社会人必見!飲み会のお礼メールで好印象を与えるワザ

社会人必見!飲み会のお礼メールで好印象を与えるワザ
社会人になると、飲み会の機会も多くなり、上司や先輩などからご馳走になる場面も増えますから、お礼を取り急ぎメールで送るということもしばしば出てきますよね。もちろん、帰り際にきちんとお礼をするわけですが、それとはまた別に、改めて飲み会のお礼をメールしておくと更に好印象です。これから先のお付き合いを考えると、飲み会でのお礼メールを1本入れておくこともマナーの一つと言えるでしょう。

しかし、先輩や上司宛てのメールとなると緊張しますよね。どのような文章を送ると失礼にならずに感謝の気持ちが伝わるのか、新社会人なら迷うこともあるでしょう。

そこで今回は、社会人必見!飲み会のお礼メールで好印象を与えるワザについてお伝えします。



 

社会人必見!飲み会のお礼メールで
好印象を与えるワザ

 

メールを送るタイミングはなるべく早く


飲み会に誘ってもらったお礼のメールを送るタイミングはいつだろう・・・と疑問に思うことでしょう。飲み会に一緒に行った人と個人的にもお付き合いがあり、プライベートな連絡先を知っている場合は、別れた後の帰り道にお礼のメールを送りましょう

すぐに送れないようでしたら、家についてからでも構いませんので、なるべく早めに送るということを意識します。

プライベートな連絡先を知らない場合は、翌朝その人に会う前に社内メールを送信しておくとよいでしょう。

 

飲み会に誘ってくれたことのお礼を伝えよう


飲み会でご馳走してもらったり、多めにお会計を出してもらったりした場合は、ついそのことへのお礼が強くでてしまいがちですが、まずは飲み会に誘ってくれたお礼をメールの文章の頭に持ってきましょう

忙しい上司であれば、その忙しい中時間を作って飲みに連れて行ってくれたという感謝の気持ち伝えると、相手も気持ちが良いものです。

「お忙しい中、食事にお誘い頂きましてありがとうございました。」と切り出すのが良いでしょう。

 

連れて行ってもらったお店の印象を伝えよう


上司や先輩は、初めて行くお店よりも、普段行き慣れたオススメのお店に連れて行ってくれることが多いです。そこできっとあなたにオススメのお酒や料理を教えてくれるでしょう。

お酒や料理をすすめてくれた場合はその感想を、すすめることは特になかった場合は連れて行ってくれたお店の雰囲気など印象を伝えて褒める言葉を盛り込みます

 

飲み会の話での感謝を伝えよう


飲みの席になると、男の人ほど仕事の話に花が咲くものです。体験談やこれからの展望など熱く語ってくれることでしょう。その中で、あなたにとって印象深かったことや興味深かったものについて触れ、勉強になったということを伝えます

上司や先輩は、自分が乗り越えてきた道のりの体験談を話すことで、次に後輩であるあなたがその壁にぶつかった時に乗り越える参考にして欲しいと思い話をしているのですから、その思いを受け取ったという気持ちを入れましょう

 

ご馳走になった場合のお礼は仕事で返す姿勢を見せよう


上司や先輩がご馳走してくれたり会計を多めに出してくれた場合、そのことに対するお礼を何かしないとと思うことでしょう。この場合のお礼の仕方は、何か物を贈るとかではなく、社会人として仕事で返すということがベストです。

「このお礼は仕事でお返しできるよう、これからますます身を引き締めて頑張ります!」と言ったように仕事への誠意を伝えましょう。

 

次回の飲みの場へは自分からは誘わないようにしよう


飲み会へ誘ってくれたお礼メールの最後の締めには「また是非、お食事をご一緒させてください。」などと次回へつながるアピールを送りがちですが、ご馳走してもらったりした場合ですと「またご馳走してください。」という意味にも捉えかねません

次回の飲みの場への誘いは自分からするのではなく、謙虚な姿勢で「またこのような機会がありましたら、宜しくお願いします。」と控えめに送りましょう。

無難な文章に聞こえますが、謙虚さをアピールするのもとても大事です。

 

いかがでしたか。飲み会など会社の人たちとの交流の場はとても刺激になり、楽しい一面もありますが、最後にきちんとお礼のメールを送ることで、より一層今後の仕事にも張りが出ることでしょう。

上司や先輩はあなたのことを気に掛けてくれているからこそ、飲みの場へも連れて行ってくれているわけです。感謝の気持ちをしっかりと伝えて、その想いを仕事で返すということは、飲みに連れて行ってくれた上司や先輩にとって何よりのお礼になります。

その場で出た話を覚えていてくれて、それを参考に動いてくれるということは、その上司や先輩を尊敬しているからこそであり、その姿にますます喜びを感じるものです。

飲み会でのお礼をメールで改めて伝えることで、これからもより良い人間関係を築いていきましょう。

まとめ

飲み会に連れて行ってもらったお礼をメールで送るには

・飲み会後にお礼のメールを送るタイミングは帰り際なるべく早くしよう
・飲み会に誘ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えよう
・連れて行ってくれたお店の雰囲気やお酒・料理の味などを褒めよう
・飲みの場で話してくれたことを生かせるように気持ちを伝えよう
・これからの仕事への熱意を伝えよう