名刺交換マナー☆社会人として押さえる、基本の渡し方

名刺交換マナー☆社会人として押さえる、基本の渡し方
名刺交換はマナーを理解しているつもりでも、その時になって戸惑うことがありますよね。

「自分の名刺を出している(準備している)間に、相手から先に名刺を渡された」、「お互い名刺を渡すタイミングが同じで、どのように受取ればいいかわからなかった」などなど…。

これらの事例は名刺交換の場ではよくあることです。スムーズにいくと思っていた名刺交換もマナーを知らなければ、相手に与えるイメージがダウンしたり、自分自身もあたふたしてしまいます。

社会人になると、名刺交換のマナーは知っておいて当たり前のビジネスマナー。名刺には会社名、所属部署、肩書き、名前など、あなたに関する様々な情報が書かれている、あなたの顔

名刺交換のマナーがなっていないと、受け取った方はあなたの名刺を見る度に「名刺交換で失礼のあった奴だ」などと思うかもしれません。名刺交換マナーは、人と人の繋がりを通して会社と会社を繋ぐ大切なものだけに、礼儀を重んじたい事でしょう

そこで今回は、社会人として押さえておきたい、基本的な名刺交換のマナーをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

丁寧語を使いこなす☆社会生活で便利な、7つの言葉

丁寧語を使いこなす☆社会生活で便利な、7つの言葉
丁寧語がうまく使えると社会人として品格が増します。敬語や謙譲語を過剰に使ったり、無理やり丁寧語を使おうとして使い方を間違えている人の話を聞いていると「普段使ってないんだな」と感じますよね。

一方、ビジネスの場で流ちょうに丁寧語が使える人は仕事もできるように感じるものです。

実際に同じ仕事のスキルがあったとしても、その人の立ち振る舞いや丁寧語などの言葉遣いによって、相手が受ける印象というものは全く異なってきます。しかし、丁寧語はたくさん種類がありますから、いきなり丁寧語を完璧にマスターするのは意外と難しいものです。

おすすめなのが、まず最低限知っておくべき丁寧語からマスターしていくこと。社会生活をしていてよく使う丁寧語は限られていますから、よく使う言葉から確実に覚えていけばいいのです。そこで今回は、そんな使用頻度が高い丁寧語を7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

間違うと恥ずかしい!正しい敬語の使い方

間違うと恥ずかしい!正しい敬語の使い方
仕事などで敬語を使っているけれど、きちんとした敬語を使えているのだろうかと不安になることがありますよね。普段はあまり気にしていなくても、使っている敬語が正しい敬語ではなかったとしたら、周囲の人や取引先の人からマナーがなっていない人として認識されてしまうことになりかねません。

敬語を使うというのはなかなか難しいことです。学生時代ならばまだしも、社会に出てからも自分が正しく敬語を使えているのかわからないまま過ごしている方も多いのではないでしょうか。また、年齢を重ねていくにつれ、正しい敬語が使えていないことは大きなマイナスイメージに繋がってしまいます

そこで今回は、間違えて恥をかかないための、正しい敬語の使い方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

名刺交換マナーを押さえて好印象☆デキル!7つの基本

名刺交換マナーを押さえて好印象☆デキル!7つの基本
名刺交換のマナーは意外と見落とされがちな社会人スキルです。名刺交換のマナーを改めて習ったことがない人は、ただ名刺を交換するだけなら丁寧にやってれば大丈夫だとか、先輩がやっているのを見よう見まねでやっていれば大丈夫だと思ってしまいますよね。

しかし、名刺交換のマナーは社会人として、当然知っておかなくてはいけない基本的なマナーです。初対面の相手と商談をする時などは、これから本題の話という手前の名刺交換でマナーがなっていないと、悪い印象を与えてしまうことになりますから、自分にとって不利です。

とはいえ、社会人になって数年経過していて、今更名刺交換のマナーなど恥ずかしく誰にも聞けないという人も多くいます。そこで今回は、相手に好印象を与えるための名刺交換のマナーについて基本を7つ解説します。

[ →続きを読む… ]

あなたは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー

あなたは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー
いまやビジネス界でも、コミュニケーションツールといえばメール、が常識中の常識ですよね。それは一般社会の中でも同様で、それが当たり前になってしまうと、公私の区別がつかなくなり、思わぬ失敗をしてしまうことも少なくありません

顕著な例では上司へのビジネスメールなのに平気で絵文字を使ってしまったり、体調を崩し、仕事を休みたいなどの大事な連絡もメールで済ませてしまったり…などということです。

一見、それでも良いんじゃないの?伝えたいことが伝われば…と思われる方もいるかもしれません。では、手書きの報告書や口頭で報連相をしなければいけなかった時代に、それがまかり通ったかどうか考えてみれば、その間違いに気付くことが出来ると思います。

そこで今回は、ビジネスメールの基本マナーについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]