初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー
故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。ですが、人の不幸というものは突然訪れるものですから、弔辞を頼まれた人は、悲しみに暮れる中で考えることになり、戸惑ってしまうことも少なくありません。

弔辞は、故人が親しかった友人や恩師など、特にお付き合いの深い関係のある人が読むことが多く、そういった人が弔辞を読みたいと遺族に申し出ることもあれば、遺族から弔辞を読んで欲しい人に頼むこともあるでしょう。

弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀です。しかし、初めての弔辞となれば、どういった言葉で故人や遺族に気持ちを伝えるかはもちろん、葬儀をスムーズに行うためにも、マナーが気になるところです。

そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないための5つのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄

キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄
キリスト教徒が亡くなれば、もちろんキリスト教式の葬儀が執り行われます。日本に住んでいると葬儀イコール僧侶の読経と焼香というイメージですが、宗教が異なれば葬儀の様相も全く異なったものになります。日本におけるキリスト教徒の割合は人口の1%ほどですし、キリスト教式の葬儀に列席する機会がゼロであるとは言い切れませんよね。お香典の準備や服装など、考えてみると「どうすれば良いの」と不安になることもあるでしょう。

そこで今回は、キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄をお伝えします。この記事を読んで、キリスト教式と仏教式の葬儀の違いをきちんと知り、参列する機会があれば慌てることの無いようにしましょう。

[ 続きを読む… ]

後悔しない葬儀屋の選び方。気を付けたい5つのポイント

後悔しない葬儀屋の選び方。気を付けたい5つのポイント
不幸は突然やってくるもので、それからバタバタと準備を始めるとしてもあまりにも時間がないものですから、基本的には葬儀一式を葬儀屋にお任せすることになりますよね。ほとんどの方は葬儀屋にお任せすると、見積りされた金額を払い、葬儀屋の流れにのっとって葬儀を済ませています。

しかし、葬儀屋にお任せした人の多くが「後悔をした」という意見を漏らしているのも事実です。葬儀については前もって話をする機会もなく、知識も少ないことがほとんどでしょう。慌てて頼んだために、悪徳な葬儀屋に当たってしまった!なんてことになるのはもちろん嫌ですよね。では、そのような葬儀屋に当たらないためには、どの点に注意すればよいのでしょうか。

そこで今回は、後悔しないための葬儀屋の選び方として、5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【お通夜のマナー】参列する際に気をつけたい5つの事柄

【お通夜のマナー】参列する際に気をつけたい5つの事柄
どなたかが亡くなって、お通夜に参列することになった際に気になることといえば、お通夜のマナーってどういった事に気をつければよいのだろう・・・ということですよね。通常、人が亡くなると、(仮通夜)・お通夜・葬儀、告別式といった順番で執り行われていきます。

仮通夜はない場合もありますが、近年では昼間に行う葬儀、告別式に参列することは難しいけれど、夕方から行われるお通夜になら参列できるという方が多い傾向にあります。

お通夜に初めて参列することになった・数回行ったことはあるけれど、前回参列したのはかなり前で覚えていない・何回参列しても慣れなくて、毎回お通夜のマナーが気になる・・・。そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、お通夜に参列する際に気をつけたい事柄を5つに分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

葬式のマナー。参列する際に気を付けたい服装のポイント

葬式のマナー。参列する際に気を付けたい服装のポイント
急にお葬式に参列する事になり、どのような服装をすればよいのか、困った経験がある方は多いですよね。弔事というものは突然にやってきます。

両親・祖父母のような距離の近い人だけでなく、あまり交流のなかった親戚や友人でも、急に亡くなってしまうという事はなかなか想定できないものです。特に、交流の深い方がなくなってしまうと、驚きと悲しみで正常な判断ができなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、人が亡くなった場合にはお葬式という儀式があります。これらは亡くなった方の御霊を慰め、次の人生を健やかに歩めるよう祈るためのものですが、こうした儀式にはマナーというものが存在します。その人に死に戸惑う気持ちがあったとしても、そのマナーを守らなければ、悼むために参列したお葬式を冒涜することとなってしまいます。

そして、もっとも顕著にマナー違反がわかるのが、お葬式に来ていく服装と言えます。そこで今回は、お葬式に着ていく服装について、気をつけたいポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]