冠婚葬祭で、黒スーツを着るときに絶対にやってはいけない7つの事

冠婚葬祭で、黒スーツを着るときに絶対にやってはいけない7つの事
学生の時は制服で済ますことのできた冠婚葬祭用の正装。制服の時代を過ぎて大人になると、必ず用意しておかなければいけないものの一つが黒のスーツです。

結婚式や式典などの正装といった慶事の時や、お葬式や法事などの弔事の時に活躍します。慶事はともかくとして、お通夜やお葬式などは急に出かけたりしなければならなかったりします。

そんな時に慌てないように社会人になったらそういう時用の黒のスーツを一着は用意しておかなければなりません。

正式な装いとしての黒スーツは、ただ黒色のスーツであればよいということではなく、誰が見ても社会人として良識があるようなかんじに見える、きちんとしたものでなければなりません。

社会人として、きちんとする。いったいどんなところに気を付ければよいのでしょうか。



 

冠婚葬祭で、
黒スーツを着るときに絶対にやってはいけない7つの事

 

着古したヨレヨレのスーツであってはならない


略式でも正装なので、急に着ることになってもいつも、クリーニングに出したような、ピシッとしたアイロンのきいた状態になっていなければなりません。

黒のスーツを普段使いしている場合、日々着用しているとだんだん着じわや食べこぼしなどの汚れも目立つようになり袖の擦り切れもおきてくることでしょう。

普段使いのものとは別にいざという時のためによれよれになっていないものをひとつ いつも用意しておきましょう。

例えクリーニングに出してあっても、ズボンのお尻の生地が薄くなっていたり、テカリがでているようなものは、冠婚葬祭に不向きです。

 

スーツのサイズが合っているかどうか確認すべし


久しぶりに黒スーツを着てみたら、太ってズボンのボタンが閉まらない、とか、スカートがぴちぴちになって身動き取れないなんてことになっていないでしょうか。

または、病気をして、すっかり痩せてしまった、とか、ダイエットが成功して痩せたなど、悲しい悲鳴や嬉しい悲鳴など聞こえて来そうですが、とっさの時に着ることができなかったり、体型に合わなくて、みっともなかったりすると、周りの視線を随分集めてしまいそうです。

そうならないように黒スーツは、サイズを定期的に確認しましょう。

 

スーツのデザインにも注意


流行を追ったものは、何年か経つと、時代遅れに感じるものです。いざという時用の冠婚葬祭用黒スーツは、上着の襟の幅やボタンの数、ズボンのすその幅などに注意して なるべく流行にとらわれないオーソドックスなデザインのものを選ぶようにしましょう。

女性もあまり華やかなもの、特にスカートの丈やスリットの深さにも注意をしましょう。かがんだ時や座った時にどのように人に見られるか、家で鏡の前でチェックしておきましょう。おしゃれでなくともこのようなスーツはよいのです。

清楚であるように心がけます。

 

ワイシャツは目立つので細心の注意を


黒のスーツを着用するときは、対照的な色であるワイシャツやネクタイがひときわ目立ちます。

スーツはクリーニングしたてのパリッとしたものであっても、ワイシャツは普段のものをそのまま使ってしまうと、襟や袖の意外と目立つものです。冠婚葬祭用として白の無地のYシャツの新品に近いものをいつも常備しておくとよいでしょう。

数回使ったら普段使いにおろして、また新品を購入して備えるようなサイクルにしておくとよいですね。

 

ネクタイは黒スーツの主役です


白いネクタイや黒のネクタイに、シミやカビが生えていませんか?滅多に会わない親戚や知り合い、会社関係の人とも出会う場でもあります。

用意してあれば良いというわけでもありません。変な折じわが付いていないか、ネクタイの先がほつれていないか、確認しましょう。

慶事の際は粋なネクタイや胸ポケットにシルクのポケットチーフをのぞかせてかっこいいところを見せましょう。

 

足元にご用心。靴下にも注意を払おう


靴下は、本人の気が付かないところで目立つポイントです。ズボンと靴の隙間からのぞく靴下が毛玉だったら、これだけでずいぶんがっかりしてしまいます。

黒でなく濃紺だとしても、どういうわけかわかってしまうものです。細かいところには気を配れない人なのかと思われてしまいます。綿の靴下など論外で学生でない限りやめましょう。

靴下のつま先やかかとが薄くなっていたり穴が開いているものも、もちろんダメですので、出かける前に足元をよく確認しましょう。蒸れて足の臭いが気にならないかもよく気をつけましょう。

 

本人では気が付きにくい、香りには気を付けよう


まずはいつも香水をつける人でも冠婚葬祭には使用をやめましょう。たばこの臭いも目立つので控えるとよいですね。

香水でなくとも整髪剤や化粧品などしっかり香りのついているタイプの使用は避けましょう。

最近ははやりの柔軟剤で匂うタイプのものも室内に人が多く集まる場所に行くときは案外周りの人は息苦しく感じるものです。本人は気づかないこともあるので人に聞いたり、日頃から気を付けたりしましょう。

 

いかがでしょうか。

冠婚葬祭時の黒スーツの出番は頻繁というわけではないかもしれませんが、いざ必要な時にきりりと使えるようにしておきましょう。

白のYシャツの新品を一ついつも用意しておくとか、黒スーツはクリーニングに出してからクロゼットに収納する、ネクタイの白のものと黒のものをチェックして少々くたびれてきたら値段が下がっているときになど新調しておくなど、日ごろから準備しておきましょう。

黒スーツだけに気を配るだけでなく、その他いろいろ身だしなみを整えて清楚に見えるように、そして周りの人に不快感を与えないように心がけましょう。

 

まとめ

冠婚葬祭で、黒スーツを着るときに絶対にやってはいけない7つの事

着古したヨレヨレのスーツであってはならない
スーツのサイズが合っているかどうか確認すべし
スーツのデザインにも注意
ワイシャツは目立つので細心の注意を
ネクタイは黒スーツの主役です
足元にご用心。靴下にも注意を払おう
本人では気が付きにくい、香りには気を付けよう