知ってるようで知らないイタリアンのマナー☆基本を伝授!

知ってるようで知らないイタリアンのマナー☆基本を伝授!
日本で大人気のイタリアンにもマナーがあることは意外と知らない人が多いものですよね。なぜならフランス料理よりも気軽に食べられるピザやパスタなどのイタリアンは、マナーもなく気軽に食べられると思われて人気が高いのです。

イタリア料理と聞くとカジュアルなイメージがありますが、イタリアンにも独特のマナーが存在するのは知られていません。楽しく料理をいただきつつ、スマートに振る舞えるようにするにはどのようなことに気をつけたら良いのか気になることでしょう。社会人になると、恋人とのデート、友達同士でも、イタリアンやフレンチなどの素敵なレストランでお食事を頂く場面が増えてきます。イタリアンのマナーを把握するのは常識的な大人として避けては通れない道なのです。

そこで今回は、皆さんが知っているようで知らないイタリアンのマナーについてご説明します。

 

知ってるようで知らないイタリアンのマナー☆
基本を伝授!

 

イタリアンの種類

まず最初にイタリア料理のレストランの種類です。トラットリア、リストランテ・・など色々な名前がありますが、どのような違いがあるのか意外と知らないものでしょう。一番格式が高いのは「リストランテ」です。リストランテはレストランという意味ですので、フランス料理同様に、細かなイタリアンのマナーが必要となります。

次に「トラットリア」もレストランなのですが、家庭的なレストランという意味合いです。ここではイタリアンのマナーもそこまで厳しくないため、カジュアルに楽しむことが出来ることでしょう。

その他は、「バール」はバーや喫茶、「スパゲッテリア」はスパゲッティー専門店、「ピッツアエリア」はピザ専門店、「オステリア」は居酒屋という意味ですので知って覚えておきましょう。

 

イタリアンのマナーで気を付けること

イタリアンのマナーで気を付けるべきことについてですが、まず、食事中のお皿は持たないのが基本です。ブイヨン等のカップスープでしたら直接口をつけても良いのですが、それ以外のスープはスプーンで手前から奥へとスープをすくい、食べる事とされています。

また、数人でお食事する際にテーブル上でひとつの料理のお皿から、皆で料理をつつくのはNGです。遠慮は不要ですので、お店の方に伝えて分けてもらうか、小さな小皿を持ってきてもらいましょう

 

パスタを食べる時のイタリアンのマナー

パスタを食べる時のイタリアンのマナーについては良く聞くことでしょう。イタリアだけでなく、ヨーロッパでは音を立てて食事をするという事がとても恥ずかしい行為とされています。パスタは絶対にすすって食べないように気をつけて下さい。

そして、日本ではパスタをスプーンとフォークを使って食べる人がいますが、イタリアンのマナーではスプーンは使いませんイタリアンのマナーではパスタを食べる際はフォークのみを使い、2~3本の麺を巻きつけて口に運びます

尚、ロングパスタの場合は、まず最初に少しの量をフォークに刺すのがポイントです。最初に多めに刺して巻き始めてしまうと、量が多くなってしまい一口で食べられず、スマートさがなくなりますので注意して下さい。

 

ピザを食べる時のイタリアンのマナー

実はピザにもイタリアンのマナーがあります。出来立てのピザはアツアツですので、手で持ちづらいことがありますよね。ピザを食べる時には基本的にはナイフとフォークで一口ずつ切り分けて食べるようにするとスマートです。

ピザの切り方は、中心から円の端に向けて、小さな二等辺三角形をつくるようなイメージでナイフを入れましょう。この二等辺三角形を、更に頂点の先端部分と残りの台形に切り分け、先端部分から食べるのが素敵に見えるのでおススメです。

 

ワインを選ぶ時のイタリアンのマナー

ワインを選ぶのは慣れていないと緊張するものですし、何を選んで良いのか全くわからない人もいることでしょう。ワインは食事に合わせて選ぶのが基本とされていて、肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワインというのは有名です。

他にもパスタに合わせて選ぶこともできます。例えばトマト系のパスタやラザニアのように挽き肉などを使用したパスタは赤ワインと相性が良いですし、クリームソースや和風パスタであれば軽めの赤か白ワインが良いでしょう。

また、ソムリエに自分の好みを伝えて選んでもらうのもおススメ。原産地名や品種がわからなくても、赤だったら「重め」「軽め」、白であれば「甘口」「辛口」という感じで好みを伝えることができます。「フルーティー」「香りが華やかなもの」というのも良いでしょう。その際は予算感も伝えると安心です。

最後に、ワインを注いでもらう時は、ビールのお酌のようにグラスを持ち上げるのはNG。グラスはテーブルに置いたままで注いでもらいましょう。

 

いかがでしたか。これでイタリアンのマナーがわからず不安になることはないでしょう。フルコースのマナーまで完璧に覚えなくても、恋人や上司、友達に恥ずかしい思いをさせない程度の最低限のイタリアンのマナーくらいは覚えておきたいものです。

同時に男性はレディーファーストも出来ると素敵に見えること間違いなしです。そして、女性はレディーファーストをすんなりと受け入れることが出来るとより一層良い雰囲気になることでしょう。

マナーは知っているだけで余裕が出てきますし、お食事やお酒もいっそう美味しいと思えるものです。マナーを気にしすぎて、せっかくの食事を楽しめないというのは本末転倒ですので、意識することなくイタリアンのマナーがスマートにできる大人を目指しましょう。

まとめ

イタリアンのマナーの基本とは

・一番格式が高いのは「リストランテ」
・食事中にお皿は持たないようにしよう
・パスタをすすって食べるのはNG
・ピザもナイフとフォークを使おう
・ワインはソムリエに選んで貰うのもOK


連記事