面接マナーは入室が重要!第一印象で決める7つのコツ

面接マナーは入室が重要!第一印象で決める7つのコツ
面接マナーは入室の時から始まっています。就活の面接対策をする時は、面接で何を聞かれるかを想定して回答を念入りに考えたり、それをすらすらを話せるように練習するなど面接本編に対して、対策を講じることが多いですよね。

しかし、面接は入室をする時から始まっていることも忘れてはいけません。面接マナーで入室にもこだわって、しっかりとマナーを守れている人とそうでない人とでは、面接官が受ける印象は大きく変わります。

人は第一印象で相手の印象の大半を決めてしまう傾向がありますから、いくら面接で質問に対して素晴らしい回答を述べることができても、第一印象が良くないとマイナススタートになってしまうのです。

せっかく、面接の準備をしたのならば、つまらない所でマイナス評価を受けたくないですよね。そこで今回は、面接マナーで入室の時に気を付けるべきことを7つ解説します。



 

面接マナーは入室が重要!
第一印象で決める7つのコツ

 

ノックの仕方


面接マナーで入室の時に、まず気を付けなくてはいけないのがノックの仕方。ノックにマナーなんてあるのかと思われるかもしれませんが、だからこそ、知っている人と知らない人とで差がつく重要な所なのです。

【 面接マナー、入室の基本① 】

★ ノックの回数は3回が基本!

・ 2回は空室かどうかを確認する回数で、3回は入室してもいいかを確認する回数とされているのです。

また、あまり強くノックをすると乱暴な印象を与えてしまいますから、適度な強さでノックができるように自宅でノックの練習をしておくことをおすすめします。

ドアを開けた時の姿勢


ドアを開けた時には姿勢をよくしておくことが大切。姿勢が正しいかを面接官が確認できるかというと、かならずしも見られているとは限りません。しかし、人はパッと見た印象が良いか悪いか直感的に判断します。

【 面接マナー、入室の基本② 】

★ この時、無意識に見ているのが姿勢!

・ 猫背だとだらしない印象を受けますし、縮こまっていると頼りない印象を受けます。

背筋を正して立つことも面接マナーで入室の時に気を付けるべき重要な要素です。

 

落ち着いて一度静止する


部屋のドアを開けたら一度静止して、面接官に向かって「失礼します」と挨拶をしてください。この時に気を付けるべきポイントが静止をすること!

【 面接マナー、入室の基本③ 】

★ 人は緊張していると、なるべく早くことを終わらせたいという気持ちになり、無意識のうちに焦ってしまうことを忘れずに。

・ 部屋に入りながら「失礼します」と言うのは相手に失礼です。面接マナーで入室する時には、気持ちを落ち着けて、焦らずにまずは静止する事を心がけるので正解!

 

アイコンタクト


ドアを開けて挨拶をする時は静止をすると説明しましたが、この時に気を付けなくてはいけないのが、面接官としっかり目を合わすこと。

【 面接マナー、入室の基本④ 】

★ にらみ付けるのではなく、アイコンタクトをとるくらいの感覚でOKです。

・ 最初に目を合わせられたかどうかで、その後の面接官から受ける印象は大きく変わりますから、面接マナーで入室をするときに目を合わせる、というのは大事なポイント!

 

ドアの閉め方


面接マナーで入室時には、ノックをして部屋に入るとちょっとホッとしてしまうもの…。いよいよ面接だと意気込んで、その後の所作がおざなりになってしまいがちです。ここで忘れてはいけないのが、入室した後のドアの閉め方

【 面接マナー、入室の基本⑤ 】

★ ドアを閉める時は、面接官に完全に背中を向けないようにドアに対して斜めに立つのが正しいマナー。

・ しかし、面接官に背中を向けてはいけないからと言って、面接官の方を向いたままドアを後ろ手で閉めるのは不自然ですし、丁寧とは言えません。

 

席の横で自己紹介


面接マナーで入室が無事にできたら、あとはいよいよ面接の本編!流れとしては、入室した後に席の所まで来たら「〇〇大学の△△です。よろしくお願いします。」と言ってお辞儀をするのがマナーです。

【 面接マナー、入室の基本⑥ 】

★ 自分の学校と名前を言うのは、面接官に言われなくても、自分から言う方が好感度が高くなるもの。

・ 面接官がいちいち指示をしなくても、自分の意志で名乗ることができるのは、指示待ちではないという点でも、プラスの評価!

 

応答がない場合の対応


面接マナーで入室の時に困ってしまうのが、ノックをしても応答がない場合。もう一度ノックをしていいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

【 面接マナー、入室の基本⑦ 】

★ このように応答がまったくない時は、少し間をおいてもう一度ノックをしても大丈夫。

・ 2度ノックをしても応答がない場合には、5秒待ってからドアを開けて問題ありません。

この時には無言で恐る恐る開けるのではなく、「失礼します」と言いながら、正しい姿勢でドアを開けてください。この時にびくびくしていると印象が悪くなりますので、あくまでも冷静さを保つよう心がけることが大切です。

 

いかがでしたでしょうか、面接マナーは入室の時の印象が重要!たかがドアを開けて部屋に入るだけだと思われるかもしれませんが、今回解説した通り、細かなマナーのポイントはたくさんあるのです。

ただ、これらの細かな動作を面接官がいちいち見ているかどうかは、企業によってまちまち。しかし、どんな面接官でも面接をする時には、書類で選考した学生がどんな人間なのだろうと、最初から最後まで神経を研ぎ澄まして言動を見ていることは確かです。

一見、興味なさそうな態度をしている面接官でも、その態度はあえて取っている可能性も大いにありますから、やはり面接マナーは入室から気を遣った方が安心!そして、面接でのマナーは入室時だけに限らず「焦らない」ことが大切。

冷静に対応することで、多少のことに動じない頼もしい人間だという印象を与えることができます。面接をしに行ったときは、駅に着いたときから面接が始まっていると考えて気を引き締めて臨みましょう。

まとめ

面接マナーで入室時に気を付けることとは

・ドアのノックは強くしすぎず3回が基本
・ドアを開けた時には縮こまらずに姿勢よくする
・ドアを開けたら静止して「失礼します」と挨拶
・ドアを開けて挨拶をする時は面接官と目を合わす
・ドアを締める時はドアに対して斜めに立つ
・「よろしくお願いいたします」と言いお辞儀をする
・ノックをして応答がなければもう1回ノックする