香典のマナー、いざという時にも慌てない5つの豆知識

香典のマナー、いざという時にも慌てない5つの豆知識

香典のマナーを知っておかないと遺族の方に対して大変失礼な行動を取ってしまう怖れがあります。お別れは突然にやってくることがあります。いざというときに慌てないために、香典のマナーを知っておいたほうが慌てずに済むと同時に、ご遺族の方に失礼な行動を取ってしまう怖れがなくなるので、この機会に正しい香典のマナーを知っておいてください。お葬式は、悲しみの場です。

お葬式の会場の中は悲しみに包まれており、特にご遺族の方々は深い悲しみに押しつぶされそうになっているものです。悲しみを知ることは、配慮する気持ちにつながります。ご遺族の悲しみに配慮し、一切の失礼が生じないように意識する気持ちをもってください。ここでは香典のマナーとして大切な、いざという時にも慌てない豆知識をお伝えします。



 

香典のマナー、
いざという時にも慌てない5つの豆知識

 

お葬式の形式に応じた香典を用意しよう


宗教によってお葬式の形式が異なると同時に、香典のマナーが異なります。代表的なものとしては仏教や神式、キリスト教などがあります。これを確かめるためには、お葬式の案内が来た時に、宗旨が何であるかを尋ねるようにすることをおすすめします。

それに応じた行動を取れるようになり、香典のマナーを間違えることもなくなります。日本ではほとんどが仏教の宗旨になりますが、違う場合もあるので必ず確認するようにしてください。

 

適切な金額の香典を用意しよう


香典のマナーのひとつに、香典として包む金額も含まれます。その判断基準としては、亡くなった方の続柄と自分自身の年齢です。例えば、自身の年齢が20代と若い場合は香典の金額を上げ過ぎるとマナー違反になってしまいますし、逆に40代や50代の方が包む香典の金額が少なすぎてもマナー違反になってしまいます。

適正な金額を包んだお香典を用意してマナー違反にならないようにしましょう。ひとつの基準としては、親族ならば1万円から3万円、そうでなければ5千円から1万円。これらを基準にして香典の金額を決めましょう。

 

金額に応じた香典袋を用意しよう


香典のマナーには袋も含まれます。金額が少ないのに派手な香典袋を用意してしまうとマナー違反になりますし、逆に質素な香典袋に大金を入れてしまうとマナー違反になります。1万円以上の香典を包む場合は派手なものを、1万円未満の香典を包むなら質素なものを選んで香典を作成するようにしましょう。香典袋が派手なものなのか質素なものなのかどうかは一見して見分けられるので問題なく見分けられます。

 

香典の正しい書き方を意識しよう


香典の書き方はマナーに含まれます。まず表袋の表側に自分の名前を書き、中袋には入れてある金額を明記します。例えば、1万円を入れるのであれば、一、金壱萬圓也と書きます。これは壱萬円と明記しても問題ありません。

ここで注意しなければならないことは、香典は4や6、9の数字は縁起が悪いので使用してはいけないということです。4万円や6万円、9万円という数字になるように香典を包んでしまうと大変失礼に当たるので絶対にやめてください。

 

香典に入れるお金の向きや入れ方を意識しよう


香典のマナーにはお金の入れ方も含まれます。お金を入れるときに意識すべきことは、お金の向きと入れ方です。お金の向きに関しては、肖像画が描かれていないほうを表向きにして中袋の中にお金を入れてください。

逆にしてお金を入れてしまうと失礼に当たるので注意しましょう。また2万円以上の香典を包む際のように複数のお札を入れる場合は、必ずすべてのお札の向きが揃うようにしなければなりません。これらについて注意し、香典に入れるお金の向きや入れ方のマナーを守ってください。

 

いかがでしたでしょうか。

香典のマナーを知り、いざという時にも慌てない豆知識についてお伝えしました。ご遺族の気持ちを尊重し、失礼のないような香典を用意できるようにしてください。お葬式は故人を想い、形式的にお見送りをする場です。形式的であるという面が非常に強いので、形式に沿った形でマナーを守るということがより大事になります。お葬式のマナーに関して、香典のマナーは特に大事な部分であると言えるでしょう。

なぜなら、お葬式に参列した際にご遺族に対して最初に渡すものが香典だからです。ご遺族に対して直接渡すものであるからこそ、より慎重に、正しいマナーを守って香典を作成することが大切です。決してお金が入っていれば問題がないということはないので、注意してください。

形式的な場でマナーを守るということは、人として最低限の振る舞いです。特に社会人の方にとっては絶対に知っておかなければならないことのひとつと言えるでしょう。社会人として恥ずかしくない香典のマナーを身に着けてください。

 

まとめ

香典のマナーと豆知識とは

・お葬式の形式に応じた香典を用意しよう
・適切な金額の香典を用意しよう
・金額に応じた香典袋を用意しよう
・香典の正しい書き方を意識しよう
・香典に入れるお金の向きや入れ方を意識しよう