一周忌の香典どうしてる?立場別、相場やマナー豆知識

一周忌の香典どうしてる?立場別、相場やマナー豆知識
一周忌の香典はその書き方や相場など、通夜や告別式とは違う、一周忌の香典だからこそ、疑問に思う、迷うことが多いですよね。調べてみても葬儀マナーとは違い、一周忌は香典に限らず、あらゆるマナーについて明記されていないことが多いのです。

とは言え施主はもちろん、遺族や親族と、法要に参列する機会は人生のなかで度々訪れます。服装や法要時の所作、施主の進め方などは、周囲にも尋ねやすいのですが、意外と周囲に確認しにくい事項が、一周忌の香典ではないでしょうか。

とは言え、後々香典返しもあるため、施主はそれぞれの一周忌の香典の内容を記録し、長く把握しているもの。多すぎても気を遣わせてしまいますし、少なすぎても恥ずかしいものですよね。

そこで今回は、初めての法要でも尋ねにくい、一周忌の香典の相場やマナーについて、詳しく解説します。本記事を参考にしながら、失礼のないように準備を進めてみてください。

[ →続きを読む… ]

香典を連名で渡すなら。押さえるべき、書き方マナー

香典を連名で渡すなら。押さえるべき、書き方マナー
香典を連名で渡す時、表書きなどのマナーに戸惑うこと、ありますよね。香典とは、線香や供物などの代わりにお金を香典袋につつんで、霊前にそなえるもの。

一人で葬儀や通夜に参列する時は、迷う必要はありませんが、2名以上の人数で一緒に参列する時には、香典袋の表書きの名前など、どう書いたらいいか迷ってしまう方々も多いのです。

2人の時、3人の時、部署の代表で参列する時…。それぞれ連名の書き方は違ってくるものなのです。故人を偲んで参列する通夜や、葬儀の席で恥ずかしい思いはしたくないですから、連名での香典袋の名前はどう書くべきか、知っておきたいですよね。

そこで今回は、通夜や葬儀の時に恥ずかしい思いをしないためにも、香典を連名で渡すときの書き方マナーをお伝えします。一度しっかりと覚えておくと、社内での香典も親族間の香典でも、とても便利です。

[ →続きを読む… ]

知人のお通夜で渡す香典の金額相場

知人のお通夜で渡す香典の金額相場
社会人になると、突然の訃報で知人のお通夜に駆けつけることも少なくありませんが、そのお通夜の席で渡す香典の金額については悩んでしまうこともありますよね。急な訃報でも、礼儀正しく参加したいものですが、そんな時に気になってしまうのが「香典」です。

「急な参加だったので、香典の金額相場が分からず、後でかなり少なく入れてしまったことが分かってみっともなかった。」「お通夜で渡す香典袋の種類が分からず、恥をかいてしまった。」など、いざという時に恥ずかしい思いをしないよう、お通夜の香典について基本的なことは知っておきたいものです。

お通夜の香典の金額は、亡くなった方とのお付き合いの深さや、香典を贈る方の年齢によって異なります。そこで今回は、香典について今すぐ知りたい、または今後のために知っておきたいという方のために、香典を贈る方が20代、30代、40代の場合のお通夜で渡す香典の金額相場と香典の基本マナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

一周忌の香典マナー☆社会人が押さえるべき7つの基本

一周忌の香典マナー☆社会人が押さえるべき7つの基本
一周忌にも香典が必要だという事は意外と知られていません。葬儀が終わった後、命日から満一年になる日に行う一周忌法要は、基本的には親族のみで行うことが多いため、子供の頃に法要に参列した経験がある人は、親戚の集まり程度の感覚しかなかいですよね。

しかし、葬儀の時に香典を包んで喪主に渡すように、一周忌の際にも香典は施主に包んで渡します。社会人になって、独立したり所帯を持ったら、一周忌法要の時に香典を持参することを知らないと、大きな恥をかいてしまいますから注意が必要。

一周忌の香典は、葬儀の際に持参する香典とは異なる点もありますが、どこが違うのか、すぐには答えられないですよね。そこで今回は、一周忌の香典について、押さえておかなくてはいけない、基本的な7つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お通夜の香典はいくら包む?気になる7つの立場別相場

お通夜の香典はいくら包む?気になる7つの立場別相場

お通夜の香典はそれぞれの関係性や立場によって、金額相場が変わるため難しいです。特に会社関係者へのお通夜の香典になると、その他の上司や取引先の方々との調整もありますので、高ければ良い、という訳にもいきません。

とは言っても、突然の訃報で駆けつける時に、「お通夜の香典はどうしよう…。」といつまでも迷っていても、遅れてしまい失礼に繋がります。そこで今回は、突然の訃報でも冷静に判断ができるよう、基本的な立場別に分けた、お通夜の香典の金額相場をお伝えします。

あまりに金額が低すぎる、高すぎる、と言うことがない限り、この基準内であれば失礼には当たりません。ただし、お通夜の香典には立場や年齢による金額相場の他にも、地域性と言うものがあります。少し不安な場合には、隣近所、ご両親などに一度確認を取ってみてください。

[ →続きを読む… ]