弔辞

葬式マナーについて

心に刺さる弔辞の作り方。盛り込む内容と言葉選びのコツ

『弔辞』とは故人と生前に親交のあった人が、会葬者を代表して故人に捧げる大切な弔いの言葉です。そこで今回は「心に刺さる弔辞の作り方」として、弔辞の内容や言葉選びのコツについてお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞に使える5つの言葉。定型文からオリジナル案まで

人が死ぬときは予想がつかないものですから、突然弔辞の依頼を受けることもありますよね。しかし突然の訃報に頭が真っ白という人もいることでしょう。そこで今回は、弔辞についてキーワードとなる5つの言葉を例にお伝えします。
葬式マナーについて

礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文

弔辞を依頼された時、例文があると助かりますよね。突然の悲しい知らせに気が動転する中、礼を尽くす文章は中々思い浮かばないものです。そこで今回は礼を尽くす弔辞の書き方。初めてでも安心な5つの基本例文をお伝えします。
葬式マナーについて

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀。そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないためのマナーをお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー

弔辞を依頼されたら準備時間はあまりありません。短い時間の中で失礼無いようにするには、基本を理解すると安心ですよね。そこで今回は、弔辞を頼まれた際にまず確認したい、文章構成の基本とマナーをお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞の文章構成と例文。基本と押さえるべきマナーを解説

弔辞の役目は大役。初めて頼まれたら誰もが戸惑うものですが、長さや形式に一定の決まりがあるなら、少しは安心しますよね。そこで今回は、準備前の時に知っておくと便利な、基本的な構成とポイントお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文

弔辞を頼まれたら、慌てずに基本構成に沿って原稿作成すれば、まずは問題ないものの、読み上げるのは一回限り。できるだけしっかりと準備をしたいですよね。そこで今回は、基本構成や例文を項目別にお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞を頼まれた時の準備。基本的な構成とそのポイント

弔辞を喪主や遺族の方から依頼されたら、よほどやむを得ない事情がない限り承諾するのがマナー。しかし不慣れな人にとって、基本や構造すらわからないですよね。そこで今回は、参考になる基本的な構成を解説します。
葬式マナーについて

弔辞を初めて頼まれた時。困ったら参考にしたい例文集

弔辞は人の死を悼む気持ちを表すとともに、遺族の悲しみを慰めるための言葉でもあります。原稿(弔辞)は手元にありますが、文章の組み立て方に迷う方もしばしば見受けられます。そこで、今回はそんな時のために、弔辞で使うことのできる例文をお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞の基本をおさらい。文章の作り方と構成別7つの例文

弔辞は、故人へ捧げる最後の言葉。故人に呼びかけるものですが、参列者に伝わる言葉で伝えなければなりません。そのため、弔辞には基本的な文章構成があります。ここでは、その基本構成を解説しつつ、故人とあなたの関係別に相応しい例文を7つお伝えします。
葬式マナーについて

弔辞を頼まれたら知りたいマナー。奉読7つの手順と作法

弔辞は故人と特別に親しい関係であるからこそ、選ばれるもの。もちろん弔辞を読む機会は、人生でもそんなに多くはありませんから、言葉選びが不安な人も多いです。今回は弔辞を依頼された時にも安心できる、基本の奉読作法を7つの手順に沿って解説します。
社会人としてのマナー

弔辞文例を立場別に分類。マナーある言葉で真心を伝える

弔辞文例を参考にしつつも、真心を込めた自分らしい弔辞、理想的です。弔辞は故人との関係や立場によって内容を選ぶ必要があります。またご遺族や参列者の方々への配慮も必要。そこで今回は立場に配慮しながら、真心を込めた弔辞文例をいくつかお伝えします。
法事でのマナー

弔辞文例は真心を込めて。美辞麗句で終らない7つの言葉

弔辞文例を参考に事前に準備をし、弔辞を述べる事例が多いです。しかし文例では仰々しい言葉が多く、形式ばかりにとらわれてしまい、本心が伝えられません。そこで今回は、真心を込めた弔辞文例をお伝えします。美辞麗句にならない言葉で故人を偲びましょう。
法事でのマナー

弔辞は例文をアレンジ☆参考にしたい基本の言葉7つ紹介

最後のお別れの言葉である弔辞。実はメッセージを並べる形式があります。どのように書くべきなのか迷いますね。本記事では、例文をそのまま読み上げることになりやすい弔辞を、より心のこもったものにできるよう、アレンジできるポイントをご紹介します。
法事でのマナー

弔辞の基本例文とマナー、これだけは知っておくべき事とは

弔辞を依頼された時にまず考えたいのは、基本の例文とマナーです。まずはきちんとマナーを守り、また基本の例文をおさえてから自分だけの弔辞を考えたいものですね。どんな弔辞にしたらいいのか、その基本の例文とマナーをしっかり勉強しておきましょう。
法事でのマナー

弔辞の作成ポイント、これだけは気をつけたい7つの事

弔辞はお葬式でも重要な場面。冠婚葬祭のなかでも特に葬儀は、遺族の方々が悲しみを思えば、マナーには慎重になりたいものですね。弔辞の依頼に慌てずキチンと対応できるよう、今回は弔辞の作成で押さえておくべき、マナーのポイントを7つお伝えします。
弔電マナーについて

弔辞の例文を紹介!故人と自分との関係別・7つのテンプレ

弔辞とはこれから旅立つ人へのお別れの言葉。故人との付き合いが長かった人の中から選ばれます。故人の人柄や功績などを交え簡素に解りやすく述べることが重要です。友人関係や学校関係、会社関係など故人との関係別に弔辞の書き方を例文を交えご紹介します。
社会人としてのマナー

弔辞の例文をケース別にご紹介!故人を偲ぶお別れの言葉

人の死を悼む気持ちを表すための最も大切で一般的な言葉である弔辞。もしあなたが弔辞を依頼された時は一体どのように話せば良いのかで悩むことも多いのではないでしょうか。弔辞とはどういうものなのかを、例文を交えて簡潔に説明していきたいと思います。