香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで
誰かが亡くなるとたくさんの人から香典を頂くことになるため、遺族は香典返しを用意する必要がありますよね。でも、どんな品物を選べば良いか、どんなタイミングで渡せば良いのか……と、考えてしまうこともよくあります。

以前誰かの葬儀に参列した時は何を頂いた?どんなお礼状が添えられていたっけ……と思い返しても、記憶に薄くて思い出せないという人もきっといるでしょう。近しい誰かが亡くなるなど、頻繁には起こりませんから、それも仕方のないことです。

しかしながら、香典返しやそのお礼状には、故人を代理して遺族が参列者へご挨拶をするという意味合いも含まれていますから、マナー違反になるようなことは絶対に避けたいものです。そこで今回は、香典返しのマナーや品物、お礼状の書き方などについてお伝えします

[ →続きを読む… ]

香典のマナー、いざという時にも慌てない5つの豆知識

香典のマナー、いざという時にも慌てない5つの豆知識

香典のマナーを知っておかないと遺族の方に対して大変失礼な行動を取ってしまう怖れがあります。お別れは突然にやってくることがあります。いざというときに慌てないために、香典のマナーを知っておいたほうが慌てずに済むと同時に、ご遺族の方に失礼な行動を取ってしまう怖れがなくなるので、この機会に正しい香典のマナーを知っておいてください。お葬式は、悲しみの場です。

お葬式の会場の中は悲しみに包まれており、特にご遺族の方々は深い悲しみに押しつぶされそうになっているものです。悲しみを知ることは、配慮する気持ちにつながります。ご遺族の悲しみに配慮し、一切の失礼が生じないように意識する気持ちをもってください。ここでは香典のマナーとして大切な、いざという時にも慌てない豆知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

訃報の文例集。わかりやすくスマートに伝わる書き方のコツ

訃報の文例集。わかりやすくスマートに伝わる書き方のコツ
訃報は突然飛び込んできますよね。急いで情報を取りまとめ、社内はもちろん取引先にも通知しなくてはいけません。この場合、総務部や人事部が担当するのが一般的ですが、同じ部署の事務担当者に直接役目が回ってくる時もあるので、あらかじめ訃報の書き方や文例を押さえておくに越したことはありません。そして担当に指名されたら大変です。

亡くなったのが会社の社員なのかそれとも家族の方なのか、通夜や葬儀の日付などの情報を正確に把握する必要があるし、社内向けの訃報と社外用では書き方も違います。それと訃報は時間との勝負。通知するタイミングは当然葬儀前日までが基本ですが、亡くなってから葬儀の日までの日数は限られていることが多く、書き方に迷っている暇はありません。

そこで今回は社内宛や社外宛などさまざまなケースに分けて、相手にわかりやすくスマートに伝わる訃報の書き方のコツを文例を交えながらご紹介していきます。いざという時に慌てないためにもぜひご覧下さい。

[ →続きを読む… ]

信頼できる葬儀屋の特徴とは?選び方の7つのポイント

84e61fc0adb36a8756d453c9cf4132da

年を重ねるごとにお葬式の機会は増えていきますよね。最近は高齢化社会などと言われるのでなおさらです。死というのはいつか誰にでも訪れることです。お葬式も避けることが出来ないことだと思います。

お葬式に出たことがある人は多いと思いますが、お葬式の段取りをしたことがある人は少ないんじゃないでしようか。もし自分がいろいろ決めなきゃいけない立場になった時どうしたらいいのかわかりますか?お葬式ってどうしたらいいの?いくらかければいいの?なんてあまり聞けないですよね。

いいお葬式をするためには信頼できる葬儀社を見つけることが大切になってきます。葬儀社を決める時に知っていたら役に立つ「信頼できる葬儀屋の特徴とは?選び方の7つのポイント」をご紹介します。

[ →続きを読む… ]

葬式は流れが大事。喪主として式を進めるポイントとは

葬式は流れが大事。喪主として式を進めるポイントとは

葬式の喪主をいきなり任されたら、どうしますか?葬式の流れなんて普通全くわかりませんよね?葬儀業者に依頼するだけ、なんてことはありません。

あくまで葬儀業者は手助けや仲介をしてくれるだけ、基本的に動くのは喪主を中心とした遺族です。もしも今日、突然あなたが喪主の立場になったら、お通夜・葬儀・葬式・法事・法要・・・、と一連の流れをしっかりと把握しているでしょうか?

出席することがあるので、だいたいは理解していると思っていても、意外にも細かな部分まで把握していないことに、気付くのではないでしょうか?

今回はあなたが喪主を務める場合、葬式を滞りなく進めるためのポイントをいくつか紹介します。「いつか」の時のために、ぜひ最後までお付き合い下さい。

[ →続きを読む… ]