初めての葬儀挨拶はココが肝心!押さえたい5つのポイント

初めての葬儀挨拶はココが肝心!押さえたい5つのポイント
不祝儀である葬式、特に葬儀挨拶の場面では、使ってはいけない言葉ってありますよね。「重ね重ね」「ますます」などの不幸が重なる繰り返しを予想される言葉はNGです。その他にも「死亡」は「逝去」、「急死」は「突然の事」、「生存中」は「生前」に言い換える必要があります。「追って」「度々」「更に」「くれぐれも」も厳禁なので注意が必要です。

喪主として、遺族代表として葬儀の挨拶をする場合、こうした「忌み言葉」や「重ね言葉」の他にも、どのタイミングでどのような挨拶をしたら良いのかとても迷うことでしょう。喪主の挨拶というのはある程度形式が決まっているものですが、告別式の後、式場から出棺するときの葬儀挨拶は特に緊張するものです。

葬儀挨拶は、「短すぎず、長すぎず」を意識して3分以内にまとめたいものです。挨拶は暗記をしなくても紙を見ながらでも大丈夫ですが、慌てず、落ち着いて話すなどは気を付けたい点です。そこで今回は、初めての葬儀挨拶はココが肝心!押さえておきたい5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

セレモニーホールとは?いざという時に困らない基礎知識

セレモニーホールとは?いざという時に困らない基礎知識
セレモニーホールと言われても何のことを差すのかピンとこない人もいますよね。セレモニーというと、何かおめでたい行事かな?と思いがちですが、セレモニーホールは人生の最後を彩る場所ということから「葬儀場」を差します

セレモニーホールと一口で言っても、大きく二つに分かれており、よく一般的にみなさんが思い描く葬儀社の運営するセレモニーホールと、公営のセレモニーホールとがあります。ですが、セレモニーホールを選ぶ時は何を基準にするとよいのか、お葬式を執り行う機会というのもそう何度もある事ではありませんので、悩むことでしょう。

そこで今回は、いざという時に困らないためにセレモニーホールの基礎知識についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー
故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。ですが、人の不幸というものは突然訪れるものですから、弔辞を頼まれた人は、悲しみに暮れる中で考えることになり、戸惑ってしまうことも少なくありません。

弔辞は、故人が親しかった友人や恩師など、特にお付き合いの深い関係のある人が読むことが多く、そういった人が弔辞を読みたいと遺族に申し出ることもあれば、遺族から弔辞を読んで欲しい人に頼むこともあるでしょう。

弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀です。しかし、初めての弔辞となれば、どういった言葉で故人や遺族に気持ちを伝えるかはもちろん、葬儀をスムーズに行うためにも、マナーが気になるところです。

そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないための5つのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選
お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み、そして悲しんでいる遺族をいたわる為に重要なものです。ですが、突然の訃報で遺族に何と言葉をかけたら良いのかわからず、戸惑ったことがあるのではないでしょうか。

お通夜や葬儀で深い悲しみを感じている遺族へのお悔みの言葉は、まさに「かける言葉も見つからない」状態になるかもしれません。自分自身も悲しみを感じ動揺してしまうと頭が真っ白になってしまうでしょう。だからと言って遺族に会ったのに何も言わないで帰るなんてことはできませんよね。実はお悔やみの言葉には定番の言い回しやフレーズがあるのをご存知でしょうか。あまりにも気を遣いすぎて逆に無神経な言葉などを言ってしまわないように、定番の言葉や最低限のマナーは覚えておきたいものです。

そこで今回は、シーン別で知っておきたい遺族に伝えるお悔やみの言葉6選をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選
親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。弔辞はご霊前で事前にご遺族から依頼された人が読み上げるというのが一般的で、いわば友人知人の代表です。自分にはなかなか縁のないものと思っていても、年齢を重ねていけばそのような機会が巡ってくる可能性もゼロではありません。

そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。折角の機会ですから、是非ご遺族へ、そして何より親しくしていた故人に対してのありったけの思いを伝えることができればとても素晴らしいですよね。思いを文にのせて、大切な方へ最後のお別れをして差し上げましょう。

[ 続きを読む… ]