引っ越したい!と思ったら☆まず最初に行う7つのステップ

引っ越したい!と思ったら☆まず最初に行う7つのステップ
「引っ越したい!」と思うこと、誰にでも一度はあるものですよね。新しい街で、新しいことを始めてイキイキと暮らせたら、こんなに良いことはありません。

ただ、一度でも引っ越し経験のある方ならおわかりかと思いますが、引っ越しをするには心身とも膨大なエネルギーを費やすことになります。

心身だけではなく、どんなに切り詰めてもある程度のお金はかかりますし、手続きや不要品の処分などで時間も費やします。そして引っ越し後の新しい生活も、軌道に乗るまでが大変だったりします。

などとややネガティブなことを述べてしまいましたが、そこまで様々なものを費やすのですから、覚悟を決めればその分新しい物事が流れ込み人生が好転する、よいきっかけになるかもしれません。

スムーズな新生活のスタートを切るために、スムーズな引越しは不可欠!そこで今回は、「引っ越したい!」と思ったらまず試したい、7つのステップをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

平服とは何?法事で案内されても安心できる、5つのマナー

平服とは何?法事で案内されても安心できる、5つのマナー
平服とは言っても、どんな服までが失礼に当たらないのか…。ある程度理解しているつもりでも、いざとなると「結局どうすれば良いのだろう…。」と、難しく感じる方は多いですよね。

初めて法事の案内で見た時、「平服とは何だろう?」と迷った経験があるのではないでしょうか。平服とは「普段着のような服装だろう。」とイメージできるものの、「こんな服装で参列して、本当にいいのだろうか…。」と不安になった経験のある方も多いはず。

できれば平服とはどのような服装を指すものか、しっかりと理解して、失礼のない準備をしたいですよね。

そこで今回は、法事での服装を例にとり平服とは何か、その概念についてお伝えします。どのような服装が適しているのかも触れていますので、参考にしてください。

これからお伝えする「5つのマナー」を理解すれば、法事に関しては「平服でお越しください」と案内されても、すぐに適切な服装を用意できることができるはず。「平服とは何か」が理解できれば、もう恐れることはありません。

[ 続きを読む… ]

夫婦喧嘩で無視が続く時の対処法☆より愛が深まるコツ

 夫婦喧嘩で無視が続く時の対処法☆より愛が深まるコツ
夫婦喧嘩で無視されると、自分の言い分を少しでも聞いて欲しくて、ついしつこく話しかけてしまいますよね。

言いたいことがある時に相手に無視をされると、余計にストレスがたまりますから、どんどん感情的になってしまい「無視しないでよ!」などと怒鳴ったりして、余計に状況を悪化させてしまいます。

夫婦喧嘩で無視をされたり、お互いに無視し合うようになってしまった場合には、打開策を見つけるのが難しいもの。

しかし、無視をされたり、する期間というのは決して悪いことばかりではありません。夫婦喧嘩における無視に対する対処法を正しく実践すれば、仲直りをして前進することも十分に可能!

それならば対処法を知って、賢く喧嘩・仲直りがしたいですよね。そこで今回は、夫婦喧嘩で無視が続いて困っている時の考え方と、うまくいく対処法について6つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

入社前、会社に電話☆好印象でスタートする7つのコツ

入社前、会社に電話☆好印象でスタートする7つのコツ
入社前に会社に電話して、事前の挨拶をしておこう。」そう考える方も多いですよね。若しくは入社前に会社に電話をして、確認したいこと、しなければならないこともあるかもしれません。

ただ、いざ入社前に会社に電話するにしても、社会人としてのマナーや、何から話そうかと考え出すと、悩んでしまいがち。相当緊張もするはず!そうなると、かえって入社前に会社に電話をすることで、面倒がられたりしないか…、不安になるのではないでしょうか。

今やコミュニケーションの手段はメールが主流。さらにはメールでさえ面倒だからと、LINEでのやり取りを好む人もいる時代。「入社前に会社に電話をする、という行為自体、重く感じられてしまうのでは…。」と受話器を前に悩む方も多いもの。

しかし、多くの会社では昔ながらのビジネスマナーも重視しています。「入社前に電話してくるなんて、しっかりしている」とみる会社も、多いことを理解しておきたいですよね。

そこで今回は、せっかくなら押さえておきたい、入社前に会社に電話する際に、好印象を与えるためのコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文

電報でお悔やみを伝える。外せないマナーと基本の例文
電報でのお悔やみを伝える時は、葬儀に参列したいものの、どうしても外せない用件があったり、住まいが遠方など、どうにもならない事情がある時ですよね。必ず送らなければならない訳ではないものの、故人とのつながりが深い方なら、送るのが礼儀。

しかし昔は身近だった電報でお悔やみを伝える事も、「そもそも、電報も送ったことがない!」と言う位、現在ではあまり触れることがありません。電報でお悔やみを伝える際、様々なことに迷ってしまう方々は、案外多いですよね。

そこで今回は、電報を使ってお悔やみを伝える時に、外せないいくつかのマナーと、基本的な例文についてお伝えします。マナーを心得ておけば、このような時の電報も難しくはありません。ぜひ参考にして、お悔やみの気持ちを伝えてください。

[ 続きを読む… ]