結婚祝いのメッセージ☆ギフトに添えたい気の利いた一言

結婚祝いのメッセージ☆ギフトに添えたい気の利いた一言
結婚祝いのメッセージをギフトに添える時、あれこれ考えることってありますよね。2人の人生の門出です。ありきたりの結婚祝いメッセージではなく、相手の心に響くような、素敵な文章を贈りたい、と思うのも当然!

結婚祝いメッセージは、相手が友達、職場の上司、先輩、後輩、同僚、親戚など、贈る相手との関係性によって使い分けるのもちょっとした配慮です。仲の良い友達であれば、素直な気持ちを伝える「手紙」でも大丈夫ですが、上司や親戚となれば、結婚祝いメッセージにも、TPOに沿った距離感やマナーが不可欠なので、迷いもあるもの。

それでもマナーを守りつつ、何年経っても贈られた相手が忘れられないような、素敵な一言を添えたいですよね。そこで今回は、ギフトに添える相手が喜ぶこと間違いなし!の素敵な結婚祝いメッセージをお伝えします。

相手との関係性を考慮した上で、心から相手に喜ばれる気の利いたひと言を添えてください!



 

結婚祝いのメッセージ☆
ギフトに添えたい気の利いた一言

 

親友・友人には素直な気持ち


結婚祝いのメッセージを贈る相手が、親友や友人には素直な気持ちを表現したいもの。堅苦しくなく、少しばかりくだけた言い方をしても、問題ありません。言葉遣いも敬語でなくても、大丈夫です。

【 結婚祝いメッセージ:親友や友人 】

★ 例えば…

①「○○君と○○さんの結婚をお祝いして、カンパーイ!!

②「今度、新居にぜひお邪魔させてね」

③「○○さんだったら、いい奥さんになれるね」

…などなど。

思わず相手が「クスッ!」と微笑んでしまうような結婚祝いメッセージも素敵!ただし、式当日は本人が受け取り手とも限らないので、あまりハメを外した結婚祝いのメッセージは控えるようにすることをおすすめします!

 

上司や先輩に気をつけたいマナー


日頃、仕事等でお世話になっている職場の上司や先輩等の目上の方への結婚祝いのメッセージは、言葉遣いやマナーに気を付けることが大前提!よく使われる慣用句を組み合わせると、印象がグッと良くなります。

気を配る必要がありますが、仕事等で距離感が近い方には、普段の感謝や尊敬の気持ちをメッセージに添えた結婚祝いメッセージがぐっときます。特に、個人的なエピソードを加えることもおすすめです。

【 結婚祝いメッセージ:上司や先輩 】

★ 例文として…

①「○○さん、ご結婚おめでとうございます。入社してから、ずっとお世話になり、本当に感謝しています。」

②「○○主任、ご結婚おめでとううございます。仕事のバリバリできる主任は、私の憧れです。」

③「ご結婚おめでとうございます。お2人の人生の門出を心よりお喜び申し上げます。」

などが挙げられます。

上司や先輩とは言え、可愛がっている部下からの、慕う気持ちが込められた親しみある言葉は嬉しいもの。全てを馴れ馴れしくするのは禁物ですが、最後の文末に少し、親しみを込めるなどの工夫があっても、心をくすぐります。

 

後輩や部下へ込める気持ち


結婚祝いのメッセージを贈る相手が後輩や部下には、「これからも、見守っていくよ」との気持ちをこめて、温かいメッセージを贈ると喜ばれます。硬くなりすぎないメッセージがおすすめ!

【 結婚祝いメッセージ:後輩や部下 】

★ 例文として…

①「結婚おめでとう。お2人の結婚は、自分のことのように嬉しいです。」

②「ご結婚おめでとうございます。お互いに思いやる気持ちを大切にして、幸せな家庭を築いてくださいね。」

などの結婚祝いメッセージは喜ばれます。

誰でも「見守っている」「信じている」の存在がいるのは嬉しいもの。後輩や部下との関係が親しいものであれば、「あなたなら大丈夫!」の想いを込めた、結婚祝いメッセージは嬉しいかもしれません。

 

親族や親戚には新密度で選ぶ


結婚祝いのメッセージを贈る相手が、親族や親戚の場合は、どのような文章にすればいいでしょうか。親戚といっても、よく会ったりするか、滅多に会うことがないか等、自分との新密度が様々だと思うので、先方との親しさを考慮して、言葉選びをするのがポイント。

【 結婚祝いメッセージ:親族や親戚 】

★ 例えば…

・ 親しい相手なら例文として、

①「○○ちゃん、ご結婚おめでとう。幸せな家庭を築いてね。」

②「ご結婚おめでとう。○○君とは小さい頃から、よく遊んだね。あの小さかった○○君が結婚するなんて!月日が経つのは早いですね。」

などとちょっとしたエピソードを添えても!

・ それほど親しくない相手なら、

「ご結婚おめでとうございます。お二人の人生にとって最良のこの日を心よりお祝い申し上げます。幸せな家庭を築いてください。」

などもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。結婚祝いメッセージといっても、相手との関係性によって、その文章を変える必要があります。贈られた相手が不愉快にならないようにすることは当然ですが、何よりも、あなたの気持ちが込もった結婚祝いメッセージを贈ることが大切なのです。

2人の人生の門出を心からお祝いしてあげられる、気のきいた結婚祝いメッセージを添えてください。

また、おめでたいシーンですので、マイナスイメージを与えるような言葉は使わないことは、とても大切!例えば、「切れる・別れる・破れる・壊れる・割れる・冷える・離婚・流れる・寂れる・途絶える・死ぬ・亡くなる」などはくれぐれも避けなければなりません!

マナーに気を付けながらも普段の感謝の気持ちや、結婚しても仲良くしていきたい気持ちを、結婚祝いのメッセージに乗せちゃいましょう!

 

まとめ

結婚祝いのギフトに添えたい、メッセージ例文

・親友・友人には「○○さんだったら、いい奥さんになれるね」
・上司や先輩には「私の憧れです。」
・後輩や部下には「自分のことのように嬉しいです。」
・親族や親戚には「幸せな家庭を築いてね。」