香典袋の書き方・金額相場はいくら?一般的な7つのマナー

香典袋の書き方・金額相場はいくら?一般的な7つのマナー

香典とは、葬儀で供える金品や花、お線香などのことを言います。知人や親せきの葬式に出席する場合、香典の書き方や金額をどれくらい準備していくと良いのか、迷った経験がある人も多いのではないでしょうか。

親せきなら誰かに聞くと大体は教えてはくれるでしょうが、会社の仲の良い同僚の親が亡くなった場合などは香典の金額をどうしたらいいのか、悩みますよね。親せきや知人の葬儀だからこそ、香典の書き方や香典の金額で恥をかきたくはないですし、故人をしのんで相当の常識は踏まえておきたいですよね。いざという時に慌てないためにも今から踏まえておきたい香典袋の書き方と金額の相場について説明します。



 

香典袋の書き方・金額相場はいくら?
一般的な7つのマナー

 

香典袋として、御霊前は一般的な香典袋として使用


一般的な通夜や葬儀の場合に使用するのが御霊前と書かれた香典袋です。もし相手先の宗教が分からない場合は大抵の宗教はこの香典袋を使用できます。また、御霊前はお供物にも使用する事が出来ます。

白黒のひもで結んでいる水引の上にご霊前、水引の下に参列する方の名前を記載してください。仏教の場合は御霊前でもいいですが、御香典と書かれた香典袋を使用します。御香典は通夜や告別式だけでなく、四十九日にも使用できます。

 

四十九日以降は御仏前と書かれた香典袋を使用する


御仏前は仏教では四十九日以降は仏様のなるという考えから御仏前という香典袋を使用します。浄土真宗だけは通夜や告別式でもこのお仏前と書かれた香典袋を使用します。通夜や告別式では薄墨で書きますが、四十九日以降は普通の濃い墨で書いて良いです。法事の時期によって準備する香典袋も違うので注意が必要です。

 

連名で記載する場合は代表者のみ記載し中袋に連名で記載する


夫婦で出席をする場合は連名か、世帯主のみの記載での書き方でいいです。会社で連名で香典を出す場合は表紙には会社名と代表で上司の名前を記載し、中袋に連名で名前を書くようにしましょう。三名なら表紙に連名で記載していいですが、四名以上の場合は中袋に記載した方が書き方としてはいいです。また代表者の住所も忘れずに記載しましょう。

 

香典袋の内側に漢数字で金額を記載する


中袋には名前と住所、金額を漢数字で書きましょう。またなるべくなら筆ペンで記載する様にしてください。漢数字は金額が5000円なら金五千円也と縦文字でいずれも記載する様に書き方に注意しましょう。金額の後に也はつけなくてもどちらでもいいです。表袋に住所を書いたとしても中袋にも住所を記載する様にしてください。その方が相手先の方も対応に困らず、整理しやすくなります。

 

香典は親族はお付き合いの程度で金額は様々


ある程度の平均額は書いてはありますが、その宗教によっても金額にはばらつきがあるので事前に確認してから香典の金額を準備した方がいいです。自分の両親の時で三万から十万でその他の親族は一万から五万円の範囲内で香典袋に包むことが多いようです。ですが、遠い親戚やあまり普段付き合いが無い場合は五千円の香典の場合もあります。

 

友人知人やとなり近所に方の場合は一万円以下で


友人や知人が亡くなられた場合や近所の人の場合は香典の出し過ぎもあまりよく思わない風潮の宗教もあるようなので、あまり高額な香典の金額を準備しておかない方がいいようです。また、高額な金額はかえって相手先に気を遣わせてしまうことになるので一万円以下の金額で香典を入れると良いようです。

 

勤務先の人が亡くなられた場合は同僚と同じような金額にする


最近では会社の同僚や上司が亡くなられた場合はまとめて連名で香典を出すところも多くなっているようです。その場合はみんなで同じ金額を出し合うのがほとんどです。ですが、個人で香典袋を出す場合は、同僚よりも香典を多く出し過ぎるのもいい感じは受けないのでなるべくなら同僚と相談をして、同じような香典の金額を準備した方がいいです、多くても五千円程度が一般的なようです。

 

香典袋はどれも同じだと思っていた人もいるでしょうが、実はいろいろな種類があり、宗教によってもさまざまです。その宗教に合わせた香典袋を準備する事が必要です。また、香典に入れるお金は新札やボロボロすぎるお札もあまりいい感じはしないので注意が必要です。

香典袋の書き方も香典の金額もいざ準備を使用とするとわからない人は多いことでしょう。ですが、一般的な知識を持っているといざという時に慌てないで済みます。また、香典袋はきれいな字で書くようにしてください。

仕方がなくボールペンで記載するときはなるべく太いインクが出るボールペンでl記載した方がいいです。香典の一般的な常識を少し知るだけでこれだけの事に注意して準備しなければならないことが分かったと思います。是非参考にしてみてはどうでしょうか。

 

まとめ

香典袋の書き方・金額相場はいくら?一般的な7つのマナー

・香典袋として、御霊前は一般的な香典袋として使用
・四十九日以降は御仏前と書かれた香典袋を使用する
・連名で記載する場合は代表者のみ記載し中袋に連名で記載する
・香典袋の内側に漢数字で金額を記載する
・香典は親族はお付き合いの程度で金額は様々
・友人知人やとなり近所に方の場合は一万円以下で
・勤務先の人が亡くなられた場合は同僚と同じような金額にする