法事で香典を渡すマナー。社会人が押さえる7つの基本

法事で香典を渡すマナー。社会人が押さえる7つの基本
法事の香典、いざとなると準備に迷う事も多いですよね。思えば、「親戚の集まりなのでは両親が仕切っていたので、今まで何も意識していなかった…。」と言う方も少なくありません。だけど社会人になって、弔事のことを教えてくれる人はいない…。

社会に出るとオフィシャルの場がぐっと広がります。初めての社会人の方は、緊張することも多いのではないでしょうか。結婚式の喜び事なら、気軽に話せてわからないことも聞けるけど、弔事やお悔やみ事となると、気軽に話せない雰囲気があるもの。

今まで何気なく出席していた法事、香典マナーも含めて、いざ自分が招待されると戸惑う事ばかり。ましてや他人に法事の香典の金額を聞くなど、出来るものではありませんよね。

そこで今回は、社会人なら知っている、法事の香典参列に関するマナーをまとめました。気になる法事の香典相場についても触れているので、是非参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

法事の香典マナーとは。時間が経つからこそ守りたい基本

法事の香典マナーとは。時間が経つからこそ守りたい基本
法事の香典は、お通夜や葬儀でも細やかなマナーで迷いがちななか、その判断基準も曖昧で準備に戸惑う方も多いですよね。法事の香典の場合、一周忌から三十三回忌まで、法事の内容もさまざまに異なるため、その時々による判断が難しいのではないでしょうか。

法事は香典だけではなく、服装なども戸惑うところ。四十九日まではお通夜や葬儀と同じようなブラックフォーマル(礼服)を着れば問題ありませんが、一周忌を越えると、施主の方々の服装よりも各上のスタイルで参列する訳にはいきません。

同じように法事の香典も、自分よりも目上の方々よりも多くを包んではいけないのではないか…、などなどの心配事も出てきますが、出来れば何事もなく、礼儀ある法事の香典を包みたいですよね。

そこで今回は、法事の香典の基本的なマナーと、全国的な相場など、包む金額の判断基準などをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

法事での香典マナー。時期や形式によって違う包み方

法事での香典マナー。時期や形式によって違う包み方
法事の香典を包む時は、表書きは薄墨で書くべきなのか、また、通夜や告別式の時の表書きと同じで良いのか、香典を包むということはわかっていても、厳密な包み方まで正確には覚えていないですよね。

宗教やその宗教ごとの宗派によって、法事の香典マナーは異なりますから、どんな場合でも対応できる人は少ないもの。法事に香典を持参する本来の目的は、故人を供養するためと言われています。

ですから、供養しますという気持ちを香典を込めて包まなくてはいけませんし、それを表す包み方のマナーを守らなくてはいけません。日本では、日頃から特定の宗教にこだわっている人とそうでない人がいますから、相手の宗教への配慮も必要になります。

法事の香典マナーは、学校では中々習わないことですから、自ら学び、常識として頭に入れておくと、突然の時にも安心ですよね。そこで今回は、時期や形式によって異なる、法事での香典マナーについて6つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法
三回忌の香典は、そもそもお渡しするのかどうかから、迷う方も多いですよね。お通夜や葬儀と違い、法事に呼ばれる機会はあまりないため、いざ呼ばれる立場になると、服装からお香典まで、迷うことも多いです。

しかも一周忌を過ぎた後の法事法要では、だんだん案内される人数も縮小され、周囲に相談もしにくくなるもの…。家族などのごくごく身内であれば、直接相談しながら準備も出来るかもしれませんが、知人や友人であれば、尚更戸惑いますよね。

ただ、案内されたからには、それなりに故人と親しい関係だったはず…。ならばしっかりと三回忌の香典マナーを理解して、丁寧に故人を弔いたいですよね。そこで今回は、案内を受け参列する際に準備する、三回忌の香典マナーをお伝えします。

とまどいがちな相場から、渡し方まで、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

49日の香典で迷ったら。金額や包み方、覚えたいマナー

49日の香典で迷ったら。金額や包み方、覚えたいマナー
49日の香典はお通夜や葬儀と違い、その時になって「あれ、そう言えばどうするのかな…。」と迷う事も多いですよね。四十九日法要は、故人とご縁の深かった方々、親族を中心に集まる法要なので、大きい法要とは言ってもあまり参列の機会はないもの…。

けれどもそれだけに、案内されたからには、故人と深い関わりがあったはず。遺族にも失礼なく、心を込めた供養を行うためにも、気になる点があるなら、消化しておくと安心です。

故人にとっても遺族にとっても大切な法要である49日。香典を包むことはもちろん、金額や包む際の不祝儀袋のマナーなども、しっかり押さえられると、気兼ねなく参列できますよね。

そこで今回は、49日の香典に関する基本的なマナーをお伝えします。49日の香典の包み方や包む金額相場などを改めて押さえて、安心して参列してください。

[ 続きを読む… ]