面接のノック回数にも意味がある☆理由で理解するマナー

面接のノック回数にも意味がある☆理由で理解するマナー
面接でノックする瞬間…、心臓がバクバクするほど緊張するシーンですよね。頭の中が空っぽになる方も多いからこそ、日頃からマナーを意識した行動がポイント。リラックスを心掛けても、緊張感はコントロールしにくいものです。

面接マナーは入室から、と言いますが、実は入室前の面接のノックから、基本的な作法があります。このような細かい部分まで追求する面接マナーは、「全て覚えきれない!」なんて気持ちにもなりますが、その意味合いを理解すると自然に身に付くもの。

面接のノック回数などの細かな部分まで、自然にその作法をこなしたいですよね。そこで今回は、面接のドアのノック回数が決められている理由から、基本的な面接マナーをお伝えします。

面接のノックの仕方や回数など、小さなことまで丁寧にマスターすることで、スマートな対応が好印象に繋がることも。どうぞ面接でノックする自分の姿を思い浮かべながらお読みください。

[ →続きを読む… ]

就活スーツで印象付ける☆面接官から聞くポイントとは

就活スーツで印象付ける☆面接官から聞くポイントとは
就活スーツってどんなものですか?」と尋ねた場合、多くの方は男女とも、上下黒のスーツに白いシャツ、を思い浮かべますよね。同じような就活スーツの集団の中では、「もしかしたら、自分の個性を面接官に伝えるのは難しいかも…。」と考える方もいるかもしれません。

しかし、その同じようなスーツだからこそ、身だしなみにどれほど気を配っているのかを伝えることができるのです。例えば同じスーツでも、パリッと着こなしている方と、よれよれのまま着ている方では、印象がまるで違いますよね。

そこで今回は、就活スーツでいかに面接官に印象付けることができるか、そのポイントをお伝えします。細かいポイントが多々あるものの、決して難しくはありませんので、早速実践してみてください!

[ →続きを読む… ]

面接の入退室で一歩リード!最初に印象づけるポイントとは

面接の入退室で一歩リード!最初に印象づけるポイントとは
面接の入退室は、最初と最後の印象付けでもあり、周囲と差を付けるポイントとも考えられますよね。実際に面接時の入退室のドアの開け方・閉め方などの細かい動作、面接官は多くの候補者を絞るために、しっかりチェックしています!

就職等の面接のために、面接官の質問への受け答えをしっかりシミュレートし、身だしなみを完璧に整えたとしても、どうしても忘れがちになってしまうのが、姿勢や座り方などのひとつひとつの動作を、きびきびと美しく見せる、ということ。

とはいえ、それらのことを理解し、面接当日に実行できれば、何も恐れることはありません。むしろなかなか意識を向けにくい面接時の入退室の動作で、あなたの誠実さや仕事の、デキる度を面接官にしっかり印象付けて、チャンスを引き寄せたいですよね。

そこで今回は、面接での入退室にぜひ生かしたい、印象的な動作のポイントについて順を追ってお伝えします。

[ →続きを読む… ]

面接マナーは入室が重要!第一印象で決める7つのコツ

面接マナーは入室が重要!第一印象で決める7つのコツ
面接マナーは入室の時から始まっています。就活の面接対策をする時は、面接で何を聞かれるかを想定して回答を念入りに考えたり、それをすらすらを話せるように練習するなど面接本編に対して、対策を講じることが多いですよね。

しかし、面接は入室をする時から始まっていることも忘れてはいけません。面接マナーで入室にもこだわって、しっかりとマナーを守れている人とそうでない人とでは、面接官が受ける印象は大きく変わります。

人は第一印象で相手の印象の大半を決めてしまう傾向がありますから、いくら面接で質問に対して素晴らしい回答を述べることができても、第一印象が良くないとマイナススタートになってしまうのです。

せっかく、面接の準備をしたのならば、つまらない所でマイナス評価を受けたくないですよね。そこで今回は、面接マナーで入室の時に気を付けるべきことを7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

就活スーツを2着揃えるなら☆業界別に着分ける最新事情

就活スーツを2着揃えるなら☆業界別に着分ける最新事情
就活スーツは一着でも堅めのスーツを着ていれば、どんな業界でもマナー違反になることはありませんが、二着あると使い分けができて便利ですよね。ひとつの業界だけで就活をするのであれば、一種類の終活スーツだけでもいいですが、業界によって好まれるスーツは異なります。

最も安全と言われるのが、光沢のない黒の就活スーツではないでしょうか。しかし、堅めのデザインのスーツがどんな業界でもいいと思われるかというと、そうでもないのです。

金融や保険業界などでは堅めの就活スーツを着るべきです。マスコミやアパレル業界の面接でも、確かにきっちりとしたスーツを着ると安全ではありますが…。あまりにカッチリと決めていったが故に、その会社の傾向や社風とミスマッチして、周囲と比較してマイナス評価になるのはもったいないですよね。

そこで今回は、就活スーツを二着揃えるときに参考になる、業界別に好まれるスーツのマナーを、男女に分けて解説します。

[ →続きを読む… ]