気を配るとビジネスも円滑に☆上手に気遣いができるコツ

気を配るとビジネスも円滑に☆上手に気遣いができるコツ
気を配る力が身に付くと、ビジネス面でも良い出会いやチームができますよね。「私は空気が読めないから…。」と落ち込む方も見受けますが、気を配る「力」は勘だけではなく、経験や知識からも養えます。

ただ気を配る「技術」は、いわゆる勉強では学べないため、「空気が読めない人(KY)」などの言葉まで出てきてしまうのかもしれません。

確かに気を配るかどうかは頭ではなく、心の問題でもありますが、純粋に周りの人たちと和やかに仕事がしたい気持ちがあれば、後は知識と経験で積み重ねることができるのです。

でも難しく考える必要はありません。普段から気を付けて繰り返していれば、自然にできるようになってきます。そこで今回は、ビジネスの人間関係でも、上手に気遣いができるコツをお伝えします。



 

気を配るとビジネスも円滑に☆
上手に気遣いができるコツ

 

下心を持たない


自分の利益を中心に考えて、やたらと気を配る人は意外に好まれません。なぜなら、そういう人は人によって接し方を変えてしまうからです。

【 気を配るコツ①日ごろの気配りで訓練をする 】

★ あまりにもビジネス上の付き合い、もしくはビジネスマナーとして気を配ると思い込むと、本人はそのつもりがなくても、下心と捉えられてしまう傾向があります。

・ コツとしては日常生活のなかで日ごろから、誰に対しも変わりなく気配りを繰り返しながら、癖にしてしまうことなのです。

家族や同僚、仲間など、普段から笑顔と聴く姿勢を持つことで、ビジネスでも同じように、自然な対応ができるようになります。

 

人を選ばない


ビジネス上の人間関係を意識してしまうと、ついつい上下関係とか、今後も付き合いがあるかどうかを気にしてしまうのが人間です。

しかし、そういう目で人を見ないように「意識」するだけで、誰にでも自然に気を配ることができ、その自然さが好感度に繋がります。

【 気を配るコツ②自分の心を顧みる 】

★ 今まで、ついつい上下関係を気にしてしまったり、目上の方と接する時に必要以上に緊張してしまうことはなかったでしょうか。

・ そんな時には反対に、自分にとって利益がなさそうな人に対して、自分がどう接していたのかを顧みることで、目上の方への緊張も解消されたりします。

自分が後輩や利益がなさそうな相手に対して、礼儀を持って接していると、自然と自分の周囲の目上の方々も、そのような人だと感じて、自然な敬意を表すことができるので、ぜひ試してみてください。

 

上司の人間関係をよく観察する


上司の事を嫌いだと言って煙たがる人は多いですが、なんだかんだ言って、その役職に就いているのには理由があります。たまに年功序列や親族優先の選び方もあるかもしれませんが、基本的には能力により選ばれているのではないでしょうか。

気を配るという面でも、それなりにできなければ役職には就けません。上に行けば行くほど求められるスキルです。是非、上司をよく観察し、気を配る方法を学んでください。

【 上司を観察して、気を配るコツを得る 】

★ 可能なら直属の上司だけでなく、幾人かの役職についている方をよく観察するようにお勧めします。

・ きっとそれぞれの気を配る方法について、共通するものが見えてくるので、ぜひその方法を取り入れてみてください。

 

嫌いな人にこそ気を配る


嫌いな人には、できるだけ接したくないのはだれでも同じです。そして、嫌いな人を好きになれ、というのは現実的ではありません

しかしビジネスマンとしての人間関係であれば、嫌いな人とは接しないように過ごしてしまうと、いつしか仕事に悪影響を及ぼします。円滑に仕事はできなくなってしまいかねません。

【 嫌いな相手に気を配って、訓練をする 】

★ むしろ、嫌いな人に気を配ることができるなら、人間的に大きく成長できるという事に目を向けてください。具体的には、嫌いな中にも褒めれるところを見つけることです。

・ それができると、嫌いな人と接する時に余裕ができ、余裕があると、周りをリラックスさせることができます。

それは、会社全体の仕事の質の向上に貢献するに違いありません。

 

叱られた時に気を配る


非常に難しいことではありますが、叱られた時のように、普通では気を配るなんて気持ちにならない時にこそ、真価が問われます。特にネガティブな感情には負けないことが、何よりのコツです。

【 叱られた時の対応の重要性 】

★ 大抵、叱られた後にどう対応するかが、ビジネスマンの価値を上げます。

・ 見方をしっかり持っていれば、叱られることは自分の益になるのです。そこに目を留めてください。

また、全てのケースがそうとは言えませんが、基本的には叱る方は叱りたくて叱っているのではありません。叱る方も辛いのです。でも、会社のために、また部下や同僚のために心を鬼にして叱っているケースがほとんどです。

【 叱られた時こそ、気を配る 】

★ 叱る側の気持も考えて気を配り、嫌な役割を担ってくれていることに感謝できれば、より話しやすい関係性が生まれて、良い仕事に繋がります。

・ まず、言い訳や弁護の言葉は控え、叱られている時は自分の言い分を言いたくなりますが、そこをグッとこらえる「訓練」をしてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか、気を配ることでビジネスを円滑にするコツを掴めば、自然と良い物事が連鎖的に起きてきます。何事もそうですが、気を配ることに関しても基本は、自分ならどうしてもらいたいかを考えることではないでしょうか。

その考え方は相手の事を思いやることにつながり、それを意識することで、相手への理解が深まれば深まるほど、より気を配ることが自然にできるようになります。この自然さはとても大切です。

自然にできるようになれば、気を配ることにメリットがあるかどうかなんて問題になりませんし、人によって態度を変えることもなくなります。

そして、自分が辛い思いをしている時でさえ、気を配ることが可能になるのです。これはビジネスマンとして、素晴らしいスキルを磨いている証でもあります。絶大な信頼を得ることにつながるに違いありません。

自分の心の状態をよく整え、誰に対しても気を配り、ビジネスを円滑に進められるように努力してください。

まとめ

気配りができるようになるコツ

・日ごろから気配りができる訓練をする
・後輩や他人にこそ、気配りをする癖を付ける
・役職に付いている人の気配り術を真似する
・嫌いな人にこそ気を配る
・叱られたら感情に負けず、気配りをする


連記事