初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー
故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。ですが、人の不幸というものは突然訪れるものですから、弔辞を頼まれた人は、悲しみに暮れる中で考えることになり、戸惑ってしまうことも少なくありません。

弔辞は、故人が親しかった友人や恩師など、特にお付き合いの深い関係のある人が読むことが多く、そういった人が弔辞を読みたいと遺族に申し出ることもあれば、遺族から弔辞を読んで欲しい人に頼むこともあるでしょう。

弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀です。しかし、初めての弔辞となれば、どういった言葉で故人や遺族に気持ちを伝えるかはもちろん、葬儀をスムーズに行うためにも、マナーが気になるところです。

そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないための5つのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選
親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。弔辞はご霊前で事前にご遺族から依頼された人が読み上げるというのが一般的で、いわば友人知人の代表です。自分にはなかなか縁のないものと思っていても、年齢を重ねていけばそのような機会が巡ってくる可能性もゼロではありません。

そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。折角の機会ですから、是非ご遺族へ、そして何より親しくしていた故人に対してのありったけの思いを伝えることができればとても素晴らしいですよね。思いを文にのせて、大切な方へ最後のお別れをして差し上げましょう。

[ 続きを読む… ]

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー
「弔辞」とは葬儀にて、故人と生前親しかった人が読み上げる言葉。御霊前で故人との思い出を懐かしみながら、永遠の別れに対する悲しみや想いを言葉にしていきます。

一般的には遺族側から依頼をされた人が、弔辞を考えて読み上げるもの。葬儀の規模にもよりますが、大体3~5人ほどが選ばれます。

遺族の方々から弔辞を依頼されると光栄な気持ちと共に、絶対に失礼があってはならないというプレッシャーも感じるはず。ただ、お葬式はあらかじめ分かることではありません。

そのため、弔辞を依頼されてから実際に読み上げるまでの時間は、あまりありません。そのような短い時間の中で、失礼の無いようにするためには、弔辞の基本を理解しておくと安心ですよね。

そこで今回は、弔辞を頼まれた際にまず確認したい、文章構成の基本とマナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けない弔辞の基本、ぜひ確認してみてください。

[ 続きを読む… ]

弔辞の文章構成と例文。基本と押さえるべきマナーを解説

弔辞の文章構成と例文。基本と押さえるべきマナーを解説
弔辞の役目は、葬儀においてクライマックスを担う大役。もし、自分が初めて弔辞を頼まれたら、戸惑ってしまいますよね。弔辞を喪主、もしくは遺族から頼まれた場合、原則お断りするのはマナーとして良くありません。頼まれたら覚悟を決める必要があります。

ただ、初めて弔辞を作って話す場合、何から準備していいかわからないという人が多いもの…。有名人の葬儀のシーンがテレビなどで映し出されると、生前の親友が弔辞を読んでいます。

そのなかには紙を見ながら話す人もいれば、何も見ずに話している人とさまざまで、何が正しいのかもわかりづらいのではないでしょうか。しかし、弔辞の構成は基本的にある程度、型が決まっています

また、長さや形式についても決まりがあるとなれば、少しは安心しますよね。そこで今回は、弔辞を準備する時に知っておくと便利な、基本的な構成とそのポイントお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文

弔辞を述べる時。準備前に確認したい構成と7つの例文
弔辞を頼まれることは、故人の功績をよく知る立場の方や、人となりを語ることのできる方に依頼されることを考えると、実はとても名誉なことですよね。遺族からの信頼の証でもあるので、快く引き受けるのがマナーです。

しかし、それが初めての経験だとしたら、どのような事をどういう形式で語ればよいのか、迷う方々も多いはず。でも、さほど問題に思う必要はありません。弔事には一定の形式があるからです。

ただ、確かにその構成に沿って原稿を作成すれば問題はないのですが、読み上げるのは一回限り。できるだけしっかりと準備をしておきたいですよね。そこで今回は、弔辞の構成や例文を、7つの項目に分けてお伝えします。

弔辞は故人へ語りかけるもの。本記事でお伝えする例文と、基本構成を確認しつつ、自分の言葉も交えて、心を込めた弔辞を述べてください。

[ 続きを読む… ]