お通夜のマナー。香典の金額と渡し方

お通夜のマナー。香典の金額と渡し方
急な知らせを受けたけれど、いざお通夜の香典の金額と渡し方について良く分からず、迷ってしまうとお悩みの方は少なくないですよね。弔事のマナーは簡単な様で難しいことが多いのです。

お付き合いの度合いは人それぞれ…その関係によって対応もその人その人で良いんじゃない?とクールでドライな近年の人間関係や人付き合いに照らし合わせれば、そのようなご意見もあるかもしれません。

そうはいっても、できることならマナー違反はしたくないもの。ご遺族に不快な思いをさせないよう、また周囲の人と足並みが揃わず恥ずかしい思いをしないよう、一度正しいマナーについて考えてみましょう。

そこで今回は、お通夜に参列する際の香典の金額と渡し方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お通夜の常識。失礼にならない服装と持ち物とは

お通夜の常識。失礼にならない服装と持ち物とは
お通夜の連絡は突然来るもので、それからバタバタと服装や持っていく物の準備をするものですが、ふと「お葬式ではなくて、お通夜の場合の服装は?」「子供も連れていくけれど、お通夜で子供は何を着るの?」と頭を悩ませることもありますよね。

また、仕事中に連絡を受けて、そのままかけつけなくてはならない場合には、さらにどのようにすればいいのかも悩みます。お通夜は急にかけつけることになりますが、そんな急な事態でもきちんとマナーに乗っ取った服装で故人との別れをしに行きたいものです。

そこで今回は、急な連絡をもらった時でも慌てずに済むように、お通夜に行くときに失礼にならない服装と持ち物についてお伝えします

[ →続きを読む… ]

知人のお通夜で渡す香典の金額相場

知人のお通夜で渡す香典の金額相場
社会人になると、突然の訃報で知人のお通夜に駆けつけることも少なくありませんが、そのお通夜の席で渡す香典の金額については悩んでしまうこともありますよね。急な訃報でも、礼儀正しく参加したいものですが、そんな時に気になってしまうのが「香典」です。

「急な参加だったので、香典の金額相場が分からず、後でかなり少なく入れてしまったことが分かってみっともなかった。」「お通夜で渡す香典袋の種類が分からず、恥をかいてしまった。」など、いざという時に恥ずかしい思いをしないよう、お通夜の香典について基本的なことは知っておきたいものです。

お通夜の香典の金額は、亡くなった方とのお付き合いの深さや、香典を贈る方の年齢によって異なります。そこで今回は、香典について今すぐ知りたい、または今後のために知っておきたいという方のために、香典を贈る方が20代、30代、40代の場合のお通夜で渡す香典の金額相場と香典の基本マナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お通夜のマナーで人が分かる。必ず守りたい7つの基本

お通夜のマナーで人が分かる。必ず守りたい7つの基本
お通夜のマナーは多くの作法のなかでも、最も意識して理解したいもの。お通夜のマナーを知らないが故に、知らずにとても失礼な態度でご遺族を悲しませてしまうこともあるのです。意図なくご遺族を悲しませる行為は、不本意ですよね。

例えば、お通夜の時、どうして故人が亡くなってしまったのか、尋ね回っている方を見かける事があります。気になるのはわかるのですが、お通夜では私語は慎み控えめにするのがお通夜のマナーです。

ご遺族に対してはお悔やみを述べる程度にし、動作などで悲しみを伝えるのが、お通夜のマナーですので、非常にぶしつけに感じられてしまうのです。

服装にしても、昔ながらのお通夜の席ならば、正式な喪服で行くより一か所不備な点を作るのが、お通夜でのマナー。他にも香典や通夜ぶるまいを誘われた時のお通夜のマナー、焼香の手順などがあります。

改めて考えると心配になりますよね。そこで今回は、お通夜でのマナーの基本を7つお伝えします。ぜひ、確認してみてください。

[ →続きを読む… ]

お通夜マナー、しっかり押さえて!間違えやすいタブーとは

お通夜マナー、しっかり押さえて!間違えやすいタブーとは
お通夜のマナーを十分知らなかったり、間違えてしまったりして周囲から見られて恥ずかしい思いをするのはもちろん嫌ですよね。また、それ以上に正しいマナーを守れずに、ご遺族に対して失礼に当たることも避けなければいけません。

お通夜のマナーを守らなくてはいけない理由は、お通夜は故人を供養し、最後のお別れをする大切な場だからです。

例えば、会社の上司の家族など、直接自分が面識がない人のお通夜に行くことになった場合、仕事上の付き合いなので、「しょうがないな…。」低いモチベーションで行くこともありますが、故人の遺族や近しい人にとっては大切な場だということを自覚しなくてはいけません。

そこで、今回はお通夜でマナー違反をしないために、間違えやすいタブーとその正しいふるまいを6つ解説します。

[ →続きを読む… ]