ビジネスは敬語の使い方で差を付ける☆信頼されるフレーズ

ビジネスは敬語の使い方で差を付ける☆信頼されるフレーズ
ビジネスで敬語を正しく、上手につかえるかどうかは重要ですよね。仕事でやり取りをする相手が正しい日本語を知っている人の場合、もし間違った表現や失礼な表現の敬語を使っていると不快に感じられますし、「言葉遣いが正しくできない人」として信頼も失ってしまいます

自分は敬語を使うよう十分気を付けている、と思っている人はたくさんいますが、意識すればするほど、間違った敬語を使っている人もたくさんいるのです。

ビジネスにおける敬語は日常で使う機会が少ないですから、間違っていても親や友人から指摘されることがないですし、そもそも使い方自体を間違って覚えていることもあります

しかし、敬語の使い方ひとつで、相手の信頼を得られないのはもったいないことですよね。そこで今回は、ビジネスにおける敬語で、相手から信頼されるフレーズをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

正しい敬語の使い方☆間違えやすい5つの場面で確認!

正しい敬語の使い方☆間違えやすい5つの場面で確認!
大人になると、敬語の使い方って気になりますよね。例えば「すみません」という言葉があります。実は目上の人には失礼になるのですが、そのことを知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。この場合、目上の方への正しい敬語の使い方は「申し訳ありません」となります。

また逆に、慎重になりすぎて、丁寧に丁寧を重ねてしまうと、変な文章になります。例えば「ご覧になられます」の「ご覧になる」と「られる」は、どちらも尊敬語になり、二つ使うと二重敬語となってしまい、正しい敬語ではありません。この場合「ご覧になります」が正しいです。

このように、正しいと思って使っている敬語でも実は間違えていることが結構あるものです。ではこうした敬語の使い方には、他にどのようなものがあるのでしょうか。

そこで今回は、間違えやすい敬語の使い方を場面別にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

日常会話を敬語に変換!ビジネスに応用が効く5つの表現

日常会話を敬語に変換!ビジネスに応用が効く5つの表現
日常会話を敬語に変換するというのは意外と難しいものですよね。自分は自信を持って使っていたのに、実はその敬語は間違っていたということを後から知って冷や汗をかいた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

日本語の尊敬語や謙譲語はたくさんあり複雑なため、しっかりと勉強していないと覚えられないものです。言葉の末尾に「られる」や「れる」を使えば良いと思っていては、いつか恥ずかしい思いをすることになります。年齢を重ねてからも間違った敬語を使っていると「今まで何を学んできたんだ・・」と思われてしまいます。そして敬語の中でも尊敬語は目上の人を敬う表現ですから間違わないように使いたいものです。

そこで今回は、社会人として知っておくべき日常会話の正しい敬語への変換についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

敬語の使い方をおさらい!立場別に見る変換のポイントとは

敬語の使い方をおさらい!立場別に見る変換のポイントとは
人間関係をより良いものにするためにも、言葉を正しい敬語に変換するといった気配りは欠かせませんよね。敬語は言葉のエチケットであり、人間関係の潤滑油とも言われています。

ビジネスに慣れてきて、状況に合わせてうまく敬語に変換しているつもりでも、立場をわきまえない表現だったり誤用があったりと、相手に不快な思いをさせていることがあるかもしれません。ビジネスシーンや公的な場面での敬語は、相手の信頼を得るためにも適切に使いこなしたいものです。

敬語への変換は、場面や相手との関係性でも違ってきます。敬語は日々の実践の中で磨かれ身につくものですが、少し立ち止まっておさらいをするのも必要しょう。その場に相応しい敬語に変換し、誠実さと思いやりを表現したいものです。

そこで今回は、敬語の使い方をおさらい!立場別に見る変換のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ビジネス文書は正しい敬語で。謙譲語を使う際のポイント

ビジネス文書は正しい敬語で。謙譲語を使う際のポイント
社会人として恥をかかないためにも、尊敬語や謙譲語といった正しい敬語を使いたいですよね。ビジネスシーンでの日常的な会話はもちろん、ビジネス文書での敬語は文字として刻まれることもあり、特に意識したいものです。

敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語があり、それぞれ使い方が異なります。それぞれの違いを知ったうえで、ビジネス文書を作成できるとビジネスマンとしてもより信頼が高くなるでしょう。

そんな敬語における謙譲語は、自分のことをへりくだって物事を伝えるときに使う敬語のひとつですが、使い方を間違えると思わぬ恥を掻いてしまうこともあります。正しい謙譲語で、相手に情報をスムーズに伝える、かつ、内容を分かりやすく伝えることが大切です。

そこで今回は、謙譲語を使う際のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]