残暑見舞いの送り方☆準備前に知りたい7つのマナー

残暑見舞いの送り方☆準備前に知りたい7つのマナー
残暑見舞いをハガキで送る機会が減りつつある現代ですが、暑中見舞いや残暑見舞いは頂いたら、やはりお返しをしますよね。残暑見舞いは、遠方に住む友人やお世話になった人に、特段用事がない場合でも、お互いの近況を報告し合うための連絡手段としてとても有効です。

友人や知り合いに手紙を出す時、「マナーを気にしたことなんてない!」という方々も多いのですが、実は残暑見舞いには書き方や送り方に、一定のマナーがあるのです。

ただ、これまで一度も残暑見舞いを送ったことがない人は、暑中見舞いとの違いや書き方など、基本的なマナーもよくわからないですよね。そこで今回は、年に一度の季節の挨拶や、お互いの近況を報告し合う貴重な連絡手段、残暑見舞いマナーの基本を7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

残暑見舞いの時期☆挨拶を送るなら押さえる7つのマナー

残暑見舞いの時期☆挨拶を送るなら押さえる7つのマナー
残暑見舞いの時期は、いざ具体的に送るとなると、案外迷うものですよね。メールや電話、インターネットを通してのやり取りが多くなっている今だからこそ、手紙やハガキで自分の想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

メールや電話などの伝達手段は、気軽に気持ちを伝えることが出来ますが、1文字1文字に想いをしたためて書いていく手紙やハガキと同じように、想いが伝わるかというと、何とも言えません。

そんな時、労わりや気遣いの気持ちを文章に込めた残暑見舞いを、時期的にもバテがちな頃だけに、気持ちを届けたいですよね。そこで今回は、お中元のお礼状としても送られることの多い、残暑見舞いの時期やマナーを詳しくお伝えします。

残暑見舞いは時期や、書き方の基本的なマナーが…。一度確認しておくと安心です。

[ 続きを読む… ]

残暑見舞いを送るマナー☆その時期や内容、基礎知識

残暑見舞いを送るマナー☆その時期や内容、基礎知識
残暑見舞いは、昔から続くご挨拶の習慣。メールや電話が主流となっている世の中ではありますが、やはり手元に手紙やはがきが届くのは嬉しいものですよね。

「そういえば、あの人元気にしているかしら?」「最近会っていないな」という人がいたら、ぜひ近況を報告し合ってはいかがでしょうか。日本には一年を通して、さまざまなご挨拶のお便りを送る習慣があるのです。

夏の暑さが落ち着いた頃に出す、というイメージがある残暑見舞い。しかしよく考えると、正確な時期や内容などについて、曖昧な人も多いのです。しかしながら、社会人として挨拶をするなら、時期や作法を理解して送りたいですよね。

そこで今回は、残暑見舞いを送る時期や内容など、知っておいて損はない残暑見舞いの基礎知識をお伝えします。ぜひ参考にして、日頃お世話になっている、気になる知人や友人に、挨拶の残暑見舞いを送ってみてください。

[ 続きを読む… ]

面接の仕方をおさらい☆前日にチェックする7つの流れ

面接の仕方をおさらい☆前日にチェックする7つの流れ
面接の仕方は何度練習をしても不安になるものですよね。受付やドアノックからの入室まで、ひとつひとつの動作に正式な面接の仕方があり、どの作法も押えながら、しかも自然にこなさなければならない、となれば、不安になるのも当然です。

この面接の仕方をソツなくこなすためには、やはりできるだけ多くの練習や場数を踏むことが一番ですが、できることなら、最初の面接から作法をキチンと押えつつ、スマートな所作で一目置かれたいもの。

そのためにも、前日にもう一度、面接の仕方の流れをおさらいしながら、イメージトレーニングをする方法はおすすめ!事前に流れをおさらいして、安心して当日を迎えたいですよね。

そこで今回は、安心して挑めるために、事前にチェックしておさらいできる、面接の仕方をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

残暑見舞いの文例☆初めて送る時に便利な7つの基本

残暑見舞いの文例☆初めて送る時に便利な7つの基本
残暑見舞いの文例があれば、初めてで作法が不安でも、より気軽に送れそうですよね。残暑見舞いとは、立秋(毎年8月7日頃)から8月いっぱいまでの間に、相手の健康を気遣って贈り物を贈ったり、ハガキを出すことを指します。

この時期は暦の上では秋とは言え、一年の中では最も暑い時期。そんな時にふと自分を気遣ってくれる便りが届いたら、誰でも嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

しかし、初めて残暑見舞いのハガキを送るとしたら、何を書いたら良いのか迷ってしまいがちですが大丈夫!残暑見舞いのハガキの文面には決まった「形式」があるのです。

残暑見舞いの文例を参考にできれば、伝えたいことをスッキリと表現できますよね。そこで今回は、残暑見舞いの文例や、知っておくと便利な言葉を、7つの基本としてお伝えします。

[ 続きを読む… ]