寿司屋でのマナーを解説☆接待中に押さえるべきマナー

寿司屋でのマナーを解説☆接待中に押さえるべきマナー
寿司屋でのマナーは難しそうだし、高級な寿司屋に行く機会などめったにないだけに、「覚えなくてもいいや…。」と思っている人は多くいますよね。

たしかに、プライベートでカウンター席の高級寿司屋に行く機会がある人は少ないかもしれません。しかし、仕事の接待で使う可能性は十分あり得ます。

接待する取引先の担当者や役職者の方が、「寿司が好きだ」という情報が入ってきたら、接待にはそれなりのランクの寿司屋を予約して置かなくてはいけません。そうなると、寿司屋でのマナーもあわせて知っておかなくては、十分な接待はできないもの…。

接待のために寿司屋でのマナーを覚えるのは大変ですが、日本人なら寿司屋での正しいふるまいはマスターしておきたいですよね。そこで今回は、接待でも役立つ寿司屋でのマナーを6つのポイントに分けて解説します。

[ →続きを読む… ]

食事のマナー☆懐石料理の席でも戸惑わない7つの基本

食事のマナー☆懐石料理の席でも戸惑わない7つの基本
食事のマナーは一度正しく身に付くと、何かと便利ですよね。「マナーなんていちいち気にしていたら、料理を楽しめない」なんて声もありますが、やはり、いざと言う時にも対応できる準備はしておくと安心。

社会人になったら、結婚式や親になってからも、正しい食事のマナーを身に付けておくと、とても役立つのは事実です。ただ食事マナーと言っても和食や洋食など、料理の種類によって、作法や食事のマナーが変わると、覚えるには複雑かもしれません。

そのなかでも、まずマスターしたいのが和食マナー。和食なら懐石料理をマスターすれば、他の場面でも応用できますよね。

そこで今回は、お刺身やなどなど、さまざまなメニューが出る懐石料理での、正しい食事マナーの基本的な部分をお伝えします。まずはこの基本を押えることで、失礼な人、とは思われないはずですので、日頃からチェックしてみると役立ちます。

[ →続きを読む… ]

暑中見舞いの書き方☆初めてなら押さえたい7つの作法

暑中見舞いの書き方☆初めてなら押さえたい7つの作法
暑中見舞いの書き方まで理解して挨拶状を送ることができたら、社会人としてもビジネスシーンでも、丁寧な印象を与えられそうですよね。

一年の中で最も暑さが厳しい時期、遠方に住んでいる知人や友人、お中元を下さった方へのお礼の気持ちを表すために送るのが暑中見舞い。7月初旬から立秋(およそ8月7日頃)までの間に出す作法もある、昔ながらの日本の風習なのです。

丁寧なマナーある挨拶状は出したいものの、頻繁に出すこともなく、初めてだと「どのように書いたら良いのか…。」曖昧に覚えていることも多いですよね。

そこで今回は、マナーある暑中見舞いの書き方の基本をお伝えします。相手に失礼のないように、しっかりと暑中見舞いの書き方を確認した上で、挨拶状が送れたら安心。

初めての挨拶状であれば、なおさら押さえたい暑中見舞いの書き方のポイントをチェックして、勘違いを避けてください。

[ →続きを読む… ]

暑中見舞いの書き方☆初めてなら確認したい基礎知識

暑中見舞いの書き方☆初めてなら確認したい基礎知識
暑中見舞いの書き方は、健康を気遣って贈る挨拶状だけに、キチンとした失礼のないものにしたいですよね。季節のお便りですから、暑中見舞いの書き方は年賀状と同じように、形式的なものに終始するイメージがある方もいるかもしれません。

確かに形式的な意味合いも強いのですが、ここ最近の夏はともかく暑く、過ごしづらさを感じている方が増えてきました。そんな時に自分のことを案じてくれる一枚のハガキが届いたら、誰でも嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

とはいえ、いざ準備を進めると「暑中見舞いの書き方、どうだったっけ…。」と、何となく理解していたつもりのものが、かなり曖昧だったことに気付くことも多いですよね。

そこで今回は、暑中見舞いの書き方について、確認しておきたい基礎知識をお伝えします。覚えておけば、きっといつまでも役に立つ内容ですので、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

暑中見舞いの文例☆上司や取引先に送る時の基本例文

暑中見舞いの文例☆上司や取引先に送る時の基本例文
暑中見舞いの文例は、失礼のない文章に悩む際にとても便利ですよね。猛暑期に相手を気遣うために出すのが暑中見舞い。気遣いを伝えるためには、長い文章より簡潔なものが適切です。

そして、ビジネスの関係で送るものと、プライベートで送るものとでは、暑中見舞いの文例は少し違ってくる点も、意識したいもの。

ビジネスシーンにおいては、暑中見舞いの文例が、プライベートよりも文章が固めになる傾向があります。けれども、今後にも繋がるご挨拶だけに、誠意があり、それでいて気遣いの伝わるものにしたいですよね。

そこで今回は、誠意と気遣いが伝わる、暑中見舞いの文例をいくつかお伝えします。そこに少しのアレンジを加えて、自分なりの気遣いを表わしてみてください。

[ →続きを読む… ]