社会人の食事マナー☆意外と気にする人が多いNG作法とは

社会人の食事マナー☆意外と気にする人が多いNG作法とは
社会人として食事のマナーを知っていると、楽しいですよね。もちろん、「食事は美味しく食べればそれでいいんだ!」と、マナーを気にしなくてもいいとする方もいますが、それも素敵なひとつの考え方です。

ただ、社会人になると食事のマナーを気にしないのと知らないのとでは、大きな違いがあります。知っていながら気にせずに食事する人は、人を不快にさせるようなことにはなりません。

しかし社会人でもともと食事のマナーを知らない人は、いつの間にかNG作法に陥り、周りを不快にさせてしまいかねません。そのため、社会人として食事のマナーを知っておくという事はけっこう大切なのです。

自分が良ければそれで良い、ではなくて周りにも気を配れるのが、一人前の社会人です。そこで今回は、社会人の食事マナーの中で、周りを不快にさせかねないNG作法をお伝えします。

 

社会人の食事マナー☆
意外と気にする人が多いNG作法とは

 

箸の使い方

箸の使い方には、いろいろと社会人としての食事マナーがあります。そして、箸をどう使っているかは、人から良く見えるものですから、注意深くありたいものです。

【 社会人の食事マナー☆箸の使い方 】

★ 基本的に、箸を持ったままで他の何かをするのはNGです。「にぎり箸」、「迷い箸」、「寄せ箸」等々、さまざまなNG行為があるので注意してください。

・ 中でも「にぎり箸」はついやってしまいがちなNGマナーです。「にぎり箸」とは、箸を持った手で器をとるという事で、普段家では結構している方もいるかもしれません。

普段とは違うことが求められるのが、社会人の食事マナーです。

 

目線に注意、にらみ食い

「にらみ食い」とは、普段あまり聞かない語ですが、これは料理を食べながら、次の料理を目で見る行為を差しています。

【 社会人の食事マナー☆にらみ食い 】

★ 本人にとっては単に視線を移すだけのように思うのですが、不快に思われることが多いため、このような「にらみ食い」がNGとされています。

・ 確かに、一緒に食事している人が流し目をしていたら気になるものです。

今、出されている料理をしっかり味わって食すのも、社会人の食事マナーと考えて、目の前の料理に集中してみてください。

 

袖越しを避けて、丁寧な作法

「袖越し」とは、右にあるものを左手で取ったり、左にあるものを右手で取ったりすることで、これを避けるのも社会人の食事マナーなんです。

【 社会人の食事マナー☆袖越し 】

★ この作法に関しては、マナーだからというよりも、袖に料理がついたりする可能性がありますので、そう考えるとやらないはずです。

・ 相手に気配りできる人の場合、「袖越し」をしている人を見ると気になりやすいので、気をつけてください。

 

喫煙を有無

食事中に喫煙するかどうかは、今の時代では多くの方々が気に掛けるのではないでしょうか。今は禁煙家も増えていますので、周りへの気配りが必要です。吸うなら必ず、皆の了解を取ってからにしてください。

【 社会人の食事マナー☆喫煙に関する注意事項 】

★ その場を離れればOK、と考える方も多いのですが、家屋の外に出るだけではなく、入る時にも口臭を整えるタブレットなどは準備しておくと安心です。

・ 煙草を吸わない家では、煙草の匂いは微量でも目立つので、吸った後の口臭は、本人が思う以上に周囲が反応しやすいことは、理解しておいてください。

できることなら食事中は喫煙を控え、同席の方々と別れてから喫煙できれば安心、レストランなどの場合、トイレでの喫煙も厳禁です。トイレ内に匂いが充満してしまい、火災報知機も反応しやすい傾向にあります。

さらに、外で煙草を吸うときのために、携帯用灰皿も常備しておいてください。

 

音を立てない

洋食の場合ですが、「音を立てない」というのが社会人の食事マナー、特にスープを飲む時に注意が必要です。和食の味噌汁は音を立てて飲みますので、正反対なんです。

【 社会人の食事マナー☆音への配慮 】

★ 和食の場合は箸を使うので問題ありませんが、洋食はナイフとフォークですので気を付けないと、カチャカチャカチャカチャ耳触りになってしまいます。

・ そして、いわゆるクチャラーにならないように注意することも大切、「クチャラー」とは、クチャクチャクチャクチャ、音を立てて食べる人の事です。周りは、うるさくて気になる…、との声が聞こえます。

さて、当然ながら全く音を立てないのも気持ち悪いですので、適度な感覚を身につけるようにしたいものです。

 

ナイフの刃先、フォークの刃先を人に向ける

これは気になる人もいれば気にしない人もいるかもしれませんが、ナイフの刃先です。フォークの刃先を人に向けるというのは、殺意があるという意味だという人もいるほどの、大きなNGマナーになります。

【 社会人の食事マナー☆刃先の向き 】

★ 洋食では、食事中はナイフとフォークで「×」を、食事が終わったら「=」を作るのがマナーです。

・ その際に、ナイフの刃先は自分に向けるようにしてください。フォークは丸い方を上にしておくのが望ましいです。

 

食事中に携帯を使う

これは恐らく「現代病」と言っても良いかもしれませんが、割と見かける光景ながら、携帯やスマホをいじってしまうのは、基本的にNG行為です。

【 社会人の食事マナー☆携帯の扱い方 】

★ 食事が来るまでの待ち時間、食事中、ついつい画面を見てしまうことのないよう、マナーモードにしてバッグにしまってください。

・ 今後も社会人の食事マナーとして注目されることかもしれません。相手を無視してず~っと携帯をいじる人はいないと思いますが、電話がかかってきた時メールが届いた時には、特に注意をしたいところです。

携帯を使われると、相手は、「今目の前にいる私よりも、携帯の向こうにいる人の方が大事なんだ」と感じて、印象は悪くなります。

 

いかがでしたでしょうか、社会人として食事のマナーで、特に気をつけたいポイントをお伝えしました。

「マナーなんて気にせず、美味しく食べればそれでいいんだ。」というのはとても良い考えですが、そのおいしさを邪魔するようなことのないよう、知識は持っておくと、スマートな心遣いができます。

自分はもちろんのこと、相手も美味しく食べれてこそ食事は楽しくなる、と言う考え方が最も大切なポイントで、だからこそ、どうしても社会人になれば、食事マナーの最低限の知識が役立ちます。

社会人として、どんな食事マナーをどの程度実行するかは、それぞれ判断すべきことですが、そもそも知らないものは実行できません。ですから、社会人の食事マナーを少しづつ勉強してください。知れば知るほど楽しめます

それでは、社会人の食事マナーについて知識を増やして、NG作法を意識して避けて食事タイムを楽しみましょう!

まとめ

意外と気にする人が多いNG作法

・「にぎり箸」など、箸の使い方
・「にらみ食い」をして、流し目をしない
・「袖越し」で相手を冷や冷やさせない
・喫煙はしても良いかどうか必ず確認する
・クチャラーにならない
・ナイフやフォークの刃先の向きに注意
・食事中は携帯を気にしない


連記事