お葬式

葬式マナーについて

告別式マナー。意味合いとともに押さえる7つの基礎知識

告別式のマナーは、遺族への挨拶は受付の仕方、服装など多岐に渡るため、すべてを覚えるのは難しいですよね。ただ一方で社会人としては、それらのマナーを出来るだけ完璧に頭に入れておき、スマートに実践したい気持ちは皆あるもの。 ただ告別式は頻繁に参列する機会がある訳でもありません。告別式のマナーをせっかく覚えても、時間...
葬式マナーについて

香典を連名で渡す時。気をつけたい7つのマナー

香典を連名で渡すケースは、故人が勤務先の関係者やサークル等の友人の場合など、通夜や葬儀の席では多々あります。また故人と家族ぐるみでつきあいがある場合、連名にすべきかそうではないのか、というのも考えどころでよすね。 香典を連名にする時にも、やはりそこには気をつけたいマナーが存在します。礼儀を守ることももちろん必要です...
葬式マナーについて

知っておきたいお焼香の意味とその手順

葬式などに参列すると、「お焼香って何度すればよいのだろう?」とわからなくなってしまい、前の人を参考にすることがありますよね。若い人だと葬式に参列する機会も少ないですから、お焼香に戸惑う方も多いのではないでしょうか。 前に人がいれば、その人の回数にあわせてお焼香をすればよいのですが、自分が最初になってしまった場...
葬式マナーについて

お葬式のマナーは大丈夫?間違えやすい7つの注意事項

お葬式のマナーは最低限押えておかないと、いざ訃報の連絡があった時に、慌ててしまいますよね。訃報は、予期せず突然連絡が入ってくるもの。 お葬式のマナーは服装ひとつにしても「あれがない!」「これはどうしたらいいんだっけ?」と、準備をしていないどころか、何を準備したらいいのかもわからず、右往左往してしまうことになり...
葬式マナーについて

お焼香の仕方をおさらい。突然でも慌てない7つの基本

「お焼香の仕方」に戸惑うことってありますよね。冠婚葬祭の伝統を重んじる日本人ですが、いざお葬式に参列した際に「そう言えば、正式にはどうだったけ…」と思うことが多いのです。 「前の人のお焼香の仕方を真似すればいいや」と思う方も多いかも知れません。しかたし、マナーに則って順番を待っている時、なかなか前の方のお焼香...
葬式マナーについて

お焼香の仕方を押さえて参列。事前に確認したい基本

お焼香の仕方は通夜に参列するよりも前に、事前に確認しておくと安心ですよね。お焼香の仕方は、なんとなく流れはわかっていても、いざどういった順序ですべきかと聞かれると、自信がない方は多いもの。 学校で習うものでもありませんし、必ず親から学ぶことという作法でもありませんから、それは当然かもしれません。 しかし...
葬式マナーについて

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文

喪主の挨拶は、自分が遺族の立場で喪主となった時、いろいろな場面で必要があることに気が付くものです。特に葬儀では、参列して下さった方々に故人の意思や感謝の気持ちを伝える、大切な喪主の挨拶があります。 もちろん、基本の形できちんと感謝の気持ちを伝える、喪主の挨拶は大切ですが、「それではあまりにありきたりで、気持ち...
葬式マナーについて

お焼香の仕方、基礎知識。堂々と行う、手順とマナー

お焼香の仕方は、簡単ながら一定の手順やマナーがあります。けれども、そもそも葬儀に参列する機会も少ない昨今、「何となく」会場の周囲の様子を見て、お焼香を済ませて人々が増えているのです。 けれども、お焼香の仕方に限らず、マナーを改めて確認して当日に備えることは、もちろん自分自身も堂々と会場へ向かうことができますし...
葬式マナーについて

通夜マナーの基礎知識。参列前に知りたい7つの「常識」

通夜マナーはその時になって戸惑うもの。通夜に参列する時、服装や持ち物、何時頃に行けばよいのかなど、困ったことはありますよね。 例えば、「通夜での服装は、喪服以外で何でもよかったはず!」や「カバンやくつは黒色であれば、エナメル素材やスパンコールがついていても大丈夫?」他にも「遅れてはいけないから、早めに行こうと...
葬式マナーについて

お焼香のやり方、基本形。どこでも通用する7つの心得

お焼香のやり方は、葬儀に参列するなら必ず押さえるべきものですが、実は改めて確認した上で、理解している人は少ないものです。ついつい、「お焼香の時は、周りを見てみんなと同じにやれば大丈夫でしょう」なんて思ってしまいますよね。 同じようにお焼香のやり方を把握していない人々がほとんどですから、それを真似してお焼香をし...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは

