結婚式の余興で大失敗!これだけは避けたい5つの演出

結婚式の余興で大失敗!これだけは避けたい5つの演出
結婚式の余興は、式を盛り上げるためにも新郎新婦に恥をかかせないためにも、失敗はしたくないですよね。ですが、いざ結婚式の余興を頼まれると、どういう出し物をするかは、非常に迷うところです。

盛り上げるには、凝ったものをする方が良い気もしますし、シンプルなのも悪くない感じがします。色々と考えたうえで、結婚式の余興を何にするが決めますが、ただこれだけは絶対やってはいけないものというのがあります。

そうとは知らずに、結婚式に花を添えられると思いその余興をしてしまったら最悪です。結婚式がしらけて台無しになってしまいます。そうならないためにも、NGとなる演出を理解しておきましょう。

そこで今回は、結婚式の余興で避けるべき演出についてお伝えします。

下ネタや脱ぐのは厳禁

この失敗は男性がやってしまうことですが、結婚式の余興を下ネタや裸に近いかっこうで行ってはいけません。下ネタは、露骨なのは問題外ですが、それを連想させてしまう言葉も使ってはいけません。

裸の格好も煙たがられますので、裸芸人のものまねをするのもやめた方がよいでしょう。どちらも、盛り上げようとしてやっているのは分かりますが、新郎新婦を含め会場にいる人、ほぼ全員がドン引きです。

仮にウケるとしても、ごく一部の男性だけです。結婚式の余興は、仲間内でやる飲み会や二次会ではありません。結婚式という神聖な儀式の一部ですので、下品な出し物は絶対避けるようにして下さい。

 

カラオケも要注意

結婚式に限らず、カラオケは余興の定番ですが、これも一つ間違えば大失敗になります。「えっ、カラオケもダメなの」と思われるかもしれませんが、カラオケ自体は余興として申し分ありません。ただし、ある条件で行ってしまうと、目に余る結婚式の余興になってしまうのです。

その条件は、二つあります。

一つは音痴な人が歌うことです。カラオケは歌が好きなだけではダメで、上手くないと余興として成功しないのです。歌っている本人は悪くないのですが、カラオケは歌に自信がある人が行うことで成功します。

もう一つは、結婚式にふさわしくない選曲をして、雰囲気を壊すことです。なので、決して暗い曲やロックのような激しい別れの曲を選んではいけません。ましてや、別れの曲なんてもってのほかです。

いくら、歌に自信があり自分の十八番だとしても、結婚式ということを意識して、ポップで祝福の気持ちが伝わる曲を選択しましょう。

 

内輪ネタを披露する

結婚式の余興で、新郎や新婦のエピソードを披露して、盛り上げることは多くあります。ですが、その内容が内輪ネタになってしまうと、雰囲気は盛り上がりとは正反対になります。

内輪ネタというのは、たとえエピソードが面白くても、関係ない人はしらけますし、話にもついていけません。そして、元カノや元カレの話をしたら、もう最悪です。結婚式では、異性の話をすることじたいがタブーのうえに、主役である新郎新婦が気まずくなってしまいます。

会場にいる人全員が楽しめてこそ、結婚式の余興が成功しますので、内輪ネタではなく全員が楽しめる出し物にしておきましょう。また、たとえアルコールが入ろうと過去の恋愛については、絶対に話してはいけません。

 

振付やダンスがグダグダになる

数人の友人が集まって、振を付けながら歌ったり、近年のブームの影響でダンスを披露する人も多いことでしょう。振付やダンスがビシッと決まれば格好良いですし、結婚式の余興も大成功ですが、あまりにグダグダだと大失敗で終わってしまいます。

プロではありませんので、少し動きが揃わなかったり間違うくらいは、愛嬌として見てもらえますので、何の問題もありません。ですが、練習不足が手に取って分かるようなできで、振付でもダンスでもバラバラでちぐはぐだと、さすがに盛り上がれません。

一人ではなく、仲間と行う余興は練習をしっかりと行い、スムーズに流れるように動けるようにしておきましょう。

 

無駄に長い

NGの演出は避け練習もみっちり積んで、自信満々で結婚式の余興を披露しても、時間が長過ぎると会場は白けてしまいます。たとえ、どんなに素晴らしい内容でも、時間が長いと集中力が途切れてしまい、いつしか誰も余興を見てくれません。

なので、余興の内容は、無駄に時間が長くならないように、考えて決めるようにしていきましょう。また、時間が長いのは結婚式が予定どおり進まなくなる可能性もあるため、避けた方がよいのです。

余興の時間は、5分を目安にして内容を組み立てていきましょう

 

このように、結婚式の余興はどんなことをやるにしても、一つ間違えば大失敗に終わる可能性があるのです。なので、NGな演出を理解して避ける必要があるのです。

失敗するような余興をしないためには、結婚式という場を考えれば、分かることもあります。しかし、自分の実力を把握したり、しっかりと練習をしなければいけませんので、努力も必要になります。結婚式の余興が失敗する時は、それらを怠った時だけです。

余興は結婚式に一部に過ぎず、成功しようが失敗しようが式は滞りなく進みます。しかし、結婚式の雰囲気を決定づけるのは余興にかかっているため、とても重要なものでもあります。

なので、たかが余興と思わず、内容を真剣に考え練習をしっかりとしていきましょう。そうすれば、余興は絶対に大成功します。


連記事