面接の仕方をおさらい☆前日にチェックする7つの流れ

面接の仕方をおさらい☆前日にチェックする7つの流れ
面接の仕方は何度練習をしても不安になるものですよね。受付やドアノックからの入室まで、ひとつひとつの動作に正式な面接の仕方があり、どの作法も押えながら、しかも自然にこなさなければならない、となれば、不安になるのも当然です。

この面接の仕方をソツなくこなすためには、やはりできるだけ多くの練習や場数を踏むことが一番ですが、できることなら、最初の面接から作法をキチンと押えつつ、スマートな所作で一目置かれたいもの。

そのためにも、前日にもう一度、面接の仕方の流れをおさらいしながら、イメージトレーニングをする方法はおすすめ!事前に流れをおさらいして、安心して当日を迎えたいですよね。

そこで今回は、安心して挑めるために、事前にチェックしておさらいできる、面接の仕方をお伝えします。



 

ブログタイトルここに挿入

 

遅刻をしないための対策


まず、心配になるのは時間!面接の仕方とは違うように感じるかもしれませんが、面接は家から始まっています。遅刻をしないために早く起きるのは当たり前なのですが、もうひとつ、気にしたいのは交通網

いざ向かってみると驚くほど混雑していたり、ホームの場所が複雑でロスタイムがあったり…、心まで焦ってしまう経験談は案外多いのです。落ち着いて面接に挑むためにも、下調べを完璧にして安心要素を持ちたいもの。

【 面接の仕方:交通網を調べる 】

★ 面接時間の5分前には受付に行くのが理想的。

・ そのためには何時何分の電車に乗ればいいのか、はっきりさせておくのがポイント!できればジャストタイムよりも1本早いのに乗っていくと良さそうです。

余裕をもって着けるよう、逆算して家を何時に出るのか、そのためには何時に起きるのか、タイムスケジュールをはっきり決めて、アラームをセットしておくと安心して眠れるはずです。

 

受付に行くまでをシュミレーション


面接の仕方はドアをノックする時点からとは限りません。会社に入った時点から、誰が見ているか、分からないですから、やはり一社会人としてのスマートなマナーも、面接の仕方のひとつのです。

【 面接の仕方:受付まで 】

★ 会社に到着したら、すぐに面接モードに入ります。

・ 携帯やスマホの電源を切り、コートは脱いでください。笑顔で礼儀正しくハキハキと受付を終えられるよう、シュミレーションしながら練習しておくと、より自然な動きができるので、試してみてください。

 

受付を済ませた後は座らない!


ひとつひとつの事が緊張ですし、神経を使っているので、気を抜くところが欲しくなりますが、面接の仕方では、受付を終えてからも気を抜いてはいけません。

【 面接の仕方:待っている場面 】

★ 「座って待つように」と促されたとしても、座らずに立って待つ方がより好印象。

・ あまりに緊張している場合などは、やはり深呼吸は助けてくれることが多いので、一点を見つめながら深呼吸を試して待ってみてください。

 

ノックして入室する


ここからがいよいよ面接の仕方のメイン!名前を呼ばれたら、ノックして入室しますが、ノックは3回。ただし、海外事業部やグローバルな会社では、日本の作法ではなく世界マナーに倣って、4回と言うこともあるので、ここは確認してください。

【 面接の仕方:入室 】

★ ノックをしたら「どうぞ」と言われてから「失礼します」とさわやかに声を出し、ドアを開けて入室します。

・ このドアノックからの作法は一連の流れですので、よく練習しておいてください。

 

ドアを閉める


面接の仕方としてのドアの閉め方、実は面接者が忘れやすいポイント。ドアの方を振り返って閉めますが、完全に面接官にオシリを向けないよう、少し斜め気味に後ろを向いて閉めるのが一般的です。

【 面接の仕方:ドアを閉める 】

★ そして最も気を付けたい点は、静かにドアを閉めること。ひとつひとつ、置くように丁寧に、ドアの開閉をしてみると、面接官にも誠実な動きにみえます。

動作ひとつひとつを丁寧に、を心掛けると安心です。

 

面接官にあいさつをする


ドアを閉めたら面接官の方に向きなおして、あいさつをします。おじぎをしっかりして声を出してください。小さすぎず大きすぎず声を出したいのですが、難しいかもしれません。

【 面接の仕方:挨拶 】

★ 分からない場合には、小さすぎるよりは大きすぎる方がウケはいいのではないでしょうか。

・ 「〇〇です。本日はよろしくお願いします」とハキハキ伝えることを先決に。

声が伴う挨拶は自分だけでは分からない部分もあるので、家族や周囲の方に確認してもらいながら、チェックをしておくとより自信のある挨拶ができるはずです。

 

座るタイミングをイメージ


面接の仕方では挨拶をした後も、着席を促されるまでは座らないようにしてください。

【 面接の仕方:座るタイミング 】

★ 実は面接者は緊張していることと、焦って次に何をすべきなのかで、頭の中がいっぱいになってしまっているもの。

・ そのため、動きや動作が早くなってしまう傾向にあり、この挨拶を待たずに席に座ってしまう「フライング」は、結構多いのです。

ひとつひとつの動作を丁寧に行い、深い呼吸を意識しながら、「着席してください」「席に座ってください」の言葉を冷静に待つことを意識しておくと、より確実です。

 

いかがでしたでしょうか、面接の前日になってしまうと、本格的な練習はなかなかできませんが、頭のなかでイメージすることで、気持ちを落ち着かせることは可能。しかもそのイメージトレーニングは、スポーツでも採用されるほど役立つのです。

基本的な面接の仕方の流れを区切りながら、そのポイントポイントの自分を想定して、イメージするだけで当日の咄嗟の対応も、自然と上手にできるようになると考えれば、前日の準備も決して無駄な作業ではありません。

また、キッチリ面接の仕方をマスターしているかも確かに重要ですが、それ以上に真剣に取り組む態度こそが重要!そのまじめな取り組みこそが、面接官には伝わるに違いありません。

もし緊張して眠れず困っていたら、それくらい真剣に挑んでいる自分を褒めてあげるのもひとつの手!また、面接を受けさせてもらえることを感謝し、上手に示すことができたら、さわやかな印象を持っていただけるに違いありません。

まとめ

面接前日にチェックする流れ

・面接時間に遅刻しないための交通網の確認
・面接前の会社到着から受付までの所作も確認
・面接までの待ち時間は立って待つ
・ドアノックは3回、4回かどうかは事前に決める
・ドアの閉め方は、音を立てずに静かに閉める
・面接官への挨拶は練習してハキハキ伝える
・挨拶後は「座ってください」の合図を待つ