通夜挨拶の心得。忌問客へ伝えるべき5つの内容

通夜挨拶の心得。忌問客へ伝えるべき5つの内容
近年、葬儀における喪主挨拶同様に通夜での挨拶もきちんとしたものが必要となってきました。少し前までは、通夜は仮のもので葬儀・告別式が本式とみなされることがほとんどでしたが、最近では時間的な都合などにより、通夜だけの参列の場合も増えてきているからです。

通夜では弔問客それぞれへの対応も大事なことの一つです。しっかり対応することで故人を安心して旅立たせてあげるという側面もあるでしょう。

ですが、故人を亡くしたばかりの悲しみの中で、あれこれときちんとこなすことができるかどうかはわかりませんよね。ですから、事前にある程度準備をし、心得ておくことが大切なのです。

そこで今回は、通夜の挨拶で忌問客へ伝えるべきことについてお伝えいたします。

[ 続きを読む… ]

お通夜の作法は状況で判断。TPOで見分ける7つの基本

お通夜の作法は状況で判断。TPOで見分ける7つの基本
お通夜での作法は、葬儀の宗教によって異なりますし、故人との関係や葬儀における自分の立場によっても異なるため、ちょっとややこしいですよね。

日本では宗教に対してあまり気にしない方も多くはいるものの、葬儀は故人を供養するための正式な儀式。「多少の間違いがあってもいいだろう」と参列すると、相手によっては大変な失礼になることに…。そんな事態は避けたいもの。

また、お通夜には、喪主、遺族、参列者という大きく分けて、3つの立場の人たちがいます。それぞれ、故人との関係性が異なりますから、お通夜の作法としては、自分の立場にふさわしい服装を心がける配慮も必要。

このように、服装や準備の段階から、TPOを見分けて進めるものの、お通夜の作法は一つではないため、自分がどう振る舞えばいいのか、悩んでしまう人も多いですよね。そこで今回は、TPOで見分けるお通夜の作法、基本のポイントを7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【お通夜のマナー】参列する際に気をつけたい5つの事柄

【お通夜のマナー】参列する際に気をつけたい5つの事柄
どなたかが亡くなって、お通夜に参列することになった際に気になることといえば、お通夜のマナーってどういった事に気をつければよいのだろう・・・ということですよね。通常、人が亡くなると、(仮通夜)・お通夜・葬儀、告別式といった順番で執り行われていきます。

仮通夜はない場合もありますが、近年では昼間に行う葬儀、告別式に参列することは難しいけれど、夕方から行われるお通夜になら参列できるという方が多い傾向にあります。

お通夜に初めて参列することになった・数回行ったことはあるけれど、前回参列したのはかなり前で覚えていない・何回参列しても慣れなくて、毎回お通夜のマナーが気になる・・・。そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、お通夜に参列する際に気をつけたい事柄を5つに分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー

社会人なら知っておきたいお通夜での5つのマナー
「お通夜のマナーを一から教えて」と聞かれて、スラスラと答えられる人は少ないですよね。もちろん、経験したことがある人なら言えるかもしれませんが、そのような機会は学生の間ではなかなか訪れないのが現実です。しかし社会人になると、そのような場に出席しなければならないことが多々あります

実際にそのような場に行くことになり、直前になって慌ててお通夜でのマナーを調べる、もしくは参加して知らなかったがゆえに恥をかいてしまう、なんていうことにならないように、お通夜に参加することになる前から、マナーの知識は頭の中に入れておく必要があります。

そこで今回は、そんな社会人なら知っておくべきお通夜でのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

通夜と告別式ならどちらに参列?葬儀のマナー

通夜と告別式ならどちらに参列?葬儀のマナー
突然の訃報で急にお通夜に参列することになった場合、服装などはどうしたらよいものなのか、戸惑ってしまう方もいらっしゃいますよね。特に、経験の少ない若い方は、通夜を含めたお葬式のマナーや作法についてはわからないことも多くあることでしょう。

お葬式と呼ばれる儀式の中には、お通夜の他にも告別式といったものもあり、よほど親しい人以外ではこのいずれかに参列することが一般的ですが、これらについても、どちらに参列すべきなのか迷ってしまうこともあります。

また、お葬式も時代とともに変化しているので、若い方だけでなく、何度か葬儀に参列している方でも、その時々で戸惑うことが出てくることでしょう。

そこで今回は、お通夜と告別式の参列の仕方など、お葬式のマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]