喪主

葬式マナーについて

喪主の挨拶で伝えるべき内容とは?5つの構成ポイント

通夜や告別式に参列された方々に対する喪主の挨拶は、お葬式における喪主の重要な役割の1つですよね。しかし、突然のお葬式、人前で話すことに慣れている方は別として、印象的な挨拶などすぐにはできないもの。そこで今回は、喪主の挨拶で伝えるべき内容と、その例文や工夫の仕方についてお伝えします。
日常生活に使える知識やマナー

永代供養が終活で注目される理由。そのメリットと注意点

永代供養は終活で今注目されています。生前に自分の眠る場所を決めることができ、料金も払って契約を完了!終活をしている者としては確かに安心ですよね。そこで今回は、永代供養のメリットと注意点をお伝えします。
葬式マナーについて

直葬が注目される近年の事情。選ぶ前に心得る7つの事柄

直葬とはごくごく故人に近い人々のみで、宗教色もなく「火葬」で見送るシンプルな弔い方。注目されているものの一般的ではない直葬、滞りなく進めたいですよね。そこで今回は、直葬の心得7つの事柄をまとめました。
葬式マナーについて

香典返しの選び方。事前に理解しておきたい7つのマナー

香典返しは、さまざまな方々が参列するため、故人のためにも失礼のないマナーでお返ししたいものの、何かとバタバタとしがちで迷ってもいられないですよね。そこで今回は、香典返しの品選びのマナーをお伝えします。
日常生活に使える知識やマナー

遺産相続手続きで慌てない!意識して進める重要ポイント

遺産相続の手続きは、法律の専門家でもない限り、戸惑う方が多いもの。とは言え親族間のもめごとに発展したり、面倒な事態は避けたいですよね。そこで今回は、当事者が知りたい最低限の重要ポイントをお伝えします。
葬式マナーについて

告別式の挨拶。準備前に知りたい基本の構成とポイント

告別式の挨拶は大切なもの。突然訪れる葬儀の場ですが、参列者は故人を供養するため、わざわざ来てくださるのですから、失礼のない挨拶をしたいですよね。そこで今回は、挨拶文の基本構成とポイントをお伝えします。
葬式マナーについて

葬儀の挨拶、喪主の配慮。準備を見落としやすい場面と例文

葬儀の挨拶は、出棺前などの場面をイメージしがちですが、案内や応対など細やかなものまで、滞りなく進めたいですよね。そこで今回は、意外と準備を見過ごしがちな、喪主の挨拶の場面を、例文も添えてお伝えします。
葬式マナーについて

葬儀の流れを確認。知っておくと安心できる、喪主の一日

葬儀の流れを日ごろ気にする機会はありませんが、いざと言う時にはその知識があることで、後々まで納得できる選択が出来て心強いですよね。そこで今回は、一連の葬儀の流れを通夜から告別式まで大まかに説明します。
葬式マナーについて

通夜の挨拶には構成がある。押さえておきたい基礎知識

通夜の挨拶は難しそうにも感じますが、基本の構成を理解していれば、忙しいなかでも慌てることなく、伝えたい想いも盛り込んで、組み立てられますよね。そこで今回は、挨拶の構成を、文例を交えながらお伝えします。
葬式マナーについて

葬式の挨拶で伝えること。喪主が押さえる7つの基本例文

葬儀の挨拶は大切なものですが、普段と全く違う状況で自らの思いを的確に伝えることは、難しくなってしまいがちですよね。そこで今回は、葬式の挨拶で伝えることを場面別に7つに分け、基本的な例文をお伝えします。
葬式マナーについて

葬儀の流れと準備。もしもの時に備えたい7つの基礎知識

葬儀の流れは、経験がないと知る機会がありませんが、実際には突然の訃報を受けてから慌しく物事を進めなければなりません。納得できる供養をしたいですよね。そこで今回は、葬儀の礎知識を時系列にお伝えします。
葬式マナーについて

葬式の流れと事前準備。喪主や遺族が心得る事柄とは?

葬式の流れの確認は避けたいものですよね。けれども、家族が亡くなると通夜までの短い時間で、こなすべき事柄がたくさんあります。そこで今回は、臨終から通夜前までの流れと、喪主が理解したい事柄をお伝えします。
葬式マナーについて

葬式の流れを把握する。喪主が行う当日の7つの事柄

葬式の流れは喪主であれば、喪主のチェックが必要な事柄も多いだけに、ある程度は把握してスムーズに進めたいですよね。そこで今回は、葬式の流れで喪主が行う当日の事柄を、7つのポイントに絞ってお伝えします。
葬式マナーについて

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選

身内の不幸で喪主を務めることになると、「喪主挨拶」をする場が多くありますよね。しかし、前もって準備ができるものでもありません。そこで今回は、突然の不幸に喪主を務めることになった時に使える挨拶の文例をお伝えします。
葬式マナーについて

密葬を執り行う。喪主が進める7つの基礎知識

密葬は最近では、昔のイメージとは変わりつつありますが、喪主としては一般葬とは違う気配りで進めることで、スムーズに進行したいですよね。そこで今回は、密葬を執り行う際に押えたい基礎知識を7つお伝えします。
葬式マナーについて

密葬の進め方。喪主や遺族が押さえたいチェック項目

密葬は近親者のみで執り行えるため、最近一般層にも増えてきた葬儀スタイル。その進め方や一般葬との違いなど、喪主になると疑問が出てきますよね。そこで今回は、喪主や遺族が押さえたい密葬の進め方を解説します。
葬式マナーについて

喪主の挨拶、基本の心得。アレンジで真心添える7つの例文

喪主の挨拶なら葬儀社からアドバイスくださる言葉だけではなく、自分らしくアレンジを加えて真心を伝えたいですよね。そこで今回は、喪主挨拶の基本とともに参列して下さった方々に伝わるポイントをお伝えします。
法事でのマナー

初七日を執り行うために。喪主が押さえるべき7つの手順

初七日は四十九日と同様に、一般的に知られる法要の基本ですが、いざ喪主になるとどの様に進めればよいか戸惑う人も多いですよね。そこで今回は、喪主になっても慌てない押さえるべき7つの手順をお伝えします。
葬式マナーについて

喪主の挨拶基礎知識。基本的な7つの構成と組み立て方

喪主の挨拶は基本構成と作法があります。悲しむ間もなく慌しくなるお葬式。その基本構成に、自分の言葉を少し加える方法が安心です。今回は、失敗の心配がない挨拶を考えるために必要な基礎を解説します。