弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文

弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文
弔辞を頼まれることは、故人の功績をよく知る立場の方や、人となりを語ることのできる方に依頼されることを考えると、実はとても名誉なことですよね。遺族からの信頼の証でもあるので、快く引き受けるのがマナーです。

しかし、それが初めての経験だとしたら、どのような事をどういう形式で語ればよいのか、迷う方々も多いはず。でも、さほど問題に思う必要はありません。弔事には一定の形式があるからです。

ただ、確かにその構成に沿って原稿を作成すれば問題はないのですが、読み上げるのは一回限り。できるだけしっかりと準備をしておきたいですよね。そこで今回は、弔辞の構成や例文を、7つの項目に分けてお伝えします。

弔辞は故人へ語りかけるもの。本記事でお伝えする例文と、基本構成を確認しつつ、自分の言葉も交えて、心を込めた弔辞を述べてください。

[ →続きを読む… ]

お葬式マナー、前日チェック!押さえるべき7つのマナー

お葬式マナー、前日チェック!押さえるべき7つのマナー
お葬式のマナーはわかりにくい部分も多々ありますが、訃報はある日突然飛び込んでくるものですよね。親族や職場の関係者などの突然の不幸で「急にお葬式に行かなけらばならなくなった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

このようなことを見越して、喪服や持参するバッグ・靴など一式をまとめているなら準備も比較的スムーズに行えるかもしれませんが、そうではないと「お葬式マナーを確認しなければ…」「何を揃えたらいいんだっけ?」と慌てることもありますよね。

そこで今回は、お葬式でのマナーを踏まえて、前日にチェックしておきたい7つの項目をお伝えします。「これはNG」というお葬式のマナーや、職場や出先から葬儀会場に直行しなけらばならない場合の準備についてもお話を進めます。

急いで通夜や葬儀に参列する前に、一読して参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント
弔辞を頼まれたら、「自分では、十分に役目を全うできないのではないか…。」と、恐縮してしまうことも、よくありますよね。

確かに故人の数ある友人や会社の同僚、上司の方を差し置いて弔辞を読むという大役をするのは、気が引けるものですが、喪主や遺族の方から依頼された場合には、よほどやむを得ない事情がない限り承諾するのがマナーです。

むしろご遺族の方が信頼して、自分に弔辞を依頼してきた意図を汲み取ってあげるべき。

きっと、家族には見せない顔を知っていた数少ない近しい人と思われているのですから、味気ない定型通りの弔辞を求めているのではなく、自分ならではの弔辞を求められている、と考えてください。

しかし、弔辞を初めて読むという人や不慣れな人にとっては、基本的なマナーや構造すらわからないですよね。そこで今回は、弔辞を頼まれた時の準備の参考になる、基本的な構成とそのポイントを解説します。

[ →続きを読む… ]

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで
誰かが亡くなるとたくさんの人から香典を頂くことになるため、遺族は香典返しを用意する必要がありますよね。でも、どんな品物を選べば良いか、どんなタイミングで渡せば良いのか……と、考えてしまうこともよくあります。

以前誰かの葬儀に参列した時は何を頂いた?どんなお礼状が添えられていたっけ……と思い返しても、記憶に薄くて思い出せないという人もきっといるでしょう。近しい誰かが亡くなるなど、頻繁には起こりませんから、それも仕方のないことです。

しかしながら、香典返しやそのお礼状には、故人を代理して遺族が参列者へご挨拶をするという意味合いも含まれていますから、マナー違反になるようなことは絶対に避けたいものです。そこで今回は、香典返しのマナーや品物、お礼状の書き方などについてお伝えします

[ →続きを読む… ]

香典のマナー、いざという時にも慌てない5つの豆知識

香典のマナー、いざという時にも慌てない5つの豆知識

香典のマナーを知っておかないと遺族の方に対して大変失礼な行動を取ってしまう怖れがあります。お別れは突然にやってくることがあります。いざというときに慌てないために、香典のマナーを知っておいたほうが慌てずに済むと同時に、ご遺族の方に失礼な行動を取ってしまう怖れがなくなるので、この機会に正しい香典のマナーを知っておいてください。お葬式は、悲しみの場です。

お葬式の会場の中は悲しみに包まれており、特にご遺族の方々は深い悲しみに押しつぶされそうになっているものです。悲しみを知ることは、配慮する気持ちにつながります。ご遺族の悲しみに配慮し、一切の失礼が生じないように意識する気持ちをもってください。ここでは香典のマナーとして大切な、いざという時にも慌てない豆知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]