会社の飲み会、新人の常識☆上司がチェックする基本マナー

会社の飲み会、新人の常識☆上司がチェックする基本マナー
会社の飲み会はよりマナーが目立つシーン。就職難を乗り越えて、やっと入社できた憧れの会社で仕事にも慣れてくる頃、会社から新人歓迎会が開催されることが多いですよね。

会社では仕事を覚えることも大切ですが、今後、仕事をしていく上で人脈を上手く築いていくことも重要。そのためには、お酒の席での振る舞いやマナーが大切になっていきます。

仕事を離れて、お酒を飲み交わし仲良くなろうとの意味もありますが、職場の多くの方はあなたがどんな新人なのかわかっていません。会社の飲み会での振る舞いを見て、上司や先輩社員が新人を見定めてしまう、と言っても過言ではないのです。

気心の知れた友人達との飲み会と会社の飲み会とはわけが違います。会社での飲み会では、十分に自分の立ち振る舞いに注意して、評価を得たいものですよね。そこで今回は、今回は新人が気をつけたい、会社の飲み会での基本的なマナーをお伝えします。



 

会社の飲み会、新人の常識☆
上司がチェックする基本マナー

 

最初が肝心!新人は会社の飲み会の遅刻


会社の飲み会ではまず、新人ならお店に入るところから気を張って!会社から上司や先輩社員と一緒に行く場合が多いですが、後ろからついていくようにして、お店も自分が最後に入るようにするのが礼儀です。

【 会社の飲み会:遅刻は厳禁! 】

★ 何らかの都合で、お店で直接待ち合わせとなる場合も、自分は待ち合わせ時間よりも早く到着するようにします。

・ 上司や先輩が到着していなくても、お店の前で待つようにするのが基本です。

くれぐれも、飲み会の時間に遅刻するなんてことがないように十分注意してください!

 

会社の飲み会で新人は下座に


会社の飲み会でまず気をつけなければならないのが、席次です。友人同士ならば、来た順に適当に空いている席に座ればいいのでしょうが、会社の飲み会では席次は重要なのです。

【 会社の飲み会:席次 】

★ まず、飲み会の部屋の奥にある席が上座と言い、上司や目上の人が座るところになります。

・ 新人である、あなたは入り口側の席の下座に座るようにしてください。

また、上司が自分より後から来たら、自ら進んで、奥の下座に座ってもらうようにスマートに促すことで、「おっ!気が利くな」と好印象を持ってもらえることもあるのです。

今後、取引先の方などビジネス上のお付き合いをすることが出てきても、同じように目上に当たる相手には上座に座ってもらうことを覚えておいてください。

 

周囲への気配りを忘れずに


会社の飲み会で大事なことは、上司だけなく、周囲への気配りも忘れないようにすること。

【 会社の飲み会:気配り 】

★ 例えば、料理が運ばれて来たら、相手に取り分けてあげたり、エアコンのついている部屋であれば、暑くないか、寒くないかと気遣ってあげたり、と気配りを見せてあげたいものです。

そうした振る舞いを上司は見ていないようで、見ていることが多いのです。周囲への気配りもぜひやってみてください!

 

お酒を注ぐタイミング


会社の飲み会で、つい見逃してしまうのが、周囲のグラスの状況です。

【 会社の飲み会:お酒を注ぐ 】

★ 上司や先輩社員のグラスのお酒が減ってきたら、こまめに注ぐのも、常識的な配慮です。

・ その時に、「今はいらない。」と断られるかも知れませんが、何も行動しないよりはずっと好印象になるはず!

お酒を飲んでいる人に対して、空になるのも待たないことが大切です。目安としてグラスの半分以上が空いていたら、注ぎにいってみてください。

また、ビール以外の飲み物にも気を配るようにしてください。お酒を飲めない人もいるので、ソフトドリンクなどのノンアルコールのメニューも確認しておくなど配慮をするのも大事です。

 

お酒を注いでもらう時


会社の飲み会で、新人が上司や先輩社員にお酒を注ぐことは多いですが、逆に注ぎ返されることが多くあります。ビールを注ぐことに注意しても、案外注いでもらうときには、気が緩んでしまうことも!

【 会社の飲み会:お酒を注いでもらう 】

★ ビールを注ぎ返されることがあっても、断らずに受けることが礼儀です。

・ また、グラスを持つときは片手ではなく、両手で持つように!

また、注いでもらうタイミングで、自分のグラスがビールでいっぱいの場合でも、一口飲んでから、グラスを差し出すようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか。会社の飲み会で新人の振る舞いやマナーを上司は見ているので、十分注意したいもの。

新人が飲み会の席で、注意すべきマナーは周囲への気配りです。飲み会の席では、楽しみながら、気配りを忘れないことが大切です。かと言って、固くならずにリラックスしながら、お酒を楽しく飲めればスマートです!

飲み会の席が増えるごとに、上司や先輩社員の普段見られない一面を見ることができるかも知れないので、面白いはず。また、飲み会の翌日には参加した上司や先輩社員にきちんとお礼をすることを忘れないように意識すると、さらに評価もアップ!

ぜひ本記事を参考にしながら、会社の飲み会でよりスマートな振る舞いと気配りを意識して、周りの同僚と差をつけちゃいましょう!

 

まとめ

会社の飲み会での新人マナー

・飲み会の遅刻は厳禁!待ち合わせは店の前で待つ
・飲み会の席で新人は下座に座る
・上司や先輩だけでなく、周囲にまで気を配る
・お酒は相手のコップが空になる前に
・お酒を注いでもらう時は断らず、両手でコップを持つ