正しい敬語の使い方☆間違えやすい5つの場面で確認!

正しい敬語の使い方☆間違えやすい5つの場面で確認!
大人になると、敬語の使い方って気になりますよね。例えば「すみません」という言葉があります。実は目上の人には失礼になるのですが、そのことを知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。この場合、目上の方への正しい敬語の使い方は「申し訳ありません」となります。

また逆に、慎重になりすぎて、丁寧に丁寧を重ねてしまうと、変な文章になります。例えば「ご覧になられます」の「ご覧になる」と「られる」は、どちらも尊敬語になり、二つ使うと二重敬語となってしまい、正しい敬語ではありません。この場合「ご覧になります」が正しいです。

このように、正しいと思って使っている敬語でも実は間違えていることが結構あるものです。ではこうした敬語の使い方には、他にどのようなものがあるのでしょうか。

そこで今回は、間違えやすい敬語の使い方を場面別にお伝えします。

[ 続きを読む… ]

入社前、会社に電話☆好印象でスタートする7つのコツ

入社前、会社に電話☆好印象でスタートする7つのコツ
入社前に会社に電話して、事前の挨拶をしておこう。」そう考える方も多いですよね。若しくは入社前に会社に電話をして、確認したいこと、しなければならないこともあるかもしれません。

ただ、いざ入社前に会社に電話するにしても、社会人としてのマナーや、何から話そうかと考え出すと、悩んでしまいがち。相当緊張もするはず!そうなると、かえって入社前に会社に電話をすることで、面倒がられたりしないか…、不安になるのではないでしょうか。

今やコミュニケーションの手段はメールが主流。さらにはメールでさえ面倒だからと、LINEでのやり取りを好む人もいる時代。「入社前に会社に電話をする、という行為自体、重く感じられてしまうのでは…。」と受話器を前に悩む方も多いもの。

しかし、多くの会社では昔ながらのビジネスマナーも重視しています。「入社前に電話してくるなんて、しっかりしている」とみる会社も、多いことを理解しておきたいですよね。

そこで今回は、せっかくなら押さえておきたい、入社前に会社に電話する際に、好印象を与えるためのコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

新社会人必見!最低限押さえておきたいビジネスマナーとは

新社会人必見!最低限押さえておきたいビジネスマナーとは
『社会人のマナー』は難しいですよね。学生時代には経験しなかった場面に遭遇する機会が実に多く、途方に暮れることばかりです。

社会人のマナー、いわゆるビジネスマナーは、幼い頃から今までご家庭で躾られてきた日常生活の中の行儀作法が基本にあるのは当然ですが、それが全てに当てはまるとは限りません。

今まで知らずにしていた行動が、ビジネスの現場では実は失礼にあたり、先方に不快な印象を与えてしまうことも少なくありません

無礼な人物と判断されるのは自業自得と今後に繋げれば良い事ですが、それが重大な失敗として会社の信頼まで傷つけ取り返しがつかない事態になることもあるのです。

そこで、今回は新社会人必見!最低限押さえておきたいビジネスマナーについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

接客マナーから学ぶビジネスの基本☆新人が押さえる心得

接客マナーから学ぶビジネスの基本☆新人が押さえる心得
接客マナーが上質なお店を客として体感すると、その隅々まで行き届いた心遣いや、対話をした時の好印象、心地よさに感心することは多いですよね。飲食店や老舗紳士服店…、それぞれの形態は違いながらも、彼らは接客マナーのプロ

もちろん、接客業に若い頃から携わってきた彼らならではの、職人技とも言える長年の「勘」や「テクニック」はあるのかもしれません。

けれども、その基本や大元となる心得だけでも理解できたら、接客マナーを上手にビジネスマナーとして取り入れられるはず。

誰もが「この人と話していると心地よい。」「また会いたい。」と思える相手と、仕事がしたいもの…。自分もそんな人間になれれば、ビジネスも円滑に進むかもしれません。それには接客マナーから、エッセンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、接客業から学ぶ、他の業種の会社でも取り入れたい、接客マナーのエッセンスと、社会人一年生が仕事をする上で、理解しておきたい心得をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

親しき仲にも礼儀あり☆ビジネスチーム、絶妙の距離感とは

親しき仲にも礼儀あり☆ビジネスチーム、絶妙の距離感とは
「親しき仲にも礼儀あり」でしょ!と言わずにはいられない時ってありますよね。いかに何でも言い合えるツーカーな仲だとしても、踏み込まない方が良い適度な距離があるという事です。

ただ、自分がされたらやめて欲しいと思う事でも、自分が人にしてしまっていることも意外にあるかもしれません。たとえ家族であっても、「親しき仲にも礼儀あり」は気を付けるべきではないでしょうか。

ビジネスチームでも、「親しき仲にも礼儀あり」は大いに必要。ビジネスチームで相手のプライベートに踏み込み過ぎてしまい、関係がギクシャクしてしまうと、厄介なことになりかねません。

仕事の能率やクオリティーに影響するし、ストレスは溜まるし…、家庭の経済にも影響してしまうからです。そう考えると、「親しき仲にも礼儀あり」を意識した、絶妙な距離感を保ちたいですよね。

そこで今回は、ビジネスチームで示すべき、「親しき仲にも礼儀あり」の距離感についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]