お悔やみを英語の手紙で送るときにぴったりの7つの英文例☆

法事のマナー、知っていると得をする7つの豆知識☆
お悔やみの文章って、日本語でもどのように伝えたら良いのかわからないときがありますよね。相手は大事な方を亡くされて悲痛の思いなわけですから、もちろん失礼があったら困ります。

実は、私自身お悔やみの文章では本当に困った経験があります。それは、英語のお悔やみ文章です!大学時代にアメリカ留学をしていたので、帰国してからも当時のホストファミリーとは小まめに連絡を取っていました。

そして、ある日ホストファミリーの方が亡くなったとの知らせが届いたのですが・・・どうお悔やみの文章を送ったら良いのか全くわからないのです。英語だとなかなか表現が難しく、当時は何日何日も練りに練って考えました。

そこで、今回は当時の出来事を踏まえた上で次のテーマにしてみました。題して「お悔やみを英語の手紙で送るときにぴったりの7つの英文例☆」です。是非、皆さんの御参考になればと思います。



 

お悔やみを英語の手紙で送るときに
ぴったりの7つの英文例☆

 

亡くなった方の家族に掛ける言葉


I am so very sorry to hear about your loss. 和訳すると「謹んでお悔やみを申し上げます。 」という意味になります。

この文章は非常に簡潔ですので、直接的な関わりはなかったけれど、お悔やみの文章を送るべき人へ使われることが多いです。

では、どのような人なのか?が気になるところですよね。例えば、仲の良い友達の両親や兄弟などです。直接的な関わりはあまりないとしても、悲痛な思いをした友人に対してお悔やみの言葉を送りましょう。

sorryと言うのは「ごめんなさい」というイメージが強いですがbe sorry to do that~という表現で、「~を残念に思っている・~を遺憾に思っている」という意味も持っています。

 

目上の方などに使う丁寧な表現


Please accept our deepest and most heartfelt condolences at this most challenging time. 和訳すると、「在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。」となります。

ここで、ポイントとなってくるのが「Please accept」と「condolences」と「 challenging time」と言う単語です。きちんとそれぞぞれの単語の意味を理解してこそ、文章として心に入ってくると思いますのでご説明していきますね。

「Please accept」だけ、和訳すると「どうか受け入れて・・・」という意味になります。実に英語らしい表現となっていて、私達の深い「condolences」=「お悔やみの気持ち」を受け入れたという意味になっています。

加えて、ここで言うchallenging」と言うのは挑戦的なと言う意味ではなく、やりがいのあると捉えましょう。

 

丁寧なお悔やみの言葉


we would like to offer our deepest sympathy. 和訳すると、「謹んでご冥福をお祈りいたします」となります。では、内容がもっと分かりやすいようにもっと直接的な和訳をしてみますね。「would like to~」は、「~したい」と言う意味です。

良く「want」との使い訳に迷われる方がいらっしゃいますが、「want」は「~欲しい」と言う意味なのでちょっと違いますね。

そして、「deepest sympathy.」です。deepestは深いという意味の最上級の表現になっているので、同情と言う意「sympathy」と合わさり、とても深い慈しみの気持ちを表していますね。

 

言葉を失うほどの悲しみの言葉


We are all deeply shocked to hear of the sudden death ofyou. 和訳すると、「私たちは、あなたが急死したとの知らせを聞いて言葉を失うほどの悲しみを感じています。」となります。

この文章は、単体で使うのではなく上記の1~3の項目の文章と組み合わせて使うと良いと思います。順番としては、「We are all deeply shocked to hear of the sudden death ofyou.」の文章の後に、1~3の項目の文章を持ってくるようにしましょう。

 

敬具


英文でも、〆の文章は忘れないようにしましょう。日本語で言う敬具は、英語の表現では「Yours Sincerely」「Sincerely」と表します。

どこにこの文書を差し込むのかもきちんと覚えておきましょう!ズバリ、名前の前に入れます。例えば・・・incerely,Hanako」となります。

 

手紙やメールでお悔やみの文章を送る時に使用できる言葉


「I send my condolences to you.」は、和訳すると「お悔やみを申し上げます」という言葉です。condolencesというのは哀悼の意味合いを持つ言葉です。この表現使う際に注意してほしいのは、send(送る)という表現を使っているので、直接言う言葉ではありません。

手紙やメールでのみ使用しましょう。こう見ると、文章を直接的な日本語に直すと「あなたに私の哀悼の意を送ります」となりますが、これがより滑らかな表現になって「お悔やみを申しあげます」となるのですから英語って面白いですよね!

 

簡潔だけど、丁寧な表現


May he rest in peace.」と言う表現は、とても簡潔ですが、丁寧な表現として使われています。Mayが文頭に来ているのでやや強めの表現になるかと思いきやMay は必ず主語の前に持ってくるという決まりがあるのでこのような文章になるのです。

この文章は、ご冥福をおいのりしますというニュアンスになります。けれど、直訳すると「彼女が天国で休めますように」となり、何だか感動的な文章になります。

 

いかがでしたでしょうか。

以上、お悔やみを英語の手紙で送るときにぴったりの7つの英文例☆をお送りしました。直訳すると、何だか涙がこぼれてきそうな文章がたくさんありました。

日本語と違って、英語は実に直接的で心に響きます。ですが、良く使い分けをしないと、やけにカジュアルだったり、口語的だったりします。よって、文章にした際にはきちんと確認した上でお送りすることをおすすめします。

是非、頭の片隅に入れておいてみて下さい。知っていて損はありませんし、これからの時代いつ必要になるか分かりませんものね。

 

まとめ

お悔やみを英語の手紙で送るときにぴったりの7つの英文例☆

・亡くなった方の家族に掛ける言葉
・目上の方などに使う丁寧な表現
・丁寧なお悔やみの言葉
・言葉を失うほどの悲しみの言葉
・敬具
・手紙やメールでお悔やみの文章を送る時に使用できる言葉
・簡潔だけど、丁寧な表現