結婚式の服装☆独身アラフォー女性が上品に見える装いとは

結婚式の服装☆独身アラフォー女性が上品に見える装いとは
結婚式に出席する際の服装は年齢とともに変化をし、特に女性は年を重ねるからこそ気を配る点も多くなりますよね。

40代前後にもなると出席する結婚式も様々で、友人や会社の同僚だけでなく、部下、親戚などこれまでの女性としての装いとしては少し違った側面を求められます。

結婚式のお祝いにふさわしい服装であることはもちろん、女性らしい華やかさ、そして少し改まったきちんとした印象の装いです。

しかし、40代だからといって好きなかわいらしさを全て手放してしまっては、せっかくのお祝いの席だというのに寂しいもの。そうかと言って若い女性と張り合うような装いでは品位を欠いてしまします。

そこで今回は、結婚式の服装で独身アラフォー女性がより上品に見える装いをお伝えします。

結婚式の服装で女性がしてはいけない装いマナー

結婚式の装いとしてマナーに反するものは、年代に関わらず避けなければなりません。白いドレスや衣装は新婦のウエディングドレスと重なってしまうため避けましょう。

また結婚式は夫婦となる新郎新婦の正式な場、丈の短すぎるスカートや露出などが多いものもマナー違反です。デニム地などカジュアルな装いや殺生を思わせる毛皮や動物柄も結婚式の服装として相応しくありません。

女性の靴にもマナーがあり、ミュールやサンダルはカジュアルNG。オープントゥパンプスはつま先が出ているため「妻が先に出る(逝く)」と連想され避けるべきと言われています。

マナーを守り大人だからこそ隙のない装いをしたいものです。

 

大人の女性はドレスの色や形で差をつける

40代の装いの難しいところは、「かわいい」と「若作り」の境界です。ピンクやイエローのドレスでは、どうしてもその境界があやふやになってしまします。そこで結婚式の服装は色や素材で年齢にふさわしい女性の品を醸し出しましょう。

おすすめはネイビーです。落ち着いたネイビーの、例えば透け感のあるレースや上品な刺繍をあしらったドレスワンピースであれば重ならずにまとめることができます。

ブラックのドレスをクールに着こなしても大人の落ち着きがあります。シースルーなどの素材を取り入れたものであれば軽やかな印象にもなり、アクセサリーなどの小物も映える組み合わせです。

落ち着いた色合いとしてはベージュのドレスなどもおすすめですが、ベージュは色が薄すぎると白に近い色に見えることがあります。マナー違反と思われないためにも少し濃い、ただ愛らしさを考え少し光沢のあるものをおすすめします。

しかし、シースルーや光沢が強めな素材は昼の結婚式の服装には不向きとされているので、取り入れる際は女性らしく過度になり過ぎないよう部分的に取り入れるなど、品のある装いにしましょう。

 

大人の女性はアクセサリーで差がつく

結婚式で身に着けるアクセサリーの注意点は、新婦と被るものは避ける必要があるところです。ティアラを連想させる髪飾りや、生花をあしらったものは避けましょう。

また結婚式などの正式な場では腕時計はマナー違反となります。結婚式でのアクセサリーのマナーは、昼の式か夜の式かでも違いがあり、朝はあまり煌びやかでないものを、逆に夜は輝きのあるものを身に着けます。

おすすめは王道のパールです。結婚式の服装に合わせてパールの大きさを選ぶと品のある大人の女性の装いになります。

ただ、ブラックのドレスに合わせるとどうしても弔事を連想させてしまうので、その場合は二連や三連などにできるものや、シャワーパールネックレスなど華やかなものを選びましょう。

お祝いの席での二連、三連や連なり重なるアクセサリーは、喜ばしいことが重なり縁起がよいとされます。カジュアルになり過ぎてはいけませんが、デザインの凝ったビーズのアクセサリーも色が選べて服に合わせやすくなりおすすめです。

ピンクゴールドのアクセサリーは煌びやかになりすぎないものも多いので、選択肢が広がります。

 

大人の女性は上手に二の腕を隠す

マナーの点でも言えることですが、結婚式の服装として露出の多いものは女性として品が良いとは言えません。しかし、パーティードレスは袖のないデザインが多く、挙式では羽織りものを1枚着ることが前提です。

ただ、オーガンジーなどのストールを前で結ぶ、といったスタイルでは肩周りのラインが隠れ大人の女性としての魅力が伝わりづらくなってしまいます。

年齢の出やすい二の腕を上手に隠すためにも羽織るものは上手に選びましょう。ドレスのデザインに合わせた丈の短いジャケットなら、格好も良く大人な感じにまとまります。

長袖のドレスはレースなどを取り入れたものであれば重くならず、レースから垣間見られる腕が大人らしい艶やかさをさらに演出します。タックスリーブワンピースもエレガントでボレロなどを羽織る必要が無くおすすめです。

 

お伝えしたものの他、結婚式の服装として女性ならではの華やかな装いに和装があります。未婚女性の和装で正礼装は振袖、その中でも袖の長さが約115cmの大振袖が最も格式の高い装いになります。

ただし大振袖は「本振袖」とも呼ばれ花嫁も着用することがあるため、予め新婦の衣装に和装があるか確認し、その場合は中振袖(袖約105cm)や訪問着に変更するのがマナーです。

訪問着であれば未婚・既婚、年齢も問わず着られます。身内の結婚式の場合は振袖や留袖の必要があるので、お友達や会社関係の式に出席する場合におすすめです。

和服でもドレスでも共通して言えることは、主役の新婦を立てる装いであるという点です。そういった押さえるべきポイントを押さえ、「さすが」と思わせる結婚式に相応しい服装で大人の女性の魅力を発揮しましょう。


連記事