ビジネスメールの挨拶例文☆できる社会人、7つの締め方

ビジネスメールの挨拶例文☆できる社会人、7つの締め方
ビジネスメールでの挨拶は、できる社会人になるための第一歩だと言ってもいいものです。印象のいいメールが書けるようになることは、社会人としてのマナーを身につける、素晴らしい練習になるからです。そのポイントが、ビジネスメールの挨拶、なかでも「締め方」です。

ただ、ビジネスメールの挨拶と一言でいっても、件名、挨拶、内容、締めくくりの言葉、署名など気をつけるべきポイントが沢山ありますよね。

いくらいい文章で、いい内容を書けたとしても、締めくくりのビジネスメールの挨拶文が残念な内容になってしまうと、全体の印象が悪くなってしまうのが、気がかりです。

最後の最後でのビジネスメールの挨拶になって、印象が悪くはなりたくないですよね。やはりビジネスメールの挨拶では、しっかりと締めなくてはなりません。そこで今回は、できる社会人になるための、ビジネスメールの挨拶、特に締め方の例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールを返信する時☆参考にしたいフォーマット文

ビジネスメールを返信する時☆参考にしたいフォーマット文
ビジネスメールの返信には、知っていないと間違えてしまうものもあります。現代、ビジネスに限らずメールは大変便利ですよね。今やビジネスにおいてなくてはならない、コミュニケーションツールとなっています。

しかし、歴史が浅いために共通ルール確立されているというわけではありません。そのため、「常識」とされている、知識やルールは最低限知っておく必要があるのです!

特に、世代や立場が異なるビジネスメールにおいては、文字のみによる一方向のコミュニケーションのため、さまざまな弊害があるのも事実です。送ったメールは取り消すことができませんし、誤字、脱字、宛先や内容に間違いがないか、添付ファイルの有無など送る前に確認することは必須!

また、誰が読んでもわかりやすい内容になっているか、失礼に受け取られるような表現はないか、見やすいかどうかなどにも気を付けて送りたいものですよね。

実はビジネスメールは返信においても、相手にとってわかりやすいポイントがあります。そこで今回は、メールの基本をまじえながら、ビジネスメールを返信する時のポイントをお伝えします。

ぜひ、参考にして信頼できるビジネスメールを返信してください!

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの件名はどう書く?相手が見る基本のマナー

ビジネスメールの件名はどう書く?相手が見る基本のマナー
ビジネスメールの件名で、送り主のビジネスセンスが出ますよね。送られた側が多忙であればあるほど、ビジネスメールの件名にセンスがないと、緊急性の高いメールなのか、優先度の高いメールなのかが判断できないため、迷惑をかけてしまいます

例えば、1日当たりのメール受信件数が、数百件を超えるビジネスマンや、会社の役員、管理職の人の場合、ビジネスメールの件名を見てすぐに開封すべきか、未開封のまま後回しにするかを判断するケースがあります。

この場合、自分のメールが相手の目に触れるタイミングが遅くなったり、最悪の場合開封されないということもありうるのです。自分のメールが先方で開封されないなんて!ビジネスとしては大きな痛手ですよね。

そこで今回は、送った相手に開封されやすい、もしくはわかりやすいビジネスメールの件名の書き方について、7つのルールを解説します。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの件名はスマートに。書き方7つのポイント

ビジネスメールの件名はスマートに。書き方7つのポイント
ビジネスメールの件名は、仕事でメールをを書くときに、大切なポイント。本文ももちろん大切ですが、同じぐらい大切なのが、ビジネスメールの件名です。

ビジネスメールがスマートに書けると、カッコイイですよね。ビジネスメールの書き方ひとつで、相手に与える印象も、大きく変わります。また、メールは顔が見えず文字だけで伝えるものですから、失礼のないように、読み手の立場に立って文章を書く必要があります。

そんな時、ビジネスメールの件名は、「なくてはならないもの」でもあります。ビジネスメールの件名で、その内容が表現されている、と言っても過言ではありません。

そこで今回は、ビジネスメールや件名を書くときのポイントは何なのか、新社会人ベテラン社会人も押さえておきたい、いくつかのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの返信マナー☆押さえておきたい7つの基本

ビジネスメールの返信マナー☆押さえておきたい7つの基本
ビジネスメールの返信では、相手にマイナスな印象を与えたり、警戒させないよう、スムーズにやりとりをしたいものですよね。最初に出すメール、または相手からもらったメールへの返信メール、それぞれ気をつけなくてはならないマナーがあります。

友達とのメールのやりとりでは大きな問題はなくても、同じことをビジネスメールの返信で書いたら上司に注意されてしまった!なんてことも起こりえます。

電話ではないので、声の印象会話のキャッチボールのないビジネスメールの返信では、きちんとビジネスメールの返信マナーを押さえているかどうかが大切なポイントになります。

そこで今回は、どうしたら相手とスムーズなやりとりが出来るのか、ビジネスメールの返信マナーについてご説明します。

[ →続きを読む… ]