香典

葬式マナーについて

通夜の香典の包み方と渡し方。気になる金額目安とは

通夜というのは前もって招待されるものではありません。人の不幸はある日突然のように訪れます。 その知らせを聞くのは、近しい親戚の場合には喪主からの直接の連絡であることが多いですが、会社の同僚であれば上司や社内報から、友人知人であれば人づてに耳に入ることもしばしばあります。 通夜に行くために香典袋を日頃...
法事でのマナー

法事の香典について知っておきたい7つのポイント

法事の香典は、故人の霊前に供える金品の事を指し、お通夜やお葬式(葬儀)の際に持参します。本来、法事の香典は仏式にしか使わない(お香をお供えするのは仏式のみ)言葉でしたが、「香典袋」が一般的になり、総称して「香典」と呼ばれるようになっています。 ですから仏式でない法事に参列、マナーに精通されている方の法事に...
法事でのマナー

葬式香典の表書きやお悔やみ手紙の書き方、7つのポイント

お葬式の香典は、参列する際にまず準備をするものです。葬式の香典は、家族を亡くされた方達への支援、またお世話になった故人への恩返しの気持ちなど、さまざまな意味を持っています。そして通常お葬式の香典は、不祝儀袋に包みます。また参列できない場合は、後日にお悔やみの手紙と共にお香典を郵送するのが一般的です。 知人...
法事でのマナー

葬式香典の欠席時や包み方、抑えておきたいマナー集

葬式の香典は、どうしても葬式に出席できないときに、その渡し方に困るものです。そもそも、葬式というのは予定が立てられないものです。いくら病気を患っていて、最後の時が近いと医師から言われていることを知っていたとしても、実際に息を引き取る日取りまではわかりません。 むしろ、葬式の香典というのは、準備をしておくこ...
弔電マナーについて

法事に参列するなら・失礼にならないためのマナー豆知識

法事は突然のことなのでいざ参列することになっても、服装からお香典、お焼香など不慣れなことばかりで戸惑ってしまい困ったことはありませんか。こんなとき法事のマナーを知っておけばよかった・・・なんて後悔をした方もいるのではないでしょうか。 法事は親戚関係や会社関係など、故人を偲ぶ方々が一堂に集まる場所です。故人...
葬式マナーについて

キリスト教の香典マナー、抑えておきたい7つのルール

日本では、多くの場合仏教の葬儀が行われます。しかし、亡くなった方がキリスト教であった場合、もちろん葬儀もキリスト教式で行われます。仏教の葬儀にはさまざまなしきたりや決まり事がありますが、もちろんキリスト教にもそのような決まり事は多く存在します。 弔問に訪れる場合も、そのようなしきたりを理解しておくことが大...
葬式マナーについて

お通夜の香典。お別れの誠意を伝える7つの必須マナー

皆さん家族や友人、今までお世話になった方が亡くなってしまった時にお別れをするためにお通夜に出席しますよね。お通夜に出席するということはとても悲しいことです。しかし最後のお別れをするためにはお通夜に出席しなければいけません。 お通夜に出席した時に香典を渡しますよね。香典には故人へのせめてもの恩返しやお供えも...
法事でのマナー

慣れないキリスト教の香典、7つのマナーとルール

日本人は無宗教な人が多く、あまり宗教にこだわりをもっていないイメージがあります。 でも実際には、きちんと菩提寺となるお寺を持っていたり、洗礼を受けたけいけんなクリスチャンだったりと、宗教を大切に過ごしている人も沢山いるものなのです。 自分が宗教にこだわりがないし、無宗教だからといっても、それを宗教を...
葬式マナーについて

香典袋の書き方・金額相場はいくら?一般的な7つのマナー

香典とは、葬儀で供える金品や花、お線香などのことを言います。知人や親せきの葬式に出席する場合、香典の書き方や金額をどれくらい準備していくと良いのか、迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。 親せきなら誰かに聞くと大体は教えてはくれるでしょうが、会社の仲の良い同僚の親が亡くなった場合などは香典の金額を...
社会人としてのマナー

香典袋の基本の書き方・金額相場☆最低限気をつけたいこと

香典の書き方やその中に入れる金額の決め方については、社会人として必ず知っておかなければならないマナーです。と解ってはいても日常的に使うわけでもないので、つい忘れてしまいます。 ですが、いざ訃報を受けた場合、本当はどうすればいいのでしょうか。香典袋の選び方や表書きの書き方、マジックペンでいいのか、それともや...
ビジネスマナー

