通夜

葬式マナーについて

通夜の挨拶には構成がある。押さえておきたい基礎知識

通夜の挨拶は多くの場合、喪主が行うものですよね。最近、通夜は葬儀や告別式に会葬できない方たちが、故人と最後のお別れをする場となることが多くなり、より重要な意味合いを持つようになりました。 そんな方たちには、足を運んでくれたことや、故人を偲んでくれたことに対しての感謝の言葉、そして、遺族の思いを心を込めて伝えた...
葬式マナーについて

お通夜の作法をおさらい。突然の訃報にも慌てない基本

「お通夜の作法ってどんなもの?」と聞かれても、正確に答えられる方は、なかなかいませんよね。香典や服装の作法、礼拝の作法など、何度もお通夜に参列した経験がある方でも、どこかしら曖昧になってしまうもの。 突然訪れる訃報だけに、お通夜の作法がわからなければ支度も不安、会場でも緊張の連続になりがちです。一方、基本とな...
葬式マナーについて

通夜の作法を理解する。意味から覚える7つのマナー

通夜での作法には様々なものがありますよね。通夜は、冠婚葬祭の儀式の1つですから、ルールやマナーがあり、それを守れないと失礼に当たるだけに、「知らない」「聞いてない」「誰からも教えてもらっていない」などと、言い訳をすることは通用しないのが辛いところ…。 未成年であれば、通夜での作法ができていなくても、子供だから...
葬式マナーについて

通夜の挨拶を頼まれたら。基本の構成と7つの例文

通夜の挨拶は基本的に喪主がするものですよね。告別式の出棺前の挨拶と通夜の焼香が終わった後の参列者に向けての挨拶は、葬儀に足を運んでくださったことを、喪主としてお礼をする重要な機会ですし、故人に代わってメッセージも伝えなければいけません。 通夜の挨拶では、喪主以外の近しい遺族が頼まれて行う場合でも、喪主の挨拶と...
葬式マナーについて

通夜の作法をおさらい。事前に意識したい心遣いとマナー

通夜の作法は日頃から意識しておかないと、訃報はいつも突然飛び込んでくるだけに、誰しもそれほど慣れていないために慌ててしまいがちですよね。 しかし、社会人になればこれまでより世界が広がり、様々な方との繋がりができる分、訃報に接することも多くなってしまいます。あっては欲しくありませんが「明日は通夜に参列しなければ...
葬式マナーについて

お通夜の準備、遺族がしなくてはならない5つの事

通夜を行うに当たっては、葬儀社が一通り行ってくれますが、細かいところで自分たちが何をすればよいのかということは、分からない方も多いですよね。通夜という言葉は誰でも知っているものですが、通夜を準備する方法については普段知る機会はなかなかありませんし、身近な人が亡くなるという事を誰でも考えたくはないものです。 通...
葬式マナーについて

通夜の服装に困らない。参列前に確認したい作法とは

通夜の服装にはマナーがあります。参列する時にその服装のマナーを守れていないと、自分が恥をかくだけでは終わらないので、心配もありますよね。 他の参列者や遺族の方々を不快にしてしまう事態は避けたいもの。通夜では故人の死を悼み、お別れをしに人々が集まっていますから、そのような場で人に迷惑をかける訳にはいきません。 ...
葬式マナーについて

通夜マナーの基礎知識。参列前に知りたい7つの「常識」

通夜マナーはその時になって戸惑うもの。通夜に参列する時、服装や持ち物、何時頃に行けばよいのかなど、困ったことはありますよね。 例えば、「通夜での服装は、喪服以外で何でもよかったはず!」や「カバンやくつは黒色であれば、エナメル素材やスパンコールがついていても大丈夫?」他にも「遅れてはいけないから、早めに行こうと...
葬式マナーについて

葬儀の流れを理解する。通夜から告別式までの基本の手順

葬儀の流れは喪主だけでなく、遺族や葬儀を進行する立場であれば知っておかなくてはいけません。喪主はたいていの場合、亡くなった人の配偶者や子供が務めますから、最愛の人の死にショックを受けて、葬儀の運営をするのに頭が十分に回らない可能性もあります。 そのため、遺族や近しい人は喪主でなくても、葬儀の運営に協力しながら...
法事でのマナー

