結婚祝いの言葉なら☆友人スピーチで役立つ7つの例文

結婚祝いのメッセージ☆親友に祝福が伝わる7つの例文
結婚祝いの言葉、友人スピーチで選ぶ場合には、少しユーモアを交えて会場を盛り上げながらも、真心が伝わるものにしたいですよね。真面目でかしこまった結婚祝いの言葉なら、例文をアレンジするだけでもある程度形にはなります。

けれども「ユーモアを交えた」結婚祝いの言葉は諸刃でもあり、ちょっとした行き過ぎで、マナーとしてはNGになってしまうこともあります。友人スピーチならエピソードトークは欠かせないものですが、新郎新婦に必ず確認しなければなりません。

これが「暴露トーク」になるのか「ユニークなエピソードトーク」になるのか…、その判断は難しいのです。できればゲストの誰もが嫌な気持ちになることなく、ウィットに飛んだ結婚祝いの言葉を選びたいですよね。

そこで今回は、友人がスピーチで伝えたい結婚祝いの言葉、いくつかのアイデアとポイントを、お伝えします。

[ →続きを読む… ]

お悔やみのメールを送る時。心遣いが伝わる7つの例文

お悔やみのメールを送る時。心遣いが伝わる7つの例文
お悔やみをメールで伝えるのは、マナーの上では正式なものではありません。訃報の知らせが入った時、通夜・告別式に参列できない場合はメールではなく、お悔やみの手紙を添えて香典を郵送します。

取引先や社員の家族の通夜・葬儀告別式に参列できない場合は、弔電を送るようにするのが本来のマナー。

ただ、そういった事を理解したうえで、親しい間柄であれば、お悔やみをメールで伝えることは、すぐに送ることができますし、相手も空いた時間でメッセージを見ることもできて、ひとつの配慮にもなります。

もちろん、大変な時期のとても便利なコミュニケーション手段にもなり得るのです。お付き合いの度合いにより、お悔やみのメールによって励まされたり、心に寄り添う内容であればありがたいものにもなります。時と場合によって、使い分けたいですよね。

そこで今回は、メールを送る時、相手の心に寄り添うような心遣いが伝わる例文を7つお伝えします。参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは

お悔やみの言葉、基本例文。場面別に見る伝え方マナーとは
お悔やみの言葉を、お通夜やお葬式で、親族を亡くされたばかりの方に伝えるとき、何と言っていいのか言葉に詰まってしまう事ってありますよね。日頃何気ない会話をしている間柄でも、普段と同じように話をするのはちょっと違います。

弔事での話し方に「お悔やみの言葉」があります。悔やみとは、人の死を悲しみいたむという意味。弔事でよく耳にする、「お悔やみ申し上げます」の一文には悔やんでも悔やんでも、悔やみきれないと言う思いが込められています。

このように、弔事でよく耳にする言葉など、いろいろな場面別に知っておくといざという時心を込めて伝えることができ、困らなくて済みますよね。

そこで今回は、お悔やみの言葉の基本例文場面別にお伝えします。ぜひ、参考にして、心が伝わるお悔やみの言葉を送ってください。

[ →続きを読む… ]

喪主の挨拶、それぞれの場面。押さえるべき構成と例文集

喪主の挨拶、それぞれの場面。押さえるべき構成と例文集
喪主の挨拶は、通夜や葬儀など、様々な場面で行われます。大切な方を家族を亡くして、さらに喪主となったら、悲しみの中でもその役目を全うしなければなりません。

非常に忙しくなりますが、通夜や葬儀などの様々な儀式においては、喪主がその流れを把握し、様々なことを決め、遺族の中心となって行動していく必要があるのです。そのような中でも、喪主の挨拶は大変重要な位置を占めます。

人によっては、多くの人々の前で話すのは苦手という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、通夜や葬儀に来てくれる方は、皆故人と最後のお別れをするために集まってくれただけに、礼儀をもって、心を込めた感謝の気持ちを伝えたいですよね。

そこで今回は、弔いの儀式における様々な場面での喪主の挨拶、その構成についてお伝えします。それぞれ例文も載せますので、ご参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

一周忌の挨拶に困ったら。恥ずかしくないマナーと文例

一周忌の挨拶に困ったら。恥ずかしくないマナーと文例
一周忌の挨拶は法要の施主にとって重要な仕事です。葬儀では、葬儀司会者がいますから、喪主がリードして進行する機会はあまりありませんが、一周忌法要では挨拶が進行の役割をしますし、司会者は一般的に用意しませんから、施主が担うことになるのです。

しかし、遠方に住んでいる親戚が多く、疎遠のために親戚しか参列しないとわかっていても、一周忌で挨拶をするとなると緊張しますよね。日頃親しくしない親戚に非礼な人だと思われたくないですし、参列者全員が気持ちよく故人を偲ぶことができるようにしたいものです。

そこで今回は、法要の雰囲気作りの重要なカギを握るといっても過言ではない施主が行う一周忌の挨拶について、経験がない人でも簡単に覚えられるようにポイントを抑えた文例について解説します。

[ →続きを読む… ]