ビジネスメールの結びで好印象を!押さえたいマナーとは

 ビジネスメールの結びで好印象を!押さえたいマナーとは
ビジネスメールの結びは、要件を書き終えてホッとしがちですが、その人となりが分かる大切な箇所。ビジネスメールの結びまで格好よく作れる人は、読み手にとって「仕事もできる」印象を無意識に与えているのです。

もちろん「仕事ができる」と言う鋭敏なイメージだけではなく、ビジネスメールで結びまで、きっちり書かれてある事で、読み手に与える印象はよくなります。

用件だけが記載されたメールと、あいさつ文から始まり結びで終わるメールを比較すると、用件だけのメールはそっけなくて中途半端な印象になりますよね。

またビジネスメールに結びをつけることで、最終的にどうすればいいのかを相手に伝えることができます。返事がほしいのか、確認しておいてほしいのか、その他のことか。ビジネスメールは文末につける結び一つで大きく変わります。

ビジネスメールの結びひとつで、これだけ仕事の質が変わるとは、驚きですよね。そこで今回は、ビジネスメールにおける結びには一体どんな文があるのか、例と一緒にお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールは結びが肝心!役立つ7つのシーン別文例集

ビジネスメールは結びが肝心!役立つ7つのシーン別文例集
ビジネスメールの結びには「よろしくお願いいたします」を定型文のように、どのような要件のメールにも使っているという人は多いですよね。確かに、ビジネスメールでは「よろしくお願いいたします」で締めることが多くありますし、それは間違いではありません

しかし、ビジネスメールの結びの文章を、そのメールの内容によって臨機応変に使い分けることができると、メールを受け取った側の印象がまったく異なってきます。ビジネスメールは、何かを報告したり、依頼したり、相手からの返信をしたり、と内容は様々です。

面と向かって相手にものを頼むときは、謙虚な態度でお願いするのと同じでビジネスメールでも結びの言葉として、何かをお願いする謙虚な姿勢を相手に感じさせることは大切なのです。

そこで今回は、ビジネスメールの結びの文例を7つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの挨拶例文☆できる社会人、7つの締め方

ビジネスメールの挨拶例文☆できる社会人、7つの締め方
ビジネスメールでの挨拶は、できる社会人になるための第一歩だと言ってもいいものです。印象のいいメールが書けるようになることは、社会人としてのマナーを身につける、素晴らしい練習になるからです。そのポイントが、ビジネスメールの挨拶、なかでも「締め方」です。

ただ、ビジネスメールの挨拶と一言でいっても、件名、挨拶、内容、締めくくりの言葉、署名など気をつけるべきポイントが沢山ありますよね。

いくらいい文章で、いい内容を書けたとしても、締めくくりのビジネスメールの挨拶文が残念な内容になってしまうと、全体の印象が悪くなってしまうのが、気がかりです。

最後の最後でのビジネスメールの挨拶になって、印象が悪くはなりたくないですよね。やはりビジネスメールの挨拶では、しっかりと締めなくてはなりません。そこで今回は、できる社会人になるための、ビジネスメールの挨拶、特に締め方の例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールを返信する時☆参考にしたいフォーマット文

ビジネスメールを返信する時☆参考にしたいフォーマット文
ビジネスメールの返信には、知っていないと間違えてしまうものもあります。現代、ビジネスに限らずメールは大変便利ですよね。今やビジネスにおいてなくてはならない、コミュニケーションツールとなっています。

しかし、歴史が浅いために共通ルール確立されているというわけではありません。そのため、「常識」とされている、知識やルールは最低限知っておく必要があるのです!

特に、世代や立場が異なるビジネスメールにおいては、文字のみによる一方向のコミュニケーションのため、さまざまな弊害があるのも事実です。送ったメールは取り消すことができませんし、誤字、脱字、宛先や内容に間違いがないか、添付ファイルの有無など送る前に確認することは必須!

また、誰が読んでもわかりやすい内容になっているか、失礼に受け取られるような表現はないか、見やすいかどうかなどにも気を付けて送りたいものですよね。

実はビジネスメールは返信においても、相手にとってわかりやすいポイントがあります。そこで今回は、メールの基本をまじえながら、ビジネスメールを返信する時のポイントをお伝えします。

ぜひ、参考にして信頼できるビジネスメールを返信してください!

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの件名はどう書く?相手が見る基本のマナー

ビジネスメールの件名はどう書く?相手が見る基本のマナー
ビジネスメールの件名で、送り主のビジネスセンスが出ますよね。送られた側が多忙であればあるほど、ビジネスメールの件名にセンスがないと、緊急性の高いメールなのか、優先度の高いメールなのかが判断できないため、迷惑をかけてしまいます

例えば、1日当たりのメール受信件数が、数百件を超えるビジネスマンや、会社の役員、管理職の人の場合、ビジネスメールの件名を見てすぐに開封すべきか、未開封のまま後回しにするかを判断するケースがあります。

この場合、自分のメールが相手の目に触れるタイミングが遅くなったり、最悪の場合開封されないということもありうるのです。自分のメールが先方で開封されないなんて!ビジネスとしては大きな痛手ですよね。

そこで今回は、送った相手に開封されやすい、もしくはわかりやすいビジネスメールの件名の書き方について、7つのルールを解説します。

[ →続きを読む… ]