金婚式のプレゼント☆節目に贈りたいとっておきの一品とは

金婚式のプレゼント☆節目に贈りたいとっておきの一品とは
金婚式のプレゼントにはどんなものが喜ばれるのか、何を贈ればよいのか困りますよね。金婚式は夫婦が長年連れ添ってきた大切な記念日です。どんなプレゼントでもいただけるとうれしいもの。ですが、金婚式という貴重な節目ですから、贈る側にとってもいつもより素敵で、なおかつとっておきのものを贈りたいという方も多いのでは。

日本の結婚記念日を祝うようになったのは1894年、明治27年に明治天皇の銀婚式で大婚二十五年祝典が始まりとされています。銀婚式は結婚25年目、金婚式は結婚50年目の節目を祝うものです。

銀婚式はお祝いする方も多いですが、金婚式は50年ということもあり、なかなかお祝いする機会がありません。そんな金婚式のプレゼントには、どのような品物を贈るとよいのでしょうか。

そこで今回は、金婚式のプレゼントにピッタリのとっておきのプレゼントについてお伝えします。

出雲大社の福こづち

金婚式に贈るプレゼントとしてとっておきの品には、出雲大社のゆかりの縁起物「出雲大社の福こづち」がおすすめです。

大黒様で知られる「大国主大神様(おくにぬしのおおかみさま)」は幸福、五穀豊穣や縁結びでは有名な神様です。出雲大社の大国主大神様が持っている打ちでのこづちを元に一つ一つ手作りで生産されています。打ちでのこづちは、打つように振ればなんでも好きなものが出てくると伝えられています。

この福こづちは国産木の欅の木を使っていて、大きさは一番大きいものは全長28cmで48,600円、小さいのはキーホルダーくらいの大きさで5.5cm648円です。人気があるのは25cmで27,000円です。

福こづち

ご長寿やご退職記念などのお祝いに出雲大社ゆかりの縁起物|大社木工
出雲大社のお膝元にて、一つ一つ願いを込め手造りで出雲大社ゆかりの縁起物を製作しております。大切なお祝いの贈り物にこの縁起物をお贈り下さい

名入れもできますから記念品として相応しいでしょう。

 

夫婦湯呑み

金婚式のプレゼントとして、夫婦湯呑みもおススメです。

金婚式に相応しいとっておきの湯呑み、天皇皇后両陛下へ献上した経験がある有田焼巨匠の湯呑みはいかがでしょう。

柿右衛門様式の陶芸家巨匠小畑裕司氏が一品一品手作りする「夫婦湯呑み 色絵銘々桜図」がおすすめです。最高級の天草産の陶石を使っています。描かれている桜の輪郭が黒と赤を使っていて、巨匠の個性が伺えます。

「夫婦湯呑み 色絵銘々桜図」は重さ150gと軽く、価格は32,400円です。金婚式のプレゼントとして最適な価格でしょう。

夫婦湯呑み 色絵銘々桜図

天皇陛下が愛した幻の夫婦湯呑 色絵銘々桜図:柿右衛門様式の最高峰
天皇皇后両陛下献上記念品の特別限定販売。最上の夫婦湯呑をお探しの方は有田焼専門店JTOPIA(ジェイトピア)へ。柿右衛門様式の最高峰をご堪能いただけます。包装・熨斗も全品無料対応。個人のお客様だけでなく上場企業・官公庁様からもご注文をいただいております。

「夫婦湯呑み 色絵 銘々桜図」はJTOPIAという高級有田焼贈答品専門店の限定商品です。他では手に入らないので特別感が感じられる一品でしょう。

 

マイフィギュア

金婚式のプレゼントで変わったものは、マイフィギュアがおすすめです。マイフィギュアとは世界でたった一つの自分自身のフィギュアで、ネット注文のみになります。

体はあらかじめ作られているものを選び、顔、頭の部分がオリジナルになります。やり方はマイフィギュアを作りたい方の写真を「マイフィギュア」と言うサイトで確認して取って送るだけです。

セットバージョンは結婚式当時のものと、今現在の写真で作製するとよいでしょう。約1~1.5ヶ月かかりますので早めに注文することをおすすめします。

 

フラワーBOX

金婚式のプレゼントにお花の贈り物もよいでしょう。オーソドックスな花束もよいですが、箱一杯にお花をちりばめた「フラワーBOX」も人気です。

四角や丸い箱に色とりどりの生の花やドライフラワーをたくさんいれて作ります。手作りすることもできますから、両親が好きな花や思い出の花を見繕って、世界で一つのプレゼントに。フラワーBOXの相場は約2,000円~6,000円です。

金婚式のプレゼントには、ソープで花を作ったフラワーBOXもおすすめ。ソープですから枯れることはありません。枯れないのでいつまでもキレイが保ちます。

 

フォトウェディング

金婚式のプレゼントにフォトウェディングはいかがでしょう。結婚式を挙げていなかったり、神前式で行ってウェディングドレスを着たことがなかったりする両親におすすめです。結婚式の下見と言いながら両親を連れ出しましょう。そこでサプライズ!驚くこと間違いなしです!

フォトウェディングを専門にしているところでは価格が低いのでおすすめです。洋装では約1万~8万円、和装では約2万~10万円が相場です。スタジオか屋外での撮影かでも金額は変わります。ロケーションでは10万~20万円が相場です。

フォトウェディングは、両親の節目のプレゼントとしてピッタリ!二人の思い出に残る一枚を贈りましょう。

 

このように、金婚式のプレゼントは印象に残りやすいとっておきのものがよいでしょう。

金婚式を迎えられるのは並大抵のことではありませんし、誰でも迎えられることでもありません。金婚式は結婚50周年を祝う節目です。50年連れ添った方でないとお祝いができない、非常にめでたいこと。そんな金婚式だからこそ思い出にも残るものがよいでしょう。

金婚式のプレゼントは子供たちからお父さんお母さんへ、孫からはおじいちゃんおばあちゃんへと贈られることでしょう。夫婦でしたら今まで二人で乗り越えてきたことに感謝し、今までの思いを伝えるチャンス!

日ごろはそっけないお父さんもこの日は、かっこよく決めてみましょう。夫婦の絆をより強くすること間違いなし!一生に一度しかない金婚式のプレゼントが、素敵な思い出になるようにぜひ役立ててください。


連記事