三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー

三回忌に香典を包むなら。押さえるべき基本のマナー
三回忌に香典を包むべきなのか、包むならその相場はどれくらいなのか…、悩む方々は多いですよね。三回忌とは、人が亡くなって二年目に行う法要のこと。

二年なのに三回忌?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、これは、亡くなったその日が一回目の忌日、丸一年が二回目、丸二年が三回目とされるためです。

三回忌では、遺族や親族、友人や知人などが参列し、僧侶に読経してもらった後に焼香、会食をするのが一般的な流れ。この頃までは知人や友人などが参列することが特徴で、七回忌目からは規模を縮小していくのが一般的です。

そんな三回忌に香典、参列するとなればしっかりとマナーをもった判断をしたいものですよね。そこで今回は、三回忌に香典を包む場合の基本マナーをお伝えします。
[ →続きを読む… ]

三回忌の香典はいくら包む?立場別で判断、7つの相場

三回忌の香典はいくら包む?立場別で判断、7つの相場
三回忌の香典を、いくら包めばいいかわからないと迷う方々も多いですよね。通夜や告別式と異なり、法要はその家や施主によって行い方も様々です。菩提寺で法要を行い、会食、香典返しなどすべてをきっちりする場合もあれば、会食は自宅でというケースもあります。

三回忌の香典に包む金額は、そういった法要の実施規模によっても異なってきますから、事前にどこで法要をして会食の会場はどこなのかを聞いておくことで、いくらくらい包めばいいかの目安を考えておくことが大切です。とはいえ、一般的な三回忌の香典の金額はある程度相場は決まっています。

自分の立場に見合った香典の金額を包むのがマナー。金額が多すぎても少なすぎても施主を困らせてしまうだけに、難しいですよね。そこで今回は、三回忌の香典にいくら包めばいいか、立場別に7つの相場を解説します。

[ →続きを読む… ]

三回忌の服装や香典は?参列者が守るべき7つの基礎知識

三回忌の服装や香典は?参列者が守るべき7つの基礎知識
三回忌の服装はキッチリとした喪服なのか…、悩む人が多いですよね。大切な人が亡くなった後、お通夜や葬儀などが終わってしまうと、あっという間に時間が過ぎてしまう気がします。

葬儀の後、故人を偲ぶ機会は「◯回忌」の法要としてやってきます。その中でも満二年目に行う法要を三回忌といいます。

葬儀には、親族だけでなく、会社関係、友人、近所の人など、広い範囲の人が参列するものですが、三回忌はそこまでの広い範囲の人は呼ばずに行われます。ただ、三回忌の法要に親族として参列する場合でも、きちんとマナーを守って参列しなければなりません。

何も知らずに参列し、マナー違反を指摘されるようなことになっては、恥ずかしい思いをしてしまいますよね。そこで今回は、きちんと三回忌のマナーを押えた服装で参列できるよう、基礎知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

三回忌法要はいつ執り行うのか?その準備と費用

三回忌法要はいつ執り行うのか?その準備と費用
葬儀・新盆・一周忌法要・三回忌法要と、大事な家族を亡くされると数年の間、ご遺族が執り行わなければいけないことは様々ありますよね。つまり、ご遺族ではあっても、大事な人を亡くした哀しみに暮れているばかりではいられない、ということなのです。ご供養は大事ですから…。

しかし、幸か不幸かそんな忙しさのお陰で、辛い気持ちが少し紛れるというのも事実です。では、一周忌が亡くなった一年後のその日、ということをご存知の方は多いことと思いますが、三回忌についてはいかがでしょう?実は、思い違いをしている方が少なくないのではありませんか?

そこで今回は、三回忌はいつ執り行うのか?そして、その準備と費用についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

三回忌を執り行う時。施主が進める7つの手順と準備

三回忌を執り行う時。施主が進める7つの手順と準備
三回忌法要を執り行う時、施主が一人で進めようとすると、「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ…。」と混乱してしまうこともあります。慌てて落ち込みがちになる人もいますが、混乱するだけ多くのやるべきことがありますから、当たり前です。

特に施主となれば、三回忌法要の当日も、参列者のお出迎えから始まり、法要開始の挨拶、会食の挨拶…、と多くの進行や挨拶に勤めなければなりません。表に裏にと忙しくなる分、頭の中を常に整理してこなしていきたいもの。

まずは、三回忌法要を執り行う基本的な流れを把握し、ひとつひとつ、タスクを消して行くようにこなしていけば、自然と準備万端に整います。できるなら、スムーズな三回忌法要を執り行いたいですよね。

そこで今回は、施主が三回忌法要を行う時の、基本的な準備項目と、法要までの手配や手順の流れを解説します。

[ →続きを読む… ]