初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー

初めての弔辞で失敗しないための5つのマナー
故人との最後のお別れの言葉である「弔辞」は、故人への悲しみの気持ちを表すものですよね。ですが、人の不幸というものは突然訪れるものですから、弔辞を頼まれた人は、悲しみに暮れる中で考えることになり、戸惑ってしまうことも少なくありません。

弔辞は、故人が親しかった友人や恩師など、特にお付き合いの深い関係のある人が読むことが多く、そういった人が弔辞を読みたいと遺族に申し出ることもあれば、遺族から弔辞を読んで欲しい人に頼むこともあるでしょう。

弔辞を頼まれた際には、遠慮せずに快く引き受けることが礼儀です。しかし、初めての弔辞となれば、どういった言葉で故人や遺族に気持ちを伝えるかはもちろん、葬儀をスムーズに行うためにも、マナーが気になるところです。

そこで今回は、初めての弔辞で失敗しないための5つのマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選

【シーン別】遺族に伝えるお悔やみの言葉6選
お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み、そして悲しんでいる遺族をいたわる為に重要なものです。ですが、突然の訃報で遺族に何と言葉をかけたら良いのかわからず、戸惑ったことがあるのではないでしょうか。

お通夜や葬儀で深い悲しみを感じている遺族へのお悔みの言葉は、まさに「かける言葉も見つからない」状態になるかもしれません。自分自身も悲しみを感じ動揺してしまうと頭が真っ白になってしまうでしょう。だからと言って遺族に会ったのに何も言わないで帰るなんてことはできませんよね。実はお悔やみの言葉には定番の言い回しやフレーズがあるのをご存知でしょうか。あまりにも気を遣いすぎて逆に無神経な言葉などを言ってしまわないように、定番の言葉や最低限のマナーは覚えておきたいものです。

そこで今回は、シーン別で知っておきたい遺族に伝えるお悔やみの言葉6選をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選

弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選
親しい方が亡くなり、ご遺族から葬儀の場での弔辞を依頼されることになったら、何を話せばよいか戸惑ってしまいますよね。弔辞はご霊前で事前にご遺族から依頼された人が読み上げるというのが一般的で、いわば友人知人の代表です。自分にはなかなか縁のないものと思っていても、年齢を重ねていけばそのような機会が巡ってくる可能性もゼロではありません。

そこで今回は、弔辞で伝えるメッセージ。貴方の気持ちを表す文例5選をお伝えします。折角の機会ですから、是非ご遺族へ、そして何より親しくしていた故人に対してのありったけの思いを伝えることができればとても素晴らしいですよね。思いを文にのせて、大切な方へ最後のお別れをして差し上げましょう。

[ 続きを読む… ]

葬儀参列の基本マナー。準備するものから焼香まで

葬儀参列の基本マナー。準備するものから焼香まで
葬儀に参列することになった時は、誰でもきちんとしたマナーで出席したいものですよね。しかし、なかなか何度も経験することのない式典ですから、いざ出席するという場面で、マナーを完璧にしたいと考えても、何が正しいかわからずに不安になることもあります。失礼の無い服装や準備物もそうですが、お焼香の回数が分からず周りをきょろきょろして様子を伺っているようでは、スマートな社会人とはいえません

そこで今回は、葬儀参列の基本マナー。準備するものから焼香までと題して基本的な葬儀のマナーをお伝えします。故人を偲ぶ大切な場面ですので、落ち着いた気持ちで参列できるように、ここで葬儀のマナーをきちんと押さえておきましょう。

[ 続きを読む… ]

キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄

キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄
キリスト教徒が亡くなれば、もちろんキリスト教式の葬儀が執り行われます。日本に住んでいると葬儀イコール僧侶の読経と焼香というイメージですが、宗教が異なれば葬儀の様相も全く異なったものになります。日本におけるキリスト教徒の割合は人口の1%ほどですし、キリスト教式の葬儀に列席する機会がゼロであるとは言い切れませんよね。お香典の準備や服装など、考えてみると「どうすれば良いの」と不安になることもあるでしょう。

そこで今回は、キリスト教葬儀の基礎知識。仏教式とは違う5つの事柄をお伝えします。この記事を読んで、キリスト教式と仏教式の葬儀の違いをきちんと知り、参列する機会があれば慌てることの無いようにしましょう。

[ 続きを読む… ]