心に刺さる弔辞の作り方。盛り込む内容と言葉選びのコツ

心に刺さる弔辞の作り方。盛り込む内容と言葉選びのコツ
『弔辞』とは故人と生前に親交のあった人が、会葬者を代表して故人に捧げる大切な弔いの言葉です。これは1人、或いは極少数の人に対しご遺族が依頼するものですから、責任が思いと感じるのも無理はありませんよね。そもそも、その様な場で会葬者のすべきことは、故人への死を悼む気持ちと、大切な方を亡くし哀しみに暮れているご遺族への慰めの気持ちを伝えるのが肝心です。ですから、通夜や告別式の場面での弔いの言葉に最も大切なのは、故人やご遺族に対する深い思いやりの気持ちと言えるでしょう。

そのような大事な場面だからこそ、ご遺族、故人、他の会葬者の方々に失礼のないようにするのは基本中の基本。弔辞のマナーやルールは、押さえておく必要があります。そこで、今回は「心に刺さる弔辞の作り方」として、弔辞の内容や言葉選びのコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで
人が死ぬときは予想がつかないものですから、突然弔辞の依頼を受けることもありますよね。そのような時に、自分がどのような立場でどうして選ばれたかなどを良く理解して、話をまとめるのことが大切となりますが、重要なのは自分の中にある故人への思いを素直に言葉にすることです。

ただ、それ以前の問題で、突然の訃報で頭が真っ白になってしまい、弔辞の内容が全く思いつかず悩んでしまう人は多いものです。弔辞にも例文のようなものがあるので、気が動転して思いつかない時には一先ずそれを参考にしてみるのも良いでしょう。また、弔辞を考える上でキーワードとなる言葉を盛り込むと作成しやすくなります。

そこで今回は、悩みがちな弔辞について、キーワードとなる5つの言葉を例にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文

礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文
弔辞を依頼された時、例文があると助かりますよね。弔辞というのは遺族からの依頼で選ばれた人が故人の霊前で別れを惜しむお別れの言葉です。突然の悲しい知らせに気が動転する中、礼を尽くす文章は中々思い浮かばないものです。

年を重ね人間関係も広くなると弔辞を読む機会も増えてくるかもしれません。いざというときに役立つ弔辞の例文を事前に心得て参考にすれば、当日は落ち着いて故人に語りかけお見送りもできることでしょう。

弔辞の例文を参考に普段故人と話していたように語りかける気持ちで書くと聞いている方々へもその気持ちが伝わります。ぜひ故人の人生に触れるような弔いの言葉を用意したいものです。そこで今回は礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー
故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。ですが、人の不幸というものは突然訪れるものですから、弔辞を頼まれた人は、悲しみに暮れる中で考えることになり、戸惑ってしまうことも少なくありません。

弔辞は、故人が親しかった友人や恩師など、特にお付き合いの深い関係のある人が読むことが多く、そういった人が弔辞を読みたいと遺族に申し出ることもあれば、遺族から弔辞を読んで欲しい人に頼むこともあるでしょう。

弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀です。しかし、初めての弔辞となれば、どういった言葉で故人や遺族に気持ちを伝えるかはもちろん、葬儀をスムーズに行うためにも、マナーが気になるところです。

そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないための5つのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選
親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。弔辞はご霊前で事前にご遺族から依頼された人が読み上げるというのが一般的で、いわば友人知人の代表です。自分にはなかなか縁のないものと思っていても、年齢を重ねていけばそのような機会が巡ってくる可能性もゼロではありません。

そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。折角の機会ですから、是非ご遺族へ、そして何より親しくしていた故人に対してのありったけの思いを伝えることができればとても素晴らしいですよね。思いを文にのせて、大切な方へ最後のお別れをして差し上げましょう。

[ 続きを読む… ]