礼服をレンタルする際、知らないと痛い目を見る9つのポイント

礼服をレンタルする際、知らないと痛い目を見る9つのポイント
様々なシーンで礼服を着る機会はありますが、礼服も様々な種類があり用途や立場に合わせて相応しい礼服を選ぶ必要があります。手持ちが無い場合はレンタルを考えられる方も多いでしょう。

礼服を始めてレンタルするときには色々と戸惑うことが多いものです。ついデザインや金額に目がいきがちですがレンタルする際にはその他にも気を配っておかなければならないことが沢山あります。最近はネットでレンタル出来る便利なお店が増えています。様々なサービスがありますので比較しながら賢く利用したいものです。



 

礼服をレンタルする際、
知らないと痛い目を見る9つのポイント

 

礼服の種類を知っておく


礼服のレンタルの際には礼服の使用目的によって相応しい礼服の種類があることを忘れてはなりません。

特に男性の礼服には厳密に決められたルールがあります。出席する会がどのようなものか出席する際の立場によって礼服の種類を変える必要があります。レンタルする際にどのような使用目的なのか相談しその場にあった相応しい礼服をレンタルしてください。

 

礼服選びのポイントは色


礼服を選ぶ際に重要になるのは「色」です。もちろん礼服は黒と決まっていますが実は黒に染めることはとても難しいことなのです。ポリエステルが入ると白っぽい黒に見えてしまいます。

黒に深みが無く白っぽく見える黒は安物という印象を与えてしまいますので礼服を選ぶ際は黒の深みを気をつけてみてください。

 

礼服は生地の光沢に気をつける


礼服であれば結婚式でも葬式でも使えると思っていらっしゃる方は選ぶ際に生地の光沢にも気をつけてください。光沢のある生地で作られた礼服は結婚式にはピッタリですが葬式では光沢がありすぎて適さないからです。葬式用にレンタルされる場合はシルクやモヘヤが60%以上入っている場合は注意が必要です。

 

出来る限りサイズ合わせをしておく


礼服のレンタルで難しいのはサイズ合わせを事前にしておくことです。急な場合は特にサイズ合わせが出来ない場合があります。サイズが合わない礼服は見た目にも気になりますが着心地も当然悪いです。サイズがきつめになってしまったら式に出席している間動きづらくなってしまいます。

礼服のレンタルは出来る限りサイズ合わせをしっかりしてください。ネットでレンタルする場合でもレンタルするまでに時間があれば試着のために送ってもらうことができるサービスもあります。ギリギリの手配でなく時間がある場合は早めに手配しましょう。

 

小物が含まれているか確認しておく


礼服をレンタルする場合には小物が含まれているかどうかも確認しておきましょう。礼服の種類によっては小物がつく場合があります。小物がないと礼服がきちんと着こなせない場合がありますのでしっかり確認してください。

礼服につく小物が分からない場合はレンタルする際に自分で用意しなければならないものを確認しておきましょう。

 

料金設定を理解しておく


レンタルの場合は様々な料金がかかります。ネットでレンタルした場合レンタル料の他に送料やクリーニング料がかかる場合もあります。購入とレンタルとどちらがよいかしっかり考えてレンタルしましょう。

ネットでレンタルする場合、料金に送料もクリーニング料も含まれているお得な料金設定のところもありますので比較しながら選ぶと良いでしょう。

 

キャンセル料金を調べておく


レンタルの場合、レンタルをキャンセルする時にキャンセル料が発生する場合が多いのでキャンセル料金を調べて起きましょう。何らかの理由でキャンセルしなければならない場合は早めに連絡しましょう。

特にレンタルの場合いつ契約が結ばれたか、規約の説明があったかという点も大切になってきます。見積もりの段階で仮契約を結びその後一週間で本契約に移行するような契約もあり、気がつかない間にキャンセル料が発生する期間になっていたという問題も出てきています。キャンセル料が発生するタイミングも合わせて確認しておきましょう。

 

レンタル品の破損や紛失時の料金設定


レンタル品は破損や紛失、しみ等によっては実費を支払う必要があります。レンタル品が盗難にあうといったこともありますので事前に破損や紛失時の料金を確認しておくようにしましょう。

レンタルには破損や紛失、盗難に備えた保険がレンタル料に含まれているような商品もあります。レンタル料に何が含まれているかしっかり確認しておけば安心です。

 

延長料金に気をつける


レンタル品ですので返送が遅れれば当然延長料金がかかってしまいます。レンタルを利用する際は使用した後の返却の仕方や日程についてしっかり確認しておいてください。1日返済が遅れると30%増しの料金がかかるような場合もあります。

また返送する前にすべてのレンタル品を揃えて返却の準備が出来ているか確認をしておきましょう。

 

如何でしたでしょうか。

すべてのシーンに合う礼服を自前で用意することはなかなか出来ませんので、礼服のレンタルにお世話いなることは一般的です。どのような点に注意してレンタルを利用すればよいのか知っておくことはトラブルを未然に防ぐためにも大切なことです。

時間に余裕がある際にはしっかり下調べをしてレンタルしてください。

 

まとめ

礼服をレンタルする際、知らないと痛い目を見る9つのポイント

・礼服の種類を知っておく
・礼服選びのポイントは色
・礼服は生地の光沢に気をつける
・出来る限りサイズ合わせをしておく
・小物が含まれているか確認しておく
・料金設定を理解しておく
・キャンセル料金を調べておく
・レンタル品の破損や紛失時の料金設定
・延長料金に気をつける