就活スーツを2着揃えるなら☆業界別に着分ける最新事情

就活スーツを2着揃えるなら☆業界別に着分ける最新事情
就活スーツは一着でも堅めのスーツを着ていれば、どんな業界でもマナー違反になることはありませんが、二着あると使い分けができて便利ですよね。ひとつの業界だけで就活をするのであれば、一種類の終活スーツだけでもいいですが、業界によって好まれるスーツは異なります。

最も安全と言われるのが、光沢のない黒の就活スーツではないでしょうか。しかし、堅めのデザインのスーツがどんな業界でもいいと思われるかというと、そうでもないのです。

金融や保険業界などでは堅めの就活スーツを着るべきです。マスコミやアパレル業界の面接でも、確かにきっちりとしたスーツを着ると安全ではありますが…。あまりにカッチリと決めていったが故に、その会社の傾向や社風とミスマッチして、周囲と比較してマイナス評価になるのはもったいないですよね。

そこで今回は、就活スーツを二着揃えるときに参考になる、業界別に好まれるスーツのマナーを、男女に分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

面接後にお礼状☆プラスワンの評価を受けるポイント

面接後にお礼状☆プラスワンの評価を受けるポイント
面接のお礼状を書く方々がいるなかで、「あまり書いたことがない。」という人も少なくないですよね。面接のお礼状で、採用の合否に大きく影響するわけではありませんが、面接のお礼状を出すことで、より丁寧で礼儀正しい印象を相手に与えることができる場合も、なかにはあります。

面接時には十分に伝えることができなかった志望時も、面接のお礼状に添えて、もう一度アピールすることができるかもしれません。もし採用担当者があなたの採用を迷っているのなら、この面接のお礼状をきっかけに、何らかの影響を与えることもあるのです。

ただ面接のお礼状と言うのは、やましい気持ちで送るものではなく、あくまでも”お礼”であることを忘れないようにしてください。面接で時間をとって対応していただいたことへのお礼です。

とは言っても繊細な面接のお礼状、一体どんなことを書けばいいのか…。面接後にお礼状を書いたことがない人なら、特に内容に迷いますよね。そこで今回は、面接後にお礼状を出すことで、プラスワンの評価を受ける書き方のポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

面接の入退室で印象付ける☆一歩リード!7つのポイント

面接の入退室で印象付ける☆一歩リード!7つのポイント
面接の入退室は、実は周りと大きく差をつけることができる、大切なひとシーンです。面接の入退室で、ダラダラと入ってくる人より、ピシッと背筋を伸ばして堂々と入ってくる人のほうが、より良い印象を与えられるのは、想像しても分かりますよね。

確かに面接となれば、どんな時でも緊張するもの!希望の企業に入社できるかどうかは、面接で決まると言ってもいいほどですから、当然ですよね。その最初のシーンが面接の入退室…。反対に考えると、皆が緊張しているのです。

面接は入退室でも気が抜けませんが、面接官と向き合う前から面接は始まっている!と思えば、一連の流れです。面接の入退室で周りと一歩差をつける行動で、少しでも評価を上げたいですよね。

一方、面接の入退室マナーを、あまり意識したことがないという人もいるはず…。そこで今回は、面接の入退室で印象付けるためのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

面接の入り方で決める!職業別、企業が見るポイント

面接の入り方で決める!職業別、企業が見るポイント
面接の入り方は、ノックをして「失礼します」と言ってから入るというように、だいたいの流れは知っている人が多いですよね。けれども実は、「細かいマナーのポイントがある」というのは、あまり知られていません。

しかし、面接は入り方が重要な選考要素となることが多々あります。採用試験は、決められた時間や情報の中で面接官が採用試験の受験生のポテンシャルや能力などを見極めるもの。

もちろん面接の本編の内容は重要ですが、限られた時間の中での選考ですから、面接の入り方から面接官はしっかりと見ているということを忘れてはいけません。特に面接の部屋に入室してきた時の印象は、面接官にとっての第一印象

第一印象は人の評価や好感度を大きく左右するものですよね。そこで今回は、職業別にも微妙に異なる面接の入り方について企業が見るポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

就活面接マナーの基本は常識!まわりと差がつく「応用編」

就活面接マナーの基本は常識!まわりと差がつく「応用編」
就活面接マナーは、ものすごくドキドキしているため、しっかり身に付けておきたいですよね。何度も何度も面接の練習をしたから大丈夫!と思っていても、意外に何も対策していない所が大切だったり…。

就活の面接は、面接が始まった所がスタートではありません。実際は、家を出た所からもう面接は始まっている!といっても言い過ぎではないかもしれません。

しっかりと就活の面接マナーを押さえておかないと、練習していないイレギュラーな部分で慌ててしまったり、パニックを起こしてしまったりすることもあるからです。

朝起きてから面接を受けて帰るまでを、しっかりとシミュレーションしておけば、当日起こったハプニングに慌てふためくことも最小限に防げるはず!様々な出来事を想定して、できるだけ事前に対策できることはしたいですよね。

そこで今回は、しっかりと対応できるよう、就活の面接マナーと対策をお伝えします。

[ →続きを読む… ]