49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり

49日の迎え方。服装やお布施など守るべき5つのしきたり
葬儀の後、初七日の法要と同じくらい重んじられるのが49日の法要ですが、服装や僧侶に納めるお布施などはどうすればよいのか、迷ってしまう方が多いですよね。しかし49日は、この日を境に「忌明け」となる節目の日ですので、準備の段階や法要の当日にその場であたふたと迷うことのないように、しきたりやマナーなどをあらかじめ頭に入れておきたいものです。

そこで今回は、49日の法要での服装や、僧侶へのお布施、また49日の法要に向けての準備などについてお伝えいたします。誰もが営む立場には慣れていない法要ですが、これらを念頭に置けばいろいろな場面で安心ですし、心に余裕ができればきっと、故人により一層寄り添った供養ができることでしょう。

[ 続きを読む… ]

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは

初めての喪主。四十九日法要で必要な5つの準備とは
四十九日の法要はお葬式の後に始めて行う重要な儀式として、ほとんどの方に認知されていますが、喪主になったら何をして良いのかわからない人が多いのが現実ですよね。心構えなく喪主になるのですから仕方のないことですが、故人のためには滞りなく行いたいものです。

そもそも四十九日法要とは、故人が死後49日後に仏様の元へ向かうとされていることから、故人を心安らかに見送るための特に大切な儀式とされています。そのため、喪主はこの重要な四十九日法要をしっかりと把握しておく必要性があるのです。本位牌の用意や式場・僧侶の手配など準備も多く、心休まる暇もありませんが、ここは喪主として法要を堂々と取り仕切りましょう。

そこで今回は、はじめての喪主でも四十九日をスムーズに行うために必要な準備から当日の四十九日の流れ、費用などについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

四十九日までの準備とは。施主が進める7つの手順

四十九日までの準備とは。施主が進める7つの手順
四十九日は一連の法要の中でも、大きな節目となる大切な供養ですよね。都心部では最近、ごくごく身内のみで執り行うものの、まだ全国的には四十九日までは、知人友人も集まる地域も多いのではないでしょうか。

初七日しか知らない方も多いですが、仏教の教えとしては、四十九日までの間、七日ごとに故人が生前に行った善行を審査され、来世の行先が決まるのです。

残された者は、故人がお裁きを受ける、七日ごとに拝むことで、故人の善行にしてもらい、極楽浄土へ行けるようにする、と言う考えが四十九日の供養。ただ遺族としては、悲しみが癒える間もなく、四十九日を執り行うため大変かもしれません。

故人が極楽浄土へ旅立っていけるように、お手伝いをしていると考え、大変でも何とか四十九日までは滞りなく進めたいですよね。そこで今回は、施主が行う四十九日の段取りと手順をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

四十九日への参列マナー。案内が来たら押さえる作法

四十九日への参列マナー。案内が来たら押さえる作法
四十九日の参列マナーは、当日注意すべきことよりも、事前に準備すべきことの方が多くあるものですよね。

四十九日法要は、故人が亡くなってから四十九日目に行うものなので、日程はあらかじめ決まっているものと思われがちですが、近しい前後の土日に行うことが多いため、案内が着たら予定の調整が必要です。

四十九日法要は、案内を受けたらすぐに、出席か欠席の返事をしなければいけないもの。ただ、その返事の仕方や事前の準備にも、マナーがあるのです。

四十九日法要は、基本的には遺族や親族など故人と近しい間柄の人達が出席しますが、故人を供養するための、れっきとした儀式。マナーある所作で参列したいですよね。

そこで今回は、四十九日法要の案内を受けた時、参列者側が気を付けなくてはならないマナーと、事前の準備について6つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

四十九日法要に参列。服装やお香典、押さえたいマナー

四十九日法要に参列。服装やお香典、押さえたいマナー
四十九日が故人に関わる何らかの節目の日だと言うことは分かっていても、具体的にどのようなものか、子どもなどに聞かれると戸惑ってしまう方は、案外多いですよね。

実は仏教では、故人は没後四十九日に、最終的な「生前の罪に対する判決」が下り、その判決に応じた世界に生まれ変わるとされています。そのために、この日は規模の大きな法要を執り行い、遺族や友人・知人で故人を手厚く供養するのが一般的なのです。

とは言え、もしも四十九日の法要への案内が届いたら、通夜や葬儀ではないだけに、服装やお香典の包み方や相場など、迷うことも多いもの…。マナーもどのようなものなのか、気になりますよね。

そこで今回は、四十九日法要に参列する時の、服装やお香典など、押さえておきたいマナーを、準備で意識すべきポイントを中心にお伝えします。

[ 続きを読む… ]