知っておきたい供花の知識と金額相場

知っておきたい供花の知識と金額相場
お葬式に行くと必ず目に留まるのが供花ですよね。故人との関係が近い親族や、深い関係にあった知人は、香典とは別に供花を贈ることがあります。他には、葬儀に参列できない場合に香典に代わって供花を贈る場合もあります。

しかし多くの方が訃報を聞いた場合は、香典を準備することでしょう。供花を贈ることは、そう何度もあることではありません。実際に、送ったことはないという年配の人も多いものです。

いざ供花を贈ろうと思っても、どのような物を贈ればよいのか、いくらくらいなのか・・・失礼に当たることがあったらどうしよう・・・といろいろ不安になることでしょう。

そこで今回は、知っておきたい供花の知識と相場金額についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

密葬を執り行う際に気を付けなければならない5つのこと

密葬を執り行う際に気を付けなければならない5つのこと
密葬という言葉を耳にすることはあまりないですよね。密葬というのは、その漢字から「秘密に葬る」と想像してしまいますが、実際の密葬と言うのは、そこまで秘密に隠れてするものでもないのです。

テレビでよく著名人の方が密葬をすると報じられることが多いですが、個人で密葬をする人も近年では増えてきています。密葬は一般的な葬儀とは違い、参列する人もごく限られた人のみで行うため、参列したことがある経験者も周りに少ないことでしょう。

いざ密葬を執り行うことになったら、あまりにも経験がなさすぎて何をするべきなのか、気を付ける点はあるのか…などなど不安にかられますよね。

そこで今回は、密葬を執り行う際に気を付けておくべきことについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

初めてでも迷わない、正しいお焼香の仕方

初めてでも迷わない、正しいお焼香の仕方
突然の哀しいお知らせとともに、急遽駆けつけることになる『お葬式』では、マナーが気になるところですが、中でも『お焼香』は緊張する一瞬と言えますよね。何度経験してもガチガチになってしまうお焼香の瞬間。初めてなら尚更です。

マナーとしての『正しいお焼香の仕方』については、わかっていそうでわからないことのひとつでしょう。「お焼香は前の人の真似をする」というセオリーがありますが、案外簡単ではありません

それは冠婚葬祭自体、経験する回数が比較的少ないということが一つと、更にはその場の意味や雰囲気を考えれば適当には出来ないし、その時ばかりは周囲の意識や視線が自分一人に集中してしまうからです。

正しいお焼香の仕方を知っておけば、故人とのお別れも心からできるというものです。そこで今回は、初めてでも迷わない、正しいお焼香の仕方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

喪服で着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識

喪服で着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識
突然の哀しいお知らせである『お葬式』の際の服装のマナーについては、戸惑う方も少なくないですよね。基本的には葬儀の服装、つまり喪服の装いについては『喪主、家族、友人』などの故人との関係によって装い(格)が異なるものです。

また、通夜、告別式、法事などの場面の違いによってもふさわしい服装というものがあります。最近では喪服というと男女共にブラックフォーマルなどの洋装をイメージしますが、時には和装…と考えてみてもマナー的にはどうなのかわからないから無難な洋装で、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大人なら知っておきたい冠婚葬祭のマナー。そこで今回は、喪服として着物を着るのはどんな時?葬式の服装知識についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

神道の葬式へ参列する。理解すべき仏教式との7つの違い

神道の葬式へ参列する。理解すべき仏教式との7つの違い
神道の葬式に参列する機会はあまりありませんよね。日本の葬式と言えば仏教式がほとんどで、全体の約90%が仏教式なのですが、ごくわずかながら、神道の葬式が行われることがあります。

もしかすると、「神道」という言葉自体を、初めて耳にした人もいるかもしれません。そんな確率の低い神道の葬式に参列することになった場合、どんなことに気を付けなければならないのか、戸惑ってしまうのは当然です。

仏教式では当たり前とされている数珠も、神道式ではまた違ったルールがあるなど、「葬式はどれも同じ」と言う考えでは、大恥をかくことにもなってしまいます。

とは言え、神道の葬式は全国的にも稀なため、両親や周囲の人々に尋ねたところで、安心して参列できる答えが返ってくることは、そうそうありません。その上通夜や告別式は突然の訃報でもたらされるもの…。

何の理解もなく神道の葬式に参列することは、さすがに不安ですよね。そこで今回は、神道の葬式に参列する際に、最低限理解しておきたい仏教式との違いをお伝えします。

[ →続きを読む… ]