礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服を選ぶとき女性用ならばちょっと注意が必要です。男性であれば礼服として1着ブラックフォーマルとお葬式用に黒いネクタイを準備しておけば間違いないですが、女性用のブラックフォーマルは色々なタイプがありますので、どれが正式のものなのか迷ってしまいます。

突然のことなので黒い服を着ていけば良いでしょう、と考えたら大間違いです。お悔やみの場で場違いな服装をしていくと後後まで、ご遺族や他の参列者に常識がないという印象を残してしまうことになりかねません。

そこで今日は礼服・女性用のフォーマルのマナーとタブーについてお伝えします。ブラックフォーマルは突然必要になることが殆どですから、成人したら、社会人になったら平時のうちの準備しておくことをお勧めします。

[ →続きを読む… ]

礼服女性マナー集☆常日頃から準備したい小物と選び方

礼服女性マナー集☆常日頃から準備したい小物と選び方

礼服は女性の場合、見落としがちなマナーが多くあります。ちなみに礼服とは、正礼装にあたり、一番格の高い服装のことを指します。具体的には男性ならタキシード、礼服を女性が着るなら、カクテルドレスやイブニングドレスがこれにあたります。

結婚式などのおめでたい場では「平服で」と指定がない限り、礼服で参加しなければなりません。ちなみに「平服」とは、略式の礼服のことを指しています。男性ならスーツ、女性ならワンピースなどを着用しましょう。

つまり礼服は正装ですので、冠婚葬祭どの場面でも着ることが出来る服装です。ですが、礼服は女性にとって難しいもの。男性はお葬式ならブラックスーツ、お祝い事にはタキシードなど、ある程度決まっているのですが、女性はそうもいきません

結婚式に全身黒の礼服を女性が着ると、葬儀を連想させることからタブーとされています。一方で結婚式で好まれる光沢のある素材の礼服を女性が着ると、もちろん葬儀では派手すぎてマナー違反にあたります。そのため、TPOに合わせた礼服を女性が選ぶことは、とても大切です。

大人のたしなみとして事前に礼服の準備はしておきたいところです。ですが、相手との関係によっても、ふさわしい礼服は女性の場合は変わってきます。このように、難しいのが礼服の女性のスタイルなのです。

そこで今回は、常日頃から準備しておきたい礼服に合わせる小物についてお伝えします。どれも流行に左右されないものばかりですので、是非参考になさってください。

[ →続きを読む… ]

礼服を女性が選ぶ時に、知っておきたい7つの基礎知識

礼服を女性が選ぶ時に、知っておきたい7つの基礎知識

礼服を女性が選ぶことは、男性のブラックスーツのように、簡単にはいかない面があります。人生の中では、結婚式や葬儀、法事などさまざまな冠婚葬祭の場に出席する機会があります。その際、大人としてマナーをしっかり理解して出席、参列したいもの。

そこで大切なのが服装です。冠婚葬祭の場面では、決められた服装のルールが多々存在します。そこで本記事では、礼服の女性が覚えておきたい、基本的なマナーをお伝えします。

冠婚葬祭の礼服は女性の場合、知っているつもりでも実際に購入する時になって、「どうだったっけ?」と不安に思ってしまうことが多いです。それでは、いざ購入するときに、困ってしまいます

そんな時のために、礼服を女性が選ぶ際に知っておくと便利な知識をバッチリお伝えしますので、近々礼服を女性の方で購入検討されているならば、ぜひ本記事を参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

礼服・女性の装いの基本。いざという時役立つ3つの豆知識

礼服・女性の装いの基本。いざという時役立つ3つの豆知識

礼服は女性の正装とも呼ばれ、結婚式やお葬式などの改まった場所に女性が着ていくものとされています。女性の礼服といって想像するのは「喪服」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし入園式や卒業式などに用いる「セレモニースーツ」、結婚式やパーティーに用いる「イブニングドレス」と女性の礼服には3種類があるんです。

また女性用の礼服は、デザインも多様にありますよね。礼服は普通の女性用のスーツより少し割高なので、つい躊躇してしまいがちなのですが、やはり「礼服は一生もの」と昔から言われるように素材もしっかり作られているので、一着は最低でも持っていたいものです。

基本的には場所と目的に沿って落ち着いたシンプルな礼服が望ましいのですが、幅広い層の女性が礼服を選べるようにデザインも工夫されています。しかし、どのように礼服を着こなせば良いのでしょうか。いざという時の豆知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

礼服のレンタル利用で何かとお得になれるその理由とは

礼服のレンタル利用で何かとお得になれるその理由とは

結婚式や入学式などの慶事の際、またはお葬式や法事法要などの弔事の席など、礼服を着用する機会は、意外と多いものです。慶弔両用の礼服を持っているからと、いつも黒い服装で参加されている方も多いでしょう。

決してマナー違反ではありませんが、慶事の場合は、少しは色のある華やかな装いに仕上げた方が新郎新婦にも喜ばれますし、お子さんの卒業式などにも色を添える事が出来ます。

「でも、もう一着礼服を購入するのは何だか勿体ない…」
「どんな席でも着用できる礼服が分からないし…」
とお考えの方、「礼服のレンタル」を利用してみませんか。

「レンタル?」と躊躇される方も多いでしょうが、意外と沢山の利点があるんです。

今日は「礼服のレンタル、お得になれる理由」を7つ紹介します。時と場合、ご自身の気分に合わせて、似合う礼服をレンタルしてみましょう。

[ →続きを読む… ]