初めてのお見合いは第一印象が大事!5つの基本マナー

初めてのお見合いは第一印象が大事!5つの基本マナー
お見合いのマナーで気を付けなくてはいけないのは、相手に与える印象です。お見合いはたった数時間の間にお互いを知り合い、自分の結婚相手としてよいかよくないかを判断する場でもありますが、相手に判断される場でもあります。そのため、第一印象が非常に重要なのです。

異性に好感を持つポイントは、人によって様々ですが、お見合いではマナーを守ることが最低限求められます。付き合う相手であれば、ただかわいいとか性格が良い、一緒にいて楽しいという程度でOKですが、結婚相手となると、常識やモラルを備えていることも求められるためです。

しかし、お見合いのマナーとは一体どんな事に気を付ければよいのかわかりませんよね。そこで今回は、初めてのお見合いで気を付けるべきマナーについてお伝えします。



 

初めてのお見合いは第一印象が大事!
5つの基本マナー

 

清潔感のある身だしなみ


お見合いのマナーでは第一印象が大事です。第一印象は顔や体形などの外見で決まるものだと思っている人が多いですが、実はそれ以上に重要なのが服装や髪型、化粧などの身だしなみです。いくら外見が良くても女性が露出度の高い服を着たり、男性が穴が開いたデニムのパンツでお見合いに来れば、それだけで相手に与える印象が大きくダウンしてしまいます。

お見合いでの服装は、男性はスーツが基本です。カジュアルなお見合いの場であっても襟付きのシャツやジャケットは着用し、スニーカーやサンダルは避け、革靴を履くのがマナーです。女性の場合は胸元や肩、足を極端に露出する服装は避け、洋服ならアンサンブルなど清潔感がある格好が理想です。

髪型や化粧は派手なものは避け、老若男女に好感を持ってもらえるかを基準に整えていくようにすれば、第一印象でマイナスポイントになることが避けられます。

 

余裕を持った行動


お見合いのマナーでは、待ち合わせの時間に遅れない様にするのは大前提ですが、さらに言うと、待ち合わせのお見合い会場に20分前には到着していることがベストです。特に夏場で暑い時期だと化粧直しをしたり、汗をふき取るなどのエチケットを化粧室で済ますことが必要です。

例え、タクシー移動で汗をかいたり化粧崩れはしないから大丈夫だという人でも、渋滞で想定より時間を要することもありますし、会場に向かう途中でトラブルが発生する可能性もありますから、十分な余裕を持って向かわなければいけません

時間に正確かどうかは第一印象を決める重要なポイントになりますから、万が一、待ち合わせの時間に遅れる事態になったら、仲人の方になるべく早めに連絡を入れてお詫びをすることを忘れてはいけません。

 

会場までの移動時間の会話


待ち合わせ場所がホテルのロビーでお見合い会場がレストランというようなケースでは、待ち合わせ場所から歩いて移動をする時間がありますよね。時間にするとたった数分間ですが、この時間にどのような対応をするかもお見合いのマナーでは大切です。

無言で歩くのは相手に失礼です。緊張していて話せないのかもしれませんが、相手からすると「不愛想な人だな」と思われる可能性もあるためです。お見合い会場までの移動は、まだ相手の事を全く知らない状態ですから、天気の話をするのが無難です。

晴れていれば「今日は良い天気ですね」と話せますし、雨が降っていたら「今日はお足元が悪い中ありがとうございます」などとお礼を言って相手の好感度を上げることができます。

 

食事中のマナー


お見合いが始まったら、世間話などから始め、仲人の方の進行に従ってお互いを知るために趣味や勤務先の仕事の話をしたりするのが一般的です。丁寧な言葉遣いを心がけるのは相手に良い印象を抱いてもらうために大切なことですが、意外と間違えがちなお見合いのマナーが完食と中座についてです。

お見合いは、アフタヌーンティーなどの軽食で行うこともありますが、フルコースなどの食事で行うこともあります。いずれの場合でも完食をすることは基本のマナーです。また、お見合い中に中座をするのはマナー違反です。

トイレに行きたくなるのは生理現象なので、どうしても我慢できない時には相手にことわりを入れた上で行ってもかまいませんが、極力お見合い前にお手洗いや化粧直しは済ませておき、お見合い中には中座をしないのがマナーなのです。

 

店員さんに対する態度


お見合い中は、相手によく見てもらおうとして、お見合い相手に対する言動には十分に注意を払うと思いますが、忘れがちなのがお見合い会場の店員さんやスタッフの方に対する態度です。お見合いは会社の入社試験と違って、お見合いの会場での態度だけが評価されるわけではありません。

相手は「一体どんな人なんだろう」と、お見合い相手のことをよく観察しています。そのため、食事中以外でもお店に入る時や注文をする時、また、エレベーターでの作法なども相手の印象を大きく左右するポイントになるのです。

日頃から心がけていればまったく問題はありませんが、お見合いのマナーとしても、相手だけでなく、店員さんに対する言動も丁寧にすることを心がける必要があります

 

いかがでしたでしょうか。お見合いのマナーというと食事のマナーを完璧にしていれば問題ないだろう、程度に思っている人が多いかもしれません。就職活動の時は自分を実力以上に見せようと努力をする人が多いですが、お見合いの場合だと「ありのままの自分でよい」と思ってしまいがちです。

確かに、自分を偽る必要はありませんが、お見合いでは相手に好印象を持ってもらえないと次はありません。本当の自分をわかってもらう前に選考落ちしてしまう恐れがありますから、お見合いマナーは重要だと肝に銘じてお見合いに望まなくてはいけないのです。

自分の生涯の伴侶を見つけるためにお見合いをするのですから、チャンスを無駄にしないためにも、今回お伝えしたような第一印象をよくするためのお見合いマナーは最低限守ることをおすすめします。

まとめ

お見合いマナーで気を付けるべき基本とは

・男女ともに服装は上品さと清潔感を意識する
・待ち合わせに20分前に到着して化粧直しを
・合流したら席に着くまでは天気の話が無難
・食事中のマナーは完食と中座しないこと
・店員さんや他の人への対応も丁寧にする


連記事