香典マナー。金額相場や包み方、準備前の確認事項

香典マナー。金額相場や包み方、準備前の確認事項
香典マナーは後々残る目立つ作法だけに、しっかりと押えて準備をしたいですよね。ちなみに、葬儀や法要などの際に持参する、現金を不祝儀袋に包んだものが香典。

線香や抹香(香木を細かく砕いたお香)の代わりに、故人の霊前に供えるものなので、香典の名がありますが、急な不幸による出費を助け合う、という意味合いもあるのです。

ですから香典はマナーに則って、然るべき金額を然るべき包み方でお渡しするもの。急なことではあっても、あまりにもマナーに反していては、遺族や周囲に「この人は配慮のできない人なんだな。」と、良からぬ印象を与えてしまいます。

とは言え、香典の金額の相場や包み方などは、どうしても準備の段階で迷ってしまいがちですよね。そこで今回は、香典のマナーを詳しくお伝えします。準備する前に確認したい香典マナーを押えるだめにも、一読ください。

[ →続きを読む… ]

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー
香典を連名で渡すケースは、故人が勤務先の関係者やサークル等の友人の場合など、通夜や葬儀の席では多々あります。また故人と家族ぐるみでつきあいがある場合、連名にすべきかそうではないのか、というのも考えどころでよすね。

香典を連名にする時にも、やはりそこには気をつけたいマナーが存在します。礼儀を守ることももちろん必要ですし、香典を渡された遺族がすぐに「誰から贈られたものなのか」わかるような工夫も必要なのです。

とは言え、このような機会は誰にとっても、それほど多くないはずです。「そう言えば、どうなのかな?」と準備段階になって、迷うこともありますよね。

そこで今回は、香典を連名で渡す時、ぜひとも意識して準備したい、基本のマナーを7つお伝えします。覚えておくと、様々なケースで役に立つ知識ばかりです。

[ →続きを読む… ]

三回忌の香典はいくら包む?立場別で判断、7つの相場

三回忌の香典はいくら包む?立場別で判断、7つの相場
三回忌の香典を、いくら包めばいいかわからないと迷う方々も多いですよね。通夜や告別式と異なり、法要はその家や施主によって行い方も様々です。菩提寺で法要を行い、会食、香典返しなどすべてをきっちりする場合もあれば、会食は自宅でというケースもあります。

三回忌の香典に包む金額は、そういった法要の実施規模によっても異なってきますから、事前にどこで法要をして会食の会場はどこなのかを聞いておくことで、いくらくらい包めばいいかの目安を考えておくことが大切です。とはいえ、一般的な三回忌の香典の金額はある程度相場は決まっています。

自分の立場に見合った香典の金額を包むのがマナー。金額が多すぎても少なすぎても施主を困らせてしまうだけに、難しいですよね。そこで今回は、三回忌の香典にいくら包めばいいか、立場別に7つの相場を解説します。

[ →続きを読む… ]

一周忌の香典どうしてる?立場別、相場やマナー豆知識

一周忌の香典どうしてる?立場別、相場やマナー豆知識
一周忌の香典はその書き方や相場など、通夜や告別式とは違う、一周忌の香典だからこそ、疑問に思う、迷うことが多いですよね。調べてみても葬儀マナーとは違い、一周忌は香典に限らず、あらゆるマナーについて明記されていないことが多いのです。

とは言え施主はもちろん、遺族や親族と、法要に参列する機会は人生のなかで度々訪れます。服装や法要時の所作、施主の進め方などは、周囲にも尋ねやすいのですが、意外と周囲に確認しにくい事項が、一周忌の香典ではないでしょうか。

とは言え、後々香典返しもあるため、施主はそれぞれの一周忌の香典の内容を記録し、長く把握しているもの。多すぎても気を遣わせてしまいますし、少なすぎても恥ずかしいものですよね。

そこで今回は、初めての法要でも尋ねにくい、一周忌の香典の相場やマナーについて、詳しく解説します。本記事を参考にしながら、失礼のないように準備を進めてみてください。

[ →続きを読む… ]

香典を連名で渡すなら。押さえるべき、書き方マナー

香典を連名で渡すなら。押さえるべき、書き方マナー
香典を連名で渡す時、表書きなどのマナーに戸惑うこと、ありますよね。香典とは、線香や供物などの代わりにお金を香典袋につつんで、霊前にそなえるもの。

一人で葬儀や通夜に参列する時は、迷う必要はありませんが、2名以上の人数で一緒に参列する時には、香典袋の表書きの名前など、どう書いたらいいか迷ってしまう方々も多いのです。

2人の時、3人の時、部署の代表で参列する時…。それぞれ連名の書き方は違ってくるものなのです。故人を偲んで参列する通夜や、葬儀の席で恥ずかしい思いはしたくないですから、連名での香典袋の名前はどう書くべきか、知っておきたいですよね。

そこで今回は、通夜や葬儀の時に恥ずかしい思いをしないためにも、香典を連名で渡すときの書き方マナーをお伝えします。一度しっかりと覚えておくと、社内での香典も親族間の香典でも、とても便利です。

[ →続きを読む… ]