初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー

初めてのお通夜参列。社会人なら身につけたい5つのマナー
お通夜のマナーってどんなことがあるの?急なことだからわからない!という方も多いですよね。もちろん前もってわからないのがお通夜やお葬式。初めてお通夜に参列となると困ってしまうことでしょう。

本来お通夜は、遺族や知人が集まり、終夜を徹して線香をたき、故人との別れを惜しむ儀式とされていました。近年は、告別式に出席できない人にも、故人との別れができるように半通夜というもが増えてきています。お通夜のマナーを知って、慌てることなく故人のお悔やみを心より伝え、お見送りをしましょう。

そこで今回は、不祝儀袋とはどんなものなのか、服装やお通夜の金額の相場、受付のマナーやお焼香の仕方など、初めての急なお通夜に参列する時に、社会人なら必ず知っておきたいお通夜のマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文
電報でのお悔やみを伝える時は、葬儀に参列したいものの、どうしても外せない用件があったり、住まいが遠方など、どうにもならない事情がある時ですよね。必ず送らなければならない訳ではないものの、故人とのつながりが深い方なら、送るのが礼儀。

しかし昔は身近だった電報でお悔やみを伝える事も、「そもそも、電報も送ったことがない!」と言う位、現在ではあまり触れることがありません。電報でお悔やみを伝える際、様々なことに迷ってしまう方々は、案外多いですよね。

そこで今回は、電報を使ってお悔やみを伝える時に、外せないいくつかのマナーと、基本的な例文についてお伝えします。マナーを心得ておけば、このような時の電報も難しくはありません。ぜひ参考にして、お悔やみの気持ちを伝えてください。

[ 続きを読む… ]

葬儀のマナー、虎の巻☆困った時に役立つ7つの基礎知識

葬儀のマナー、虎の巻☆困った時に役立つ7つの基礎知識
葬儀のマナーは、日頃から意識して勉強していたいもの。突然大切な人が亡くなったり、友人や知人のご家族に不幸があった場合、急に葬儀に参列することになりますよね。

そのため、参列する時に葬儀のマナーに不安や疑問を感じながら、会場まで足を運ぶ人も少なくありません。結婚式なら多少マナーが分からなくても、その場の盛り上がりによってなんとか乗り切れますが、葬儀はなかなかそうはいきません。

厳粛な雰囲気の中で、参列者は故人を偲び悲しみに暮れているわけですから、失礼な葬儀のマナーでは困ります。…そう考えると、最低限の葬儀のマナーは、押えておきたいですよね。

そこで今回は、事前に知っておくことでNG行為を回避できる、葬儀のマナーをお伝えします。「どうすればいいんだろう?」「困ったなぁ」と迷った時に役立つ、基礎知識をまとめていますので、参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文

弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文
弔辞を頼まれることは、故人の功績をよく知る立場の方や、人となりを語ることのできる方に依頼されることを考えると、実はとても名誉なことですよね。遺族からの信頼の証でもあるので、快く引き受けるのがマナーです。

しかし、それが初めての経験だとしたら、どのような事をどういう形式で語ればよいのか、迷う方々も多いはず。でも、さほど問題に思う必要はありません。弔事には一定の形式があるからです。

ただ、確かにその構成に沿って原稿を作成すれば問題はないのですが、読み上げるのは一回限り。できるだけしっかりと準備をしておきたいですよね。そこで今回は、弔辞の構成や例文を、7つの項目に分けてお伝えします。

弔辞は故人へ語りかけるもの。本記事でお伝えする例文と、基本構成を確認しつつ、自分の言葉も交えて、心を込めた弔辞を述べてください。

[ 続きを読む… ]

お葬式マナー、前日チェック!押さえるべき7つのマナー

お葬式マナー、前日チェック!押さえるべき7つのマナー
お葬式のマナーはわかりにくい部分も多々ありますが、訃報はある日突然飛び込んでくるものですよね。親族や職場の関係者などの突然の不幸で「急にお葬式に行かなけらばならなくなった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

このようなことを見越して、喪服や持参するバッグ・靴など一式をまとめているなら準備も比較的スムーズに行えるかもしれませんが、そうではないと「お葬式マナーを確認しなければ…」「何を揃えたらいいんだっけ?」と慌てることもありますよね。

そこで今回は、お葬式でのマナーを踏まえて、前日にチェックしておきたい7つの項目をお伝えします。「これはNG」というお葬式のマナーや、職場や出先から葬儀会場に直行しなけらばならない場合の準備についてもお話を進めます。

急いで通夜や葬儀に参列する前に、一読して参考にしてください。

[ 続きを読む… ]