必見!押さえておきたいビジネスメールのポイント5つ

必見!押さえておきたいビジネスメールのポイント5つ
今や、ビジネスシーンでは必要不可欠な連絡ツールの一つがメールですよね。このビジネスメールはいつでもどこでも用件が伝えられて、送受信も簡単、確認もできるというメリットを持っていますが、顔が見えない文字だけでのコミュニケーションになるので、相手に誤解を与えてしまうデメリットも持っています。

新入社員や若手社員など、日頃からメールをよく使う人は「プライベートでもメールは使い慣れているから任せて!」と普段の延長でビジネスの相手にメールを送り、失礼なことに気づかず不愉快な思いをさせてしまうなどは、あり得ることでしょう。

本来、ビジネスをスムーズに進めるために使用しているメールでのやり取りで、逆に効率性と人間関係を悪くしてしまう恐れがあるのです。

そこで今回は、そんなことにならないようにも、ビジネスメールを使用する上での5つのポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

就活生必見!担当者を惹き付けるメールの書き方

就活生必見!担当者を惹き付けるメールの書き方
多くの学生は、就活で初めて企業に対してビジネスメールを送ることになります。普段は、友達や先生といった身近な間柄でのメールのやり取りが多かったことでしょう。そのような中でいざ、企業に向けたメールを送るとなると、どのように書いたら良いのか分からず、戸惑ってしまいますよね

就活でのメールは、内容次第で相手に与える印象が大きく変わってきます。企業の採用担当者は多くの就活生を相手にしているので、その中でも、「この人は常識があるな」「きちんとメールの送り方をわきまえているな」と思われるような、そんなメールを送ることができると、一歩リードと言えますね。

そこで今回は、就活生向けに、担当者へ良い印象を与えるためのメールの書き方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

就活メールのマナー。押さえておきたい5つのポイント

就活メールのマナー。押さえておきたい5つのポイント
就職活動で企業や社会人の先輩にメールを送るとき、書き方や内容で悩んでしまうことってありますよね。実際、就活生の約8割は就活時のメールマナーを知らないと言われています

社会人のメールは、友達同士のメールとは書き方も内容も全く異なります。ですので、最初のうちに就活時のメールマナーを覚えておかないと、普段通り送っているメールが、相手にとって大変失礼なメールになっている可能性があるのです。せっかく熱意を持って就活しているのですから、少しでも相手に良い印象与えるメールを送りたいですよね。

そこで今回は、「就活時のメールタイトルってどうやってつければよいの?」「文章の書き出しってどうすればよいんだっけ?」という方のために、就活メールで押さえておきたい5つのポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

あなたは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー

あなたは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー
いまやビジネス界でも、コミュニケーションツールといえばメール、が常識中の常識ですよね。それは一般社会の中でも同様で、それが当たり前になってしまうと、公私の区別がつかなくなり、思わぬ失敗をしてしまうことも少なくありません

顕著な例では上司へのビジネスメールなのに平気で絵文字を使ってしまったり、体調を崩し、仕事を休みたいなどの大事な連絡もメールで済ませてしまったり…などということです。

一見、それでも良いんじゃないの?伝えたいことが伝われば…と思われる方もいるかもしれません。では、手書きの報告書や口頭で報連相をしなければいけなかった時代に、それがまかり通ったかどうか考えてみれば、その間違いに気付くことが出来ると思います。

そこで今回は、ビジネスメールの基本マナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ビジネスメールの挨拶マナー☆信頼される基本作法と例文

ビジネスメールの挨拶マナー☆信頼される基本作法と例文
ビジネスメールの挨拶を書き出しに入れることは、とても大切なこと。ただの習慣として書いているようにも捉えられますが、簡潔に納めるべきメッセージだけに、ここを押さえることで人間性の信頼へも繋がります。

また、ビジネスメールの本文以外の基本的なマナーとして、名乗り、挨拶、締めの挨拶は欠かせません。ビジネスメールに挨拶文が一言あるだけで、初めて送る相手に対しても信頼できる一通になります。

それに、ビジネスメールで挨拶がないとなんだか素っ気ない印象になりますよね。とは言え、ラフになりすぎるとビジネスメールの挨拶として適さないこともあります。

バランスの良いビジネスメールの挨拶で、円滑に本題に入りたいですよね。そこで今回は、よく使う一般的なものから季節のものまで、ビジネスメールの挨拶文と例文をお伝えします。

[ →続きを読む… ]