三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!

三回忌法要。持参する香典や供物に関する疑問を解決!
葬儀の香典相場などは分かるけれど、三回忌法要など、年忌法要の香典袋の表書きは何と書いたら良いのか、金額の相場はどのくらいなのかなど、結構悩んでしまうことが多いですよね。服装などもどうしたら良いのか意外と考えてしまうもの

そもそも三回忌は、何年目なのかについても把握していない場合もあります。気になることを言い出したら、三回忌法要の香典はもちろんの事、お布施はどうしたら良いのかなど結構わからないことも多いことでしょう。また、三回忌法要の香典袋の表書きは、仏教、キリスト教、神道などによってやはり違うものなのでしょうか。

そこで今回は、三回忌法要で持参する香典や供物に関する疑問を解決!三回忌法要について様々な角度からお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

三回忌法要。かかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄

三回忌法要。かかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄
三回忌の法要は大切な人が亡くなって満2年目に行うものですが、この法要はどのようにすればよいのか迷うことも多いですね。お通夜や葬儀には故人を偲び多くの関係者が参列しますが、三回忌は遺族・親族・ごく親しい友人など、内輪で行うことが一般的です。

三回忌法要は故人の思い出を語り合い冥福を祈る神聖なひと時でもあります。三回忌の法要でも、お寺の僧侶に読経を依頼しその御礼としてお布施を渡すことになります。施主ともなればお布施も含めて費用の面で何にどのくらい用意したらよいのか悩みますが、かかる費用の目安を知っておくことは今後の周忌の参考にもなるでしょう。

そこで今回は三回忌法要にかかる費用の目安と施主がすべき5つの事柄をお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

三回忌の服装で迷ったら☆失礼にならない7つのポイント

三回忌の服装で迷ったら☆失礼にならない7つのポイント
三回忌の服装は告別式より時間も経っているため、迷う方も多いですよね。喜び事は服装のイメージもできるのですが、弔事はあまりイメージしにくいもの。特に法事になると、余計に分からなくなる方も多いです。

お仕事の関係でのお通夜やお葬式は、参列する機会が多いのに、三回忌の服装となると不安。「平服で…」と案内されても、どんな平服で行っていいのか…。そのようなお話をよく耳にします。

法事は三回忌だけでなく、七回忌やそれ以降行われる供養。その時々で服装も変わってきますし、参列者なのか、喪主側なのかでも違うマナーが…。法要時にも失敗しないよう、三回忌の服装を選びたいですよね。

そこで今回は、三回忌の服装選びのポイントを7つ、お伝えします。施主の意向によって違いがあるなど、状況に応じた判断は必要ですが、一般的な作法として参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法

三回忌の香典マナー。金額の相場や渡し方、基本の作法
三回忌の香典は、そもそもお渡しするのかどうかから、迷う方も多いですよね。お通夜や葬儀と違い、法事に呼ばれる機会はあまりないため、いざ呼ばれる立場になると、服装からお香典まで、迷うことも多いです。

しかも一周忌を過ぎた後の法事法要では、だんだん案内される人数も縮小され、周囲に相談もしにくくなるもの…。家族などのごくごく身内であれば、直接相談しながら準備も出来るかもしれませんが、知人や友人であれば、尚更戸惑いますよね。

ただ、案内されたからには、それなりに故人と親しい関係だったはず…。ならばしっかりと三回忌の香典マナーを理解して、丁寧に故人を弔いたいですよね。そこで今回は、案内を受け参列する際に準備する、三回忌の香典マナーをお伝えします。

とまどいがちな相場から、渡し方まで、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

三回忌の服装「平服」とは☆押さえておきたい基本マナー

三回忌の服装「平服」とは☆押さえておきたい基本マナー
三回忌の服装マナーは少し複雑ですよね。通夜や告別式と言った葬儀では、喪主はもちろん、出席者も喪服を着るのがマナーと決まっていますが、三回忌のような法要の際には、施主の指示に従うのがマナー。これと言った必ず決まったルールがないのです。

三回忌までは出席者にも喪服を着用してもらって、法要を執り行いたいと考える施主もいれば、出席者の三回忌以降の服装は平服でよい、と考える施主も…。ですから、三回忌の連絡を施主からもらったら、服装の指示を仰ぐようにすると確実。

三回忌法要では、基本的には故人の近しい親族のみが出席するのが一般的ですが、親しき中にも礼儀ありですよね。そこで今回は、三回忌の服装で「平服」と言われたときに、気を付けなくてはいけない、基本マナーを解説します。

[ 続きを読む… ]