会社の飲み会に参加しないのに?仲間が集まる人心掌握術

会社の飲み会に参加しないのに?仲間が集まる人心掌握術
会社の飲み会に参加しないと強調性がないと思われて、仲間から敬遠されてしまうことってありますよね。ひどい場合は上司からにらまれて、降格させられてしまう事もあるようです。

最近は会社の飲み会に参加しない選択が、日本でも少しずつ認められているものの、まだまだ「酒の付き合いを含めて仕事だ」なんて考えが根強く、つらく当たられることが多いのも事実。

もちろん、会社の飲み会に参加しないから協調性がない、なんて根拠のない言いがかり。会社の飲み会に参加しないからといって、皆と仲良くしたくない訳ではないはず。

仕事では、皆と強調して務めを果たそうと頑張っている方がほとんど。是非、仲間とは仲良くして居心地の良い職場にしたいですよね。

そこで今回は、会社の飲み会には参加しないけれども、仲間と仲良くやっている人々が無意識にも、意識的にも実践している、人心掌握術をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

上座と下座を把握する☆戸惑いやすいシーン別、徹底解説

上座と下座を把握する☆戸惑いやすいシーン別、徹底解説
上座と下座を把握しておくことは、ビジネスで接待をする時には欠かせないですよね。とは言え慣れていないと、ちょっと特殊な会場では、どこが上座でどこが下座か分からなくなることも多々あります。

普段はあまり問題にはなりませんが、交渉など目上の方をもてなす際にはとても重要。堅苦しい決まり事と捉える方もいるかもしれませんが、上座や下座には大切な意味があります。

しっかり意味を把握して上座と下座を使い分けるなら、常識のある人として見られ良い評価を得られるに違いありません。

上座下座には目上の方への敬意や、おもてなしの心を表わすという、人として大切な意味合いがあります。相手の事を大切に考える気持ちを、おもてなしで表現するためにも、しっかり把握したいですよね。

そこで今回は、上座と下座を把握して、おもてなしの心を表わせるよう、戸惑いやすいシーンについての解説をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

社会人必見!飲み会のお礼メールで好印象を与えるワザ

社会人必見!飲み会のお礼メールで好印象を与えるワザ
社会人になると、飲み会の機会も多くなり、上司や先輩などからご馳走になる場面も増えますから、お礼を取り急ぎメールで送るということもしばしば出てきますよね。もちろん、帰り際にきちんとお礼をするわけですが、それとはまた別に、改めて飲み会のお礼をメールしておくと更に好印象です。これから先のお付き合いを考えると、飲み会でのお礼メールを1本入れておくこともマナーの一つと言えるでしょう。

しかし、先輩や上司宛てのメールとなると緊張しますよね。どのような文章を送ると失礼にならずに感謝の気持ちが伝わるのか、新社会人なら迷うこともあるでしょう。

そこで今回は、社会人必見!飲み会のお礼メールで好印象を与えるワザについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

送別会での挨拶☆上司へ送る、気持ちが届く7つの例文

送別会での挨拶☆上司へ送る、気持ちが届く7つの例文
送別会での挨拶、企業に勤めていると上司へ送る機会は多々ありますよね。異動や転勤、転職、退職等々理由様々ですが、別れはつらいもの…。しかも代表として送別会での挨拶をするとなると、心配になることもあるのではないでしょうか。

特に上司にはお世話になったわけですから、感謝の気持ちをしっかり伝えたいはず!送別会の挨拶では、二人の思い出の中での良いエピソードを取り上げて、スピーチにするのがコツ。

例えば、仕事が上手くいったときにご褒美をくれたこと、食事をごちそうしてもらったこと、…などなど。何か失敗してしまった時に一緒に謝ってくれたり、かばってくれたエピソードなどは感動的!

送別会で挨拶することになったら、そういう素敵なエピソードを準備して、気持ちよく送り出したいですよね。そこで今回は、送別会の挨拶で上司に気持ちが届く例文をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

飲み会のマナーはスマートに☆接待でも役立つ基本作法

飲み会のマナーはスマートに☆接待でも役立つ基本作法
飲み会のマナーは、改めて新人研修が行われるものでもないだけに、新人社員の間でも重要な要素ではないことが、多いですよね。特に昨今ではワーク・ライフ・バランスが重要視されていることもあり、あまり仕事関係での飲み会はないかもしれません。

けれども、ひと昔前には「ノミニケーション」とも言われていたように、飲みの席ほど大切にしている上司や、取引先の方々もしばしば見受けます。そして意外と、ラフに話ができる飲みの席で、アイデアを花咲かせながら大きな仕事が動いたりもするのです。

とは言っても「何かと気を使うし、気が重い…。」それが本音ではないでしょうか。でもちょっとしたポイントを押さえるだけで、自分も楽しく時間を過ごせて、仕事も円滑に進むなら、ぜひ取り入れたくなりますよね。

そこで今回は、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、マナーある丁寧な対応ができる、基本の接待作法をお伝えします。

[ 続きを読む… ]