通夜のマナーで真心が伝わる。参列前に押さえる基本の礼儀

「通夜のマナー」と聞いて、あなたははじめに何を思い浮かべるでしょうか。 服装、焼香の手順、お悔やみの言葉など、思い浮かべる通夜のマナーは人それぞれですが、服装だけ気をつけていればいい、焼香の手順さえ間違えていなければいい、ということではありませんよね。 通夜のマナーは、参列するときから終わりまで、守らな...
葬式マナーについて

通夜のマナーは大丈夫?知らないと恥をかく「常識」とは

通夜のマナーを知らないと自分自身が恥をかきますし、故人やご遺族の方にも失礼にあたります。とは言え、通夜は日常的にあるものではありませんし、通夜のマナーを学校で学ぶわけではありませんから、知る機会がないですよね。 子供のころ、両親に連れられて通夜に行く場合は親からマナーを教えてもらえますが、大人はそうはいきませ...
葬式マナーについて

通夜は焼香マナーで決まる。恥ずかしくない基本の手順とは

通夜での焼香マナーは、しっかりと学ぶ機会はないですよね。長く生きて人と関わっていると、悲しいお別れもあります。そんな時、お葬式のマナーは多々ありますから、お通夜の焼香になると「前の人と同じようにすれば大丈夫」と、優先順位も低くなりがちです。 確かにそれでも、お葬式の席では上手に乗りきれるかもしれません。でも、...
葬式マナーについて

通夜での焼香は大丈夫?恥を欠かない7つの手順と作法

通夜での焼香マナー、突然の訃報でも滞りない手順で進められますか?突然の通夜や葬儀、連絡を受けてからは悲しみでいっぱいになってしまうもの。けれども悲しむ間もなく、バタバタとしてしまうことがほとんどのケースです。 通常、亡くなったその日の夜、または翌日の夜に通夜が営まれ、翌日に葬儀が執り行われます(友引は避け...
葬式マナーについて

通夜の香典の包み方と渡し方。気になる金額目安とは

通夜というのは前もって招待されるものではありません。人の不幸はある日突然のように訪れます。 その知らせを聞くのは、近しい親戚の場合には喪主からの直接の連絡であることが多いですが、会社の同僚であれば上司や社内報から、友人知人であれば人づてに耳に入ることもしばしばあります。 通夜に行くために香典袋を日頃...
葬式マナーについて

通夜の焼香マナーの基本。葬式前から押さえる作法とは

通夜には焼香をする場面が必ずあります。どんなに参列者の多い通夜であっても、喪主側から特別な指定がない限りは、参列した人は全員焼香をするのです。しかし、通夜の焼香の作法やマナーは学校では習いません。 いざ、行ってから通夜の焼香の順番が回ってきた時に、何も予習をしておかないと困ります。 葬式は、ある日突...
葬式マナーについて

通夜の服装マナーは大丈夫?参列時の7つの礼儀

通夜は突然の訃報で駆けつけることも多いです。日頃からしっかりと通夜や葬儀のマナーを把握して、故人や遺族に礼儀を尽くして参列したいものです。 突然駆けつける通夜では、参列者は必ずしもブラックフォーマル(喪服)ではありません。現代では通夜か告別式の、どちらかのみに参列する人々が増え、通夜でもブラックフォーマル...
社会人としてのマナー

通夜マナーをわかりやすく解説☆恥をかかない為の豆知識

皆さん突然の訃報を受けて通夜に参列することになった時に正しいマナーを知らなくてソワソワしてしまったことってありませんか。通夜は突然参列することになるので正しいマナーを事前に知っておかなければ「これでいいのかな。」などと周りの人に変に思われないように、恥をかかないように必死になってしまう方も中にはいるかと思います...
弔電マナーについて

通夜・告別式に参列できないときに行うべき7つの行動

お通夜・告別式の連絡が来たら、できるだけ急いで駆け付けたいですよね。故人が、親しかった友人や、お世話になった方、会社でつながりのあった方、など、ご縁があった相手ほど、お通夜・告別式に参列してご冥福を祈りたいものです。 とはいえ、残念なことに、どうしても参列できない場合もあります。非常に遠方だったり、仕事の都合...
法事でのマナー

お通夜に香典を持参する時に気をつけたい7つのマナー

社会人になると、思いがけなく訃報を聞くことがありますよね。お通夜やお葬式なんて、子供のころの遠い親せき以来、という方も多いはず。 幼いころなら家族にくっついていればよかったけれど、今となってはそういうわけにもいきません。故人を悼む気持ちとともに、急な出来事に困ってしまうこともたくさん。 実際にお通夜...
タイトルとURLをコピーしました