お悔やみの言葉を、お通夜やお葬式で、親族を亡くされたばかりの方に伝えるとき、何と言っていいのか言葉に詰まってしまう事ってありますよね。日頃何気ない会話をしている間柄でも、普段と同じように話をするのはちょっと違います。 弔事での話し方に「お悔やみの言葉」があります。悔やみとは、人の死を悲しみいたむという意味。弔...
葬式マナーについて

お通夜マナー、しっかり押さえて!間違えやすいタブーとは

お通夜のマナーを十分知らなかったり、間違えてしまったりして周囲から見られて恥ずかしい思いをするのはもちろん嫌ですよね。また、それ以上に正しいマナーを守れずに、ご遺族に対して失礼に当たることも避けなければいけません。 お通夜のマナーを守らなくてはいけない理由は、お通夜は故人を供養し、最後のお別れをする大切な場だ...
葬式マナーについて

訃報は文例を参考に。伝えるべき基本の言葉と心遣い

訃報の文例は、大きな悲しみの中で、とても辛い連絡になる時の慌しい準備のなかで、必要な事項を押さえることができるため、参考にすると安心です。 訃報を伝えることは、誰しも気が重いことです。特に家族が亡くなった時には、葬儀を出す側として、伝えることが多々ある場合が多く、訃報の文例なしでは、何をどうしたらよいのか迷わ...
葬式マナーについて

お悔やみをメールで伝える。配慮が行き届く、7つのマナー

お悔やみをメールで伝えなくてはいけない場面では、どのような文章で送ればいいか悩みますよね。相手は、家族を亡くしたばかりですから、デリカシーのない内容やマナーが悪いメールの送り方をしてしまうと、相手を傷つける可能性があります。 訃報の連絡を喪主や遺族の方から直接受けた場合には、その時にお悔やみの言葉を伝えること...
葬式マナーについて

喪主の挨拶、それぞれの場面。押さえるべき構成と例文集

喪主の挨拶は、通夜や葬儀など、様々な場面で行われます。大切な方を家族を亡くして、さらに喪主となったら、悲しみの中でもその役目を全うしなければなりません。 非常に忙しくなりますが、通夜や葬儀などの様々な儀式においては、喪主がその流れを把握し、様々なことを決め、遺族の中心となって行動していく必要があるのです。その...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉を送る時。伝えるべきマナーと7つの心遣い

お悔やみの言葉を手紙にして伝えることは、多くの方にとってあまり経験のないことですよね。 この場合の手紙は「略式の挨拶」とされています。やむを得ない事情で通夜・葬儀・告別式に参列できない時に「弔問の代わりに」書き、遅くとも初七日までに、それを過ぎてしまってから訃報を耳にした場合は、なるべく早く届くように送るのが...
葬式マナーについて

お焼香のやり方は大丈夫?まず覚えたい基本の手順

お焼香のやり方に自信を持っている方は、あまりいないのではないでしょうか。仏式の通夜や葬儀では必ず行われますが、自分の順番が回ってくるまで、他の方のお焼香のやり方をじっくり見て「こうやればいいんだな」と確認をする方も多いです。 しかし何かの折に、周囲のお焼香のやり方が確認できないまま、自分の順番になってしまった...
葬式マナーについて

お悔やみの手紙を書く時。相手へ真心が伝わる基本マナー

お悔やみの手紙は、葬儀に出席できない場合や弔問に伺えないときに出す手紙のことです。そのため、実は「お悔やみの手紙を書いたことがない。」という人も多いですよね。 このお悔やみの手紙を書くときは、受け取る人の心中を察して真心を込めて書くことが大切です。また、お悔やみの手紙には使用してはいけない言葉もありますので、...
葬式マナーについて

お悔やみの言葉の伝え方。相手の心を思いやる7つの配慮

お悔やみの言葉を伝える場面は様々です。電話で訃報を知らされる場面や葬儀でご遺族に挨拶をする場面、また、葬儀が終わって人伝いに聞いてご遺族の自宅に弔問する場面など、お悔やみの言葉をご遺族に伝える時は相手の気持ちに配慮したいですよね。 お悔やみの言葉をご遺族に伝えるのは、相手との関係性がどのようなものでも緊張する...
タイトルとURLをコピーしました