通夜マナー☆いざという時役立つお香典に関する7つの知識

社会人にもなると、ぽつぽつと行く機会も増えていくお通夜・お葬式。遺族や親族、故人と親しかった友人などが一同に会するその行事は、内容が内容だけに失敗が許されない類の行事。 しかし、こういった行事は、場の雰囲気や緊張感に支配されてつい失敗をしてしまいがちなもの。特に社会経験の少ない若い人の場合などは、そういっ...
社会人としてのマナー

香典袋の正しい書き方・金額相場はいくら?7つの基礎知識

皆さんも葬儀に参列する際に香典を供える機会があると思います。香典は死者の霊前等に供える金品です。香典袋に包んでお供えをして、名前などを書かなければいけません。正しい書き方を知らずに間違った書き方でお供えしてしまわないようにするにはどのような常識やマナーが必要なのでしょうか。 また香典を包む際に多くの人がい...
ビジネスマナー

法事の香典にまつわるマナー、7つの見落としがちな点

法事の際には、親族や故人に近しい人達が集まるもの。 不特定多数のご縁の方が集まる葬儀とは違って、身内が集まるのが法事といっても過言ではないでしょう。沢山の方が集まる葬儀では、小さなミスがあっても人の目に止まりにくいもの。 でも、それが親しい間柄の人たちが集まる法事だったら・・・小さなミスやマナー違反...
法事でのマナー

49日法要の香典、相場はいくら?49日にまつわるあれこれ

お葬式に参列された方は、49日法要の案内も合わせていただくことが多いのではないでしょうか。実は、49日は死後営まれる様々な法要の中でも、亡くなられた方や遺族にとって特別な意味合いがあるものなのです。ですから、49日法要を営む遺族の方も参列する側の方も、49日法要の意味をきちんと理解しておく必要がありますね。 ...
ビジネスマナー

法事の香典マナーまとめ☆相場や渡し方を分かり易く伝授!

お通夜・告別式は無事に終わった。次は法事・・・そういえば、法事の時は香典はいくら渡すものなのだろう?そんな「法事に初めて出席する」という方や「今までなんとなく出て来ていたけど、改めて大人としてキチンとしたい」という方は必見です。 そもそも、法事って何?お通夜と法事の香典袋の表書きって違うの?香典の相場は?...
法事でのマナー

49日法要の香典返しで知っておくべき7つのマナー

49日法要の香典返しは、49日の忌明け後、葬儀の参列者の方々にお礼をするために差し上げるものですよね。具体的には“葬儀の際に頂いたお香典のおかげで、49日の間お線香を欠かさず供養を行うことができました”という意味合いが込められています。 しかし、葬儀社がサポートしてくれたお通夜や葬儀とは違い、49日含めその後...
法事でのマナー

四十九日の香典相場に妥当な金額を包むために知っておく7つのこと

本来、仏教では亡くなってから四十九日までの間に、七日ごとに七回の法要を行うものとされています。 一般的には初七日の法要は遺族だけで供養を行い、四十九日の法要は忌明けの日として、親族や知人も呼び、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行われるものです。 お付き合いをする中では、四十九日法要に招かれることも...
法事でのマナー

四十九日の香典、立場別の相場をふまえ金額を決める7つのポイント

心の哀しみが少し癒えた頃、四十九日の法要が行われますよね。忌明け法要、七七日法要とも呼ばれる法事です。 殆どの場合、忌明けとなる四十九日法要に、これまでのお礼も兼ねてもてなす会食「お斎(おとき)」が準備してあります。不要の場合は、先にお伝えしておくと宜しいでしょう。 遺族の方は喪服の着用、参列者の方は略...
弔電マナーについて

知らないと恥をかく!法事の香典についての7つのマナー

香典とは、故人に対する供養の気持ちを込めて霊前に供える金銭や品物のこと。法事では線香や生花、果物などの供え物をお渡しすることもありますが、最近では遺族の金銭的負担も考えて現金を包むのが一般的になっています。 香典についてもマナーがあり、ただ現金を渡せばよいというものではありません。故人へのご冥福を心からお祈り...
タイトルとURLをコピーしました