葬式の流れを確認!初七日までにやるべき5つのこと

葬式の流れを確認!初七日までにやるべき5つのこと
お葬式の流れはその場に立ち会ってみないと解らないものですよね。しかし、核家族化が進む今の日本では、お葬式に立ち会う場面は多くありません。身近な家族が亡くなって初めて真剣に考えなくてはならなくなった、という方がほとんどです。

家族が亡くなると、お葬式以外にもやらなければならないことは沢山あります。亡くなってから焦っても始まりませんし、詳しいと思える親戚に相談したり、亡くなった病院で葬儀業者を紹介してもらうなど、誰かに助けてもらいながら進めることになりますが、せめてお葬式の流れくらい解らないと、相談した相手が何を話しているかも解らないことでしょう

そこで今回は、初七日法要まで含めた、基本的な葬式の流れについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

お葬式の服装マナー。これだけは揃えておきたい6つのモノ

お葬式の服装マナー。これだけは揃えておきたい6つのモノ
突然のお葬式で服装や小物が揃わず困ったというのは多くの人が経験していることでしょう。訃報に動揺してしまい、どんな服装を用意すべきか、持ち物は何なのかなど、慌ててしまうこともありますよね。結婚式などおめでたいことなら事前にわかるのですが、訃報は突然のこと。お葬式の服装は予め揃えておくべきとわかっていても、急を要することではないので後回しになり、突然のお通夜や葬儀の連絡に慌てて揃えなければならなくなったりするものです。

遠方のお葬式だったりすると現地で服装を揃えることは難しく、自分だけではなく遺族の方にも恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。そのような事態を避けるため、ある程度のものは事前に用意をしておくことが大切です。

そこで今回は、突然のお葬式の服装で最低限揃えておきたいものについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー
故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。ですが、人の不幸というものは突然訪れるものですから、弔辞を頼まれた人は、悲しみに暮れる中で考えることになり、戸惑ってしまうことも少なくありません。

弔辞は、故人が親しかった友人や恩師など、特にお付き合いの深い関係のある人が読むことが多く、そういった人が弔辞を読みたいと遺族に申し出ることもあれば、遺族から弔辞を読んで欲しい人に頼むこともあるでしょう。

弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀です。しかし、初めての弔辞となれば、どういった言葉で故人や遺族に気持ちを伝えるかはもちろん、葬儀をスムーズに行うためにも、マナーが気になるところです。

そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないための5つのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄

キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄
キリスト教徒が亡くなれば、もちろんキリスト教式の葬儀が執り行われます。日本に住んでいると葬儀イコール僧侶の読経と焼香というイメージですが、宗教が異なれば葬儀の様相も全く異なったものになります。日本におけるキリスト教徒の割合は人口の1%ほどですし、キリスト教式の葬儀に列席する機会がゼロであるとは言い切れませんよね。お香典の準備や服装など、考えてみると「どうすれば良いの」と不安になることもあるでしょう。

そこで今回は、キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄をお伝えします。この記事を読んで、キリスト教式と仏教式の葬儀の違いをきちんと知り、参列する機会があれば慌てることの無いようにしましょう。

[ 続きを読む… ]

後悔しない葬儀屋の選び方。気を付けたい5つのポイント

後悔しない葬儀屋の選び方。気を付けたい5つのポイント
不幸は突然やってくるもので、それからバタバタと準備を始めるとしてもあまりにも時間がないものですから、基本的には葬儀一式を葬儀屋にお任せすることになりますよね。ほとんどの方は葬儀屋にお任せすると、見積りされた金額を払い、葬儀屋の流れにのっとって葬儀を済ませています。

しかし、葬儀屋にお任せした人の多くが「後悔をした」という意見を漏らしているのも事実です。葬儀については前もって話をする機会もなく、知識も少ないことがほとんどでしょう。慌てて頼んだために、悪徳な葬儀屋に当たってしまった!なんてことになるのはもちろん嫌ですよね。では、そのような葬儀屋に当たらないためには、どの点に注意すればよいのでしょうか。

そこで今回は、後悔しないための葬儀屋の選び方として、5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]