謙譲語を正しく使う☆ビジネスシーンで役立つ言葉

謙譲語を正しく使う☆ビジネスシーンで役立つ言葉
謙譲語とは、自分または自分の側にあると判断されるものの主体を下げた表現をし、相手側を立てて敬意を表す言葉。「自分や自分側を『へりくだる』表現」とも定義されますが、「下げる」や「へりくだる」という言葉自体、今ひとつピンときませんよね。

実はこの謙譲語、使いこなそうと調べると、よりややこしい壁にぶちあたります。それは、「謙譲語」と呼ばれるものが2種類に分類されている、ということ!余計にわかりづらくなりそうですよね!

けれども、分け方の意味合いを理解すれば、さほど難しくはありませんし、噛み砕けばとても簡単。

そこで今回は、ビジネスシーンで間違えのない敬語をスムーズに使いこなせるために、「2種類の謙譲語」の基礎知識と、間違えやすくて恥ずかしい勘違いをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

敬語一覧を使いこなす☆ビジネスシーン必須の言葉

敬語一覧を使いこなす☆ビジネスシーン必須の言葉
敬語一覧を使いこなすことで、ビジネスシーンでの大切な役割を果たす言葉遣いを、滑らかにできたら、便利ですよね。相手との信頼関係を築いたり、商談や会議を気分よく進めるためにも、適切な敬語の使い方がとても重要になってきます。

敬語の間違いが多いと、それだけで相手のあなたに対する信用度は下がってしまいますし、その場の雰囲気も悪くなります。しかしながら、いくら幼い頃から日本語が自然と身に付いている日本人でも、正しい敬語を使いこなすのは、難しいもの。

尊敬語・丁寧語・謙譲語に加え、当たり前のように使われているものの、実は間違った使い方をしている言葉もたくさんあるからです。敬語一覧で改めて復習し、言葉遣いによって「デキル」ビジネスマンを演出したいですよね。

そこで今回は、ビジネスシーンで役立つ敬語を、一覧にてお伝えします。今すぐ役立つビジネスシーン必須の敬語一覧になっていますので、ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

謙譲語の正しい使い方☆勘違いしやすい7つの言葉

謙譲語の正しい使い方☆勘違いしやすい7つの言葉
「謙譲語を正しく使おう」と言われても、シンプルな敬語や丁寧語と違い、謙譲語の使い方は難しく、「よく良く分からなくて不安…。」などの感想が多いですよね。

謙譲語は自分をへりくだって言う表現で、複雑な印象を受けますが、謙譲語も敬語の一種であることに変わりはありません。謙譲語、尊敬語、丁寧語を総称して「敬語」なのです。

確かに敬語の中でも、謙譲語と尊敬語の使い方が混同する人は多いです。特にビジネスでは、謙譲語、尊敬語などの敬語が常に飛び交う場。

緊張のあまり正しい使い方ができなかったり、使い方を間違えているがゆえに、言いたいことが相手にうまく伝わらなかったりすることも少なくありません。「謙譲語が苦手!」という新人の方々は多いですよね。

そこで今回は、堂々と謙譲語を扱えるよう、謙譲語の中でも特に勘違いしやすい、7つの言葉についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

丁寧語をマスター☆社会人として信頼される使い方

丁寧語をマスター☆社会人として信頼される使い方
丁寧語は、社会人ならできて当たり前と言ってもいいほど、身に着けるべき基本のマナーです。社会人なのに丁寧語ができていない人がいると、ちょっと信頼感に欠けますよね。

普段から「寧語で話す」ことを意識して過ごすことは難しいもの。けれども、上司やお客様に対して、中途半端な言葉を使う訳にはいきません。もちろんタメ口で会話はしないと思いますが、仲良くなればなるほど、丁寧語への意識も薄れていくように感じます。

丁寧語がきちんと話せるかどうかで、相手のイメージや印象も変わりますし、今後の関係にも影響するもの。そもそも丁寧語とは、文末に「です」、「ます」や単語の頭に「お」や「ご」をつけて丁寧にする言葉を指します。

そう考えると、案外すぐにマスターできそうな丁寧語、ここでしっかりと理解して、好印象でビジネスもスムーズに進めたいですよね。

そこで今回は、自分の丁寧語の使い方が適切なのか確認するため、間違った知識とともに、丁寧語の使い方をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

謙譲語を使いこなす☆スマートな7つの使い方

謙譲語を使いこなす☆スマートな7つの使い方
謙譲語には知らないと出てこない言葉が、意外とたくさんありますよね。だからこそ、この謙譲語をさらっと使えるとスマートですし、社会人としての信頼性も高くなる、というもの。

いくら仕事ができる人でも言葉遣いが正しくできていないと、初対面の人はいい印象を受けませんし、どんなに性格がいい人でも言葉の使い方次第で相手に横柄だと受け取られることさえあります。

人の第一印象は見た目が占める割合が高いと言われていますが、商談などのビジネスの場においてはニコニコしているだけでは仕事になりません。どんなに好感度の高い営業マンでも正しく謙譲語を使えないと相手を不快にさせたり、怒らせてしまうことも大いにあります。

せっかくいい仕事をしても、言葉遣いで丁寧語と謙譲語を正しく使えなかったからという理由で商談が成立しなかったり、相手に悪い印象を抱かせてしまうのはもったいないですよね。そこで今回は、謙譲語をスマートに使いこなすための7つの言い回しをお伝えします。

[ →続きを読む… ]