【結婚式の招待状】欠席時のメッセージの書き方とは

【結婚式の招待状】欠席時のメッセージの書き方とは
結婚式の招待状を頂く機会は、これから何度でも訪れることでしょうが、その結婚式も欠席せざるを得ない時は出てくるものですよね。お祝いしたい気持ちはあるけれども、それぞれに事情はおありでしょう。

例えば、結婚式が重なってしまった・子供が小さくて預けられない・金銭的にきつい・親しくない人から招待状が来た・・などです。

結婚式というのはお祝い事ですので、欠席する理由をストレートに伝えてしまうのは失礼に当たってしまいます。では、どのように結婚式を欠席する旨を伝えればいいのでしょうか。とても悩んでしまうことでしょう。

そこで今回は、結婚式の招待状を受け取ったけれど欠席をする場合に、相手に失礼にならないメッセージの書き方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー
大事な家族を亡くした遺族の悲しみはとても計り知れないものがあり、塞ぎ込んでしまう方も多くいらっしゃいますが、そんな時にお悔やみの手紙を送って励ましたり、慰めたりするのはとても大切なことですよね。

故人の訃報を聞いたけれども遠方で行けない場合や、他の事情があって駆けつけられない場合、また葬儀を身内だけで済ませるケースも増え、後で訃報を知らされるということも少なくありません。このような場合は、お悔やみの手紙を送ることになりますが、どのタイミングで送ってよいものか、どのようなことを書けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、急な訃報を受けてお悔やみの手紙を送ることになった場合でも慌てないように、お悔やみの手紙を送る時のマナーと書き方のコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選
身内の不幸で喪主を務めることになると、「喪主挨拶」をする場が多くありますよね。しかし、突然の不幸を前に、喪主として挨拶をするという大役の務めを果たすには、時間がないというのが現実です。

前もって準備ができるものでもないので、いざその時が来て初めて、喪主挨拶の準備をすることになります。喪主は悲しみの中、自分自身の気持ちの整理も付かないままに挨拶をしなければなりません。故人への想いと葬儀に来て下さった人たちへ向けた感謝の気持ちを、どのようにまとめればよいものか、とても迷うところです。

ましてや喪主というのは、そう何度も務めるものではありません。経験された方が周りにいるということも少ないでしょう。

そこで今回は、突然の不幸に喪主を務めることになった時に使える挨拶の文例についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

基本のビジネスマナー【挨拶編】

基本のビジネスマナー【挨拶編】
これから新社会人として新たな一歩を踏み出す前に、ビジネスマナーについて学んでおきたいと思う新入社員の方は多いですよね。会社でも新人研修というものが最初にあり、そこでビジネスマナーについて話がありますが、ビジネスマナーの基本というのはあえて習わずとも、知っているとされることも多いものです。

このビジネスマナーは新社会人になる人なら知っていることだろうから、あえて言わなくてもよいか、と研修で話題にあがらないことさえもあるでしょう。そしてそのように知っていることが当たり前のようにされてしまうと、自分自身が思っているビジネスマナーが本当に合っているのか不安になってしまうものです。

そこで今回は、ビジネスマナーの中でも相手に与える印象が大きい「挨拶」についてお伝えします

[ →続きを読む… ]

結婚式の二次会は幹事次第!成功させるための6つのコツ

結婚式の二次会は幹事次第!成功させるための6つのコツ
友人や職場の人から結婚式の招待を受けて喜ばしい気持ちのところ、二次会の幹事まで頼まれたら正直、戸惑いますよね。結婚式の二次会で幹事をお願いされるということは、新郎新婦にとって話しが上手、まとめ上手なイメージがあるということです。とても嬉しいことですが、いざ結婚式の二次会を取りまとめるとなると不安が多いことでしょう。

結婚式の二次会に参加することは多々あっても、幹事を引き受けることはそう何度もあることではありません。また、二次会は色々な人が出席します。どのようにして出席してくれた人たちを盛り上げ、そして新郎新婦にとって良い思い出となるようにするのか・・・二次会の幹事を引き受けたからには、是非とも成功させたいですよね

そこで今回は、結婚式の二次会の幹事を成功させるためのコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]