遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー

遺族を励ますお悔やみの手紙とは。書き方のコツとマナー
大事な家族を亡くした遺族の悲しみはとても計り知れないものがあり、塞ぎ込んでしまう方も多くいらっしゃいますが、そんな時にお悔やみの手紙を送って励ましたり、慰めたりするのはとても大切なことですよね。

故人の訃報を聞いたけれども遠方で行けない場合や、他の事情があって駆けつけられない場合、また葬儀を身内だけで済ませるケースも増え、後で訃報を知らされるということも少なくありません。このような場合は、お悔やみの手紙を送ることになりますが、どのタイミングで送ってよいものか、どのようなことを書けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、急な訃報を受けてお悔やみの手紙を送ることになった場合でも慌てないように、お悔やみの手紙を送る時のマナーと書き方のコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選

【故人との関係別】葬儀の喪主挨拶で使える文例5選
身内の不幸で喪主を務めることになると、「喪主挨拶」をする場が多くありますよね。しかし、突然の不幸を前に、喪主として挨拶をするという大役の務めを果たすには、時間がないというのが現実です。

前もって準備ができるものでもないので、いざその時が来て初めて、喪主挨拶の準備をすることになります。喪主は悲しみの中、自分自身の気持ちの整理も付かないままに挨拶をしなければなりません。故人への想いと葬儀に来て下さった人たちへ向けた感謝の気持ちを、どのようにまとめればよいものか、とても迷うところです。

ましてや喪主というのは、そう何度も務めるものではありません。経験された方が周りにいるということも少ないでしょう。

そこで今回は、突然の不幸に喪主を務めることになった時に使える挨拶の文例についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

お通夜の服装。突然の訃報に備えて押さえておきたいポイント

お通夜の服装。突然の訃報に備えて押さえておきたいポイント
予期しない訃報が入ってくることは珍しくありませんが、そんな時に困ってしまいがちなのがお通夜の服装です。こまめに近況を報告し合える関係ではない人の訃報は、本当に思いもかけないタイミングでやってくるものですから、準備ができていないこともありますよね。

特に若い人の場合は、まだまだ友人やお世話になった上司や恩師などの訃報を聞く場面が少ないため、急な連絡にはパニックになってしまうことも多いでしょう。でも、急にやってくるものとはいえ、お通夜も大切な儀式の一つです。そんな席で「急いでいたから」という言い訳は通用しません

大人になったらお通夜の服装に困らないように準備をしておくべきだということは昔から言われています。でも、どういった点を押さえれば良いのでしょうか。

そこで今回は、突然の訃報にも対応できるように、押さえておきたいお通夜の服装のポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装は礼儀を守って。男性が押さえるべき基本とは

葬式の服装は礼儀を守って。男性が押さえるべき基本とは
葬式の服装について、「バッチリ、全て分かっている!」と自信を持てる人は、そんなに多くはいませんよね。葬式の服装といえば喪服が一般常識。でもよく聞いてみれば、「ブラックフォールのスーツ」と答える人もいます。

表現は違っていても、頭の中で描くスタイルはほぼ同じはずです。では、「正しい葬式の服装とは一体どんなものか?」と聞かれて、人々にキチンと伝えられるでしょうか。

葬式の服装は、一言でいえば”喪服”が一番わかりやすい表現ですが、葬式の服装の基本は、身につけて良いものを含み、細部まで見ていくと男性と女性で異なります。

「ネクタイや靴の質感、腕時計のタイプは、どんなものがマナーに則っているのかなど、細かなところまで正しいマナーを知っていれば安心!何も考えずに葬式に参列すると、もしかするとマナー違反をしているかもしれません。少し、あやふやな部分もありますよね。

そこで今回は、そのなかでも今回は男性が押さえるべき基本的なことをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

葬式の服装、基本作法。女性が恥ずかしくない7つのマナー

葬式の服装、基本作法。女性が恥ずかしくない7つのマナー
葬式の服装、突然だと何を着ていけばいいのか、困ってしまう人は、案外多いですよね。お葬式の服装は地味な色にするのが、基本のマナー。では、黒色や紺色であれば何でも良いのでしょうか?

もちろん、答えはNO。同じ黒色と言っても、エナメル素材や革、ラメ入りなど素材によって印象も変わるからです。特に女性の葬式の服装は種類も多く、気を付けて選んでいたつもりでも、選び間違えてしまっていては大変です。

ヘアスタイルやメイク、ネイルにしても「控えめにする」ことがお葬式での基本のマナーです。大切な人への最後のお別れ。きちんとした葬式の服装でお別れしたいですよね。

そこで今回は、葬式の服装と作法について、「恥ずかしい、失敗した。」と後悔することがないよう、7つの基本マナーをお伝えします。ぜひ、確認してください。

[ →続きを読む… ]