いざ就活!面接本番前に知っておきたい5つのマナーとは

いざ就活!面接本番前に知っておきたい5つのマナーとは
就活の面接マナーは本番前にしっかりとマスターしておきたいものですよね。就活の面接を前にすると、つい面接官からの質問に対してどのように答えるかばかりを気にしてしまい、マナーについては予習を忘れがちです。しかし、就活の面接ではマナーができているかもちゃんとチェックされています

入室時の第一印象や面接中の所作、面接が終了した後の動作など、就活の面接マナーは意外と細かいところまで見られます。マナーができていないと、せっかく面接本編の受け答えがバッチリでも、面接官からの印象は悪くなってしまい、良い返事がもらえないこともあります。

実力はあるのに就活のマナーの部分で減点されてはもったいないですよね。そこで、就活の面接マナーについて知っておきたいポイントをお伝えいたします。

入室の仕方

就活の面接マナーは面接会場に入室する前から始まっています。この面接直前のタイミングでは、気を抜いている人や緊張してガチガチになっている人も多くいますから、ここでマナーがちゃんとできるかどうかはライバルに差をつけられるチャンスでもあるのです。

面接の順番が来たら、コンコンコンと3回ノックをし、中から「どうぞ」と言われたら両手で丁寧にドアを開けます。ドアを開けて面接官と目が合ったら「失礼します」と言いながらお辞儀をして両手でドアを閉めます

ドアを閉める時は、完全に面接官に背中を向けない様に斜めに向きながら閉めるよう気をつけましょう。

 

正しい姿勢

面接会場に入室し、椅子の横まで歩いていったら「よろしくお願いいたします」と明るく挨拶をし、お辞儀をします。面接官から「どうぞおかけください」と言われてから「失礼します」と言って着席します。もし「どうぞ」と言われない場合には、頃合いを見て「失礼します」と言って着席しましょう。

椅子に掛ける時も就活の面接マナーがあります。それは、深く座りすぎないことです。椅子には浅めに腰をかけ、背筋を伸ばします女性の場合は、足を揃えて少し斜めに流し、男性は膝をこぶし一つ分くらい開き、両手を両ひざの上に置きます

自分の前に机がない場合には、面接官からは足元まで見えるため、頭の先から足の先まで神経をいきわたらせておくことが必要です。

 

話し方

せっかく良い受け答えをしていても、就活の面接マナーがなっていないために台無しなることがあります。その代表例が早口になってしまうことです。早口なのがマナー違反になるなんて厳しいと感じるかもしれませんが、相手に対して聞き取りやすいように話すのはマナーです。

緊張すると早口になってしまったり、うまく話せなくなってしまうかもしれませんが、ゆっくりを意識しながら話せば大丈夫です。「ちょっと遅いかな」と思うくらいの速さで構いません。早口だと悪くなってしまう印象も、ゆっくりとした口調だと一気に良い印象になります。

 

質問を聞く姿勢

面接官は色んな質問をしてきます。特に二次、三次、最終と面接が進むにつれて込み入った質問をしてくることもあります。面接官がする質問が少し難しかったり、長めの場合には、相槌を打つことも就活の面接マナーでは大切なことです。

相槌といっても「うん」や「はあ」などのあいまいな相槌ではいけません。ハキハキと「はい」と相槌をしましょう。とはいえ、しつこく何回も「はい!」と言っていては、面接官は「本当に理解しているのか」と思ってしまいますから、適度な回数、トーンで相槌をします

 

退室時のマナー

就活の面接マナーは、面接の本編が終われば終わりではありません。面接官から「以上で面接は終了です」と言われたら「ありがとうございました」とお礼を言い、退室時にはもう一度面接官の方に体を向けて「失礼いたします」と言いながらお辞儀をして退出をします。

部屋を出たら面接が終わったと安心してしまいがちですが、建物を出るまではコートなどの上着は着ません。また、建物を出たからと言って、会社の近くで他の学生と落ち合ったり、タバコを吸ったり、スマホで電話をするなどせずまっすぐに駅に向かいましょう。企業によっては駅まで学生の姿を見ている場合もあるのです。

 

さて、就活の面接マナーは流れに従ってマスターすれば、何も難しいことはありません。入室時にお辞儀、椅子の横でもう一度挨拶、着席時は浅く座り、面接が終わったら御礼とお辞儀を忘れずにする、というように一連の流れで覚えてしまえばよいのです。

とはいっても、就活の面接マナーをぶっつけ本番で完璧に行うのは簡単ではありません。就活エージェントや大学などで開催される面接のシミュレーションを利用して練習をしたり、動画サイトを見ながら自宅での練習でも構いませんから、事前に練習しておくと安心です。

自分の大学からその企業への就職実績が良かったり、自分の経歴に自信がある人は就活の面接マナーなんてあまり大きな影響はないと思うかもしれませんが、企業によっては重要視する場合もありますから、念には念を入れておきましょう。

まとめ

就活時の基本的な面接マナーとは

・入室時のノックと挨拶で第一印象が決まる
・浅く椅子に座り背筋を正し足元まできっちりと
・話す時はゆっくりした口調で面接官の目を見る
・質問に対しては相槌や「はい」と返事をする
・退室時は御礼とお辞儀をし寄り道せず帰る


連記事