡するか、参列して頂くかということを遺族が決めることが出来るので、参列者の数を事前にある程度把握しやすくなります。

人数が把握出来れば、不要な心配や準備をする必要がありませんね。

 

いかがでしょうか。小さなお葬式の利点は、故人や遺族の気持ちによりそったお葬式をあげられることでしたよね。

お葬式という大切な日であっても、どうしても形式的になってしまいがちな部分は否めないものです。でもその家族家族の思いに寄り添ったお葬式をあげることも小さなお葬式であれば可能かもしれません。

通常のお葬式と違う部分を理解してもらえさえすれば、思いの詰まった素敵なお葬式で故人を送ってあげることがきっと出来ると思います。小さなお葬式だからこそ出来る利点をしっかり覚えておきたいものですね。

 

まとめ

小さなお葬式、家族だけで見送ることの7つの利点

・故人と遺族だけで落ち着いてお別れがしたい
・費用を掛けずこじんまりとお葬式が出来る
・義理や付き合いのない人の対応が必要ない
・参列者の気遣いが少なく精神的負担が軽い
・受付や会葬返礼品の準備などがいらない
・故人の死と向き合う時間がゆっくりと持てる
・参列者の人数を事前に把握しやすくなる