葬式の挨拶で伝えること。喪主が押さえる7つの基本例文

葬式の挨拶で伝えること。喪主が押さえる7つの基本例文
葬式の挨拶こそ、葬式においての喪主の多々ある仕事のなかでも、特に重要な位置を占めますよね。ただ、葬式での挨拶は一度ではなく、通夜や葬儀・告別式が進むにつれ何度か機会があるのではないでしょうか。

お世話になる方へ、参列してくれた方たちに対して、葬式の挨拶には様々な場面がありますが、悲しみで言葉が浮かんでこなかったり、そもそも人の前で話すことが慣れていなかったり…。

普段と全く違う状況では、自らの思いを的確に伝えること自体、どうしても難しくなってしまいがちですよね。そこで今回は、葬式の挨拶で伝えることを場面別に7つに分け、基本的な例文をお伝えします。

きれいな言葉や恰好のいいフレーズを使う必要はありません。今回の記事を参考にあなたらしい言葉で、葬式の挨拶を組み立ててみてください。

[ 続きを読む… ]

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー

弔辞を頼まれたなら。文章作成のポイントと7つのマナー
「弔辞」とは葬儀にて、故人と生前親しかった人が読み上げる言葉。御霊前で故人との思い出を懐かしみながら、永遠の別れに対する悲しみや想いを言葉にしていきます。

一般的には遺族側から依頼をされた人が、弔辞を考えて読み上げるもの。葬儀の規模にもよりますが、大体3~5人ほどが選ばれます。

遺族の方々から弔辞を依頼されると光栄な気持ちと共に、絶対に失礼があってはならないというプレッシャーも感じるはず。ただ、お葬式はあらかじめ分かることではありません。

そのため、弔辞を依頼されてから実際に読み上げるまでの時間は、あまりありません。そのような短い時間の中で、失礼の無いようにするためには、弔辞の基本を理解しておくと安心ですよね。

そこで今回は、弔辞を頼まれた際にまず確認したい、文章構成の基本とマナーをお伝えします。あまり大きな声で聞けない弔辞の基本、ぜひ確認してみてください。

[ 続きを読む… ]

葬式の挨拶、基本の例文。押さえておきたいマナーとは

葬式の挨拶、基本の例文。押さえておきたいマナーとは
葬式の挨拶には、ある程度決まった言い回しや例文がありますよね。もちろん、葬式では遺族の方に自分の気持ちを、自分の言葉で伝えたいと思う気持ちは大事ですし、それ自体に問題はありません。

ただ、遺族を悲しい気持ちにさせたり、不快な気持ちにさせたくはないもの…。葬式の挨拶は、通常の会話や挨拶と異なり、計り知れない悲しみの底にいる人に対してかける言葉だ、ということを忘れてはいけません。

言葉選びを厳選し、相手に失礼のないように、かつ、少しでも励みになるような挨拶をしなくてはいけないのが、葬式の挨拶。自分の言葉だけで伝えるのは難しいですよね。

そこで今回は、葬式で挨拶をする時に、基本の例文やマナーをきっちり押さえる事ができるよう、葬式の挨拶をする時に使える表現や例文を、7つのポイントでお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞の文章構成と例文。基本と押さえるべきマナーを解説

弔辞の文章構成と例文。基本と押さえるべきマナーを解説
弔辞の役目は、葬儀においてクライマックスを担う大役。もし、自分が初めて弔辞を頼まれたら、戸惑ってしまいますよね。弔辞を喪主、もしくは遺族から頼まれた場合、原則お断りするのはマナーとして良くありません。頼まれたら覚悟を決める必要があります。

ただ、初めて弔辞を作って話す場合、何から準備していいかわからないという人が多いもの…。有名人の葬儀のシーンがテレビなどで映し出されると、生前の親友が弔辞を読んでいます。

そのなかには紙を見ながら話す人もいれば、何も見ずに話している人とさまざまで、何が正しいのかもわかりづらいのではないでしょうか。しかし、弔辞の構成は基本的にある程度、型が決まっています

また、長さや形式についても決まりがあるとなれば、少しは安心しますよね。そこで今回は、弔辞を準備する時に知っておくと便利な、基本的な構成とそのポイントお伝えします。

[ 続きを読む… ]

暑中見舞いの書き方☆初めてなら確認したい基礎知識

暑中見舞いの書き方☆初めてなら確認したい基礎知識
暑中見舞いの書き方は、健康を気遣って贈る挨拶状だけに、キチンとした失礼のないものにしたいですよね。季節のお便りですから、暑中見舞いの書き方は年賀状と同じように、形式的なものに終始するイメージがある方もいるかもしれません。

確かに形式的な意味合いも強いのですが、ここ最近の夏はともかく暑く、過ごしづらさを感じている方が増えてきました。そんな時に自分のことを案じてくれる一枚のハガキが届いたら、誰でも嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

とはいえ、いざ準備を進めると「暑中見舞いの書き方、どうだったっけ…。」と、何となく理解していたつもりのものが、かなり曖昧だったことに気付くことも多いですよね。

そこで今回は、暑中見舞いの書き方について、確認しておきたい基礎知識をお伝えします。覚えておけば、きっといつまでも役に立つ内容ですので、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]