法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで

法事の常識。気になる香典の金額相場から書き方まで
法事は通夜や葬儀とは違い、故人の親族や関係の深かった人が集まる場ということもあり、法事の香典の金額相場も気になるところですが、香典袋の書き方のマナーも気になりますよね。法事は、故人の冥福を祈る仏教の儀式で、法事の香典は、故人への供養の気持ちをあらわすものです。現代では、花や線香の代わりに香典袋と呼ばれる封筒に現金を入れて、遺族に手渡しすることが通例です。

香典の準備は、通夜・葬儀からはじまり、その後に法事の香典として、初七日、四十九日と続きます。また、年忌法要として一周忌、三回忌、七回忌、追悼法要としての初盆もあるため、法事の常識として、金額相場と香典袋の書き方をきちんと知っておくと良いでしょう。

そこで今回は、気になる香典の金額相場から書き方までをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

49日で香典を包むなら。気になる立場別、7つの相場とは

49日で香典を包むなら。気になる立場別、7つの相場とは
49日での香典の金額相場、遺族や親族はもちろんのこと、故人と縁のあった友人・知人も招くケースが多いものですが、そんな時に迷う方々も多いですよね。法要は一般的に規模の大きなものになるだけに、しっかり準備をしたいもの…。

49日での香典で金額を決める際に難しいのが、「故人との関係」によって決めること。故人と血縁関係があるかないかだけではないのも、悩む方が多い理由のひとつです。

自分の社会的な立場が故人より格上かそうではないか、親しかったかそれほどでもなかったか、などの要素が加わることにも、注意を払わなくてはなりません。そうなると、一体どれ位の49日での香典相場が目安なのか…、戸惑ってしまいますよね。

そこで今回は、49日に香典を包む時の「7つの相場」についてお伝えします。「7つも相場があるの?」と思われるかもしれませんが、49日に香典でも葬儀の時と同様に「故人との関係」によって包む金額の相場が違うため、相場はさまざまに変化するのです。

ちょっとわかりづらい49日の香典の相場ですが、参考にしながら適切な金額を選択してください。

[ 続きを読む… ]

香典マナーの基本。社会人なら知っておくべき7つの事柄

 香典マナーの基本。社会人なら知っておくべき7つの事柄
香典マナーは押えていないと、後々残るものだけに恥ずかしいですよね。「完璧に整えなければ…。」と思うと複雑に感じますが、実は、香典のマナーには最低限知っておきたいポイントがあります。

それは、作法に関わることと宗教や宗派に関わること。多くの日本人は、宗教にこだわりがない人が多いですが、海外では宗教は自分のアイデンティティであり、大切なものなのです。

日本人の中にも、特定の宗教の敬虔な信者であるという人がいますから、気を付けなくてはいけません。

また、遺族にとっては大切な人の死は大変辛いことですから、最低限の香典マナーは守るのが作法。しかし香典マナーは自分で用意したことがない人にとって、何が最低限の作法なのかもわかりませんよね。

そこで今回は、香典に包む金額相場や香典袋の準備についてなど、社会人になったら押えておきたい、香典マナーを7つのポイントにしぼって解説します。

[ 続きを読む… ]

香典マナー。金額相場や包み方、準備前の確認事項

香典マナー。金額相場や包み方、準備前の確認事項
香典マナーは後々残る目立つ作法だけに、しっかりと押えて準備をしたいですよね。ちなみに、葬儀や法要などの際に持参する、現金を不祝儀袋に包んだものが香典。

線香や抹香(香木を細かく砕いたお香)の代わりに、故人の霊前に供えるものなので、香典の名がありますが、急な不幸による出費を助け合う、という意味合いもあるのです。

ですから香典はマナーに則って、然るべき金額を然るべき包み方でお渡しするもの。急なことではあっても、あまりにもマナーに反していては、遺族や周囲に「この人は配慮のできない人なんだな。」と、良からぬ印象を与えてしまいます。

とは言え、香典の金額の相場や包み方などは、どうしても準備の段階で迷ってしまいがちですよね。そこで今回は、香典のマナーを詳しくお伝えします。準備する前に確認したい香典マナーを押えるだめにも、一読ください。

[ 続きを読む… ]

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー
香典を連名で渡すケースは、故人が勤務先の関係者やサークル等の友人の場合など、通夜や葬儀の席では多々あります。また故人と家族ぐるみでつきあいがある場合、連名にすべきかそうではないのか、というのも考えどころでよすね。

香典を連名にする時にも、やはりそこには気をつけたいマナーが存在します。礼儀を守ることももちろん必要ですし、香典を渡された遺族がすぐに「誰から贈られたものなのか」わかるような工夫も必要なのです。

とは言え、このような機会は誰にとっても、それほど多くないはずです。「そう言えば、どうなのかな?」と準備段階になって、迷うこともありますよね。

そこで今回は、香典を連名で渡す時、ぜひとも意識して準備したい、基本のマナーを7つお伝えします。覚えておくと、様々なケースで役に立つ知識ばかりです。

[ 続きを読む… ]