礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服を選ぶとき女性用ならばちょっと注意が必要です。男性であれば礼服として1着ブラックフォーマルとお葬式用に黒いネクタイを準備しておけば間違いないですが、女性用のブラックフォーマルは色々なタイプがありますので、どれが正式のものなのか迷ってしまいます。

突然のことなので黒い服を着ていけば良いでしょう、と考えたら大間違いです。お悔やみの場で場違いな服装をしていくと後後まで、ご遺族や他の参列者に常識がないという印象を残してしまうことになりかねません。

そこで今日は礼服・女性用のフォーマルのマナーとタブーについてお伝えします。ブラックフォーマルは突然必要になることが殆どですから、成人したら、社会人になったら平時のうちの準備しておくことをお勧めします。



 

礼服・女性用のフォーマル。
お悔やみの場のマナーとタブー

 

女性用フォーマルの正式なスタイルはワンピースにジャケットスタイルが基本です


礼服としての女性用フォーマルには正式なスタイルがあります。本来は膝丈のワンピースにジャケットスタイルが正式とされてきましたが、現在ではフォーマルスーツも正式なスタイルとされることが多くなってきました。

ただし気をつけなければならないことは、フォーマルスーツの際も女性はスカートが正式だということです。参列者側であればパンツスタイルでも許されることがありますが、遺族側の場合は足を怪我しているなど事情がない限りはスカートを着用しましょう。

また、ワンピースやスカートの丈は膝が出ない長さのものを、お葬式では肌の露出は出来るだけ控えるのがマナーですので、袖丈に関しても夏場でも5分丈が望ましいといえます。

 

香水やネイルアートは厳禁です


お悔やみの場ですので、香水をつけるのはタブーです。また、派手な髪飾りをつけたり、派手なネイルは避けましょう。礼服・女性用フォーマルを着る際には長い髪はすっきりまとめていきましょう。お焼香の際やご遺族に一礼する際に長い髪をかき上げながらでは失礼極まりないですからね。できればお化粧も控えめにした方がベターです。

 

靴やバックは光沢のないものにしましょう


礼服を着るときに女性なら気になるのが靴やバックですよね。礼服の際には靴もバックも光沢のない素材のものにしましょう。靴は光沢のないもので、出来るだけ装飾のないシンプルなものでヒールもあまり高くないものが理想的です。ブーツやサンダルなどは黒でもNGですので気をつけてください。また、ストッキングも必ず黒にしましょう。急なことで慌てても今はコンビニでも手に入れることができます。

バックは、布製の黒いバックが正式です。革製のバックは殺生を意味するので本来であればNGですが、どうしても布製のバックが準備できない場合には光沢のない香典が入るくらいの小ぶりなサイズのものを使用しましょう。黒だからとリクルートのような大きなカバンを使用するのはエレガントではありません。

 

アクセサリーは付けない、もしくはパールのみにしましょう


礼服を着た女性が派手なアクセサリーをつけているのは好ましくないですね。正式には礼服を着た際に付けることが許されているアクセサリーは結婚指輪のみです。しかし、パールであれば悲しみの涙を表しているといわれ、つけても良いとされています。

パールのアクセサリーをつける場合は、白か黒系のもののみです。ネックレスは1連のものにしましょう。2連、3連のデザインは不幸が2重、3重になるといわれ忌み嫌われます。

 

ちょっとした準備が礼服の準備に差を付けます


礼服・女性用のフォーマルのマナーについては今までお伝えした通りなのですが、余裕があれば準備しておくと良いものがあります。それは黒い傘、黒いシンプルなコート、白い無地のハンカチかフォーマル用の黒いハンカチです。

お葬式が晴れの日や暖かい日とは限りません。雨の日に派手な柄物の傘しか持っていなかったら慌ててしまいますね。コートに関しても同じです。ファー付きの白いコートしか持っていなければ、失礼になりますので着ていくことが出来ません。黒い傘とシンプルな黒いコートを1着準備しておくことで心に余裕ができますよ。

また、白い無地のハンカチやフォーマル用のハンカチまできちんと準備している人は少ないため、日ごろから準備しておけば、マナーを知っている人なんだなと周りが感心してくれます。

 

以上、礼服・女性用のフォーマルのマナーとタブーについてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。礼服・女性用のフォーマルは難しいものと思いがちでしたが、ポイントを抑えればそれほど難しいものではありませんでした。

ここで豆知識として、ブラックフォーマルと黒いスーツの違いについてお伝えしておきます。普段会社などで使用している黒いスーツがあるから、それを着ていけば良いと考えていたら、ちょっと待ってください。実はブラックフォーマルと黒いスーツでは黒の濃さが違うのです。

ブラックフォーマルはブラックフォーマルと「ブラック」を強調しているだけに、実は普通の黒いスーツより黒が濃い布で作られているのです。1着だけ見ていたらわからないかもしれませんが、皆さんで並んだ時に黒の濃さが違うことがはっきりしてしまいます。

ですから、礼服・女性用フォーマルを準備する際にはきちんとブラックフォーマルを購入することをお勧めします。また、ブラックフォーマルを購入する際にも、値段が高くなるほど黒が深く濃くなっていく傾向がありますので注意してみてくださいね。

 

まとめ

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

・礼服・女性用フォーマルの正式なスタイルはワンピースにジャケットスタイルが基本です
・香水や派手なネイル、髪飾りは避け、お化粧も控えめにしましょう
・靴は光沢のない出来るだけ装飾のないシンプルな物を、バックは黒の布製の物にしましょう
・アクセサリーは付けない、もしくは白か黒系のパールのみにしましょう
・余裕がある場合は日頃から黒い傘、黒いシンプルなコート、無地の白いハンカチかフォーマル用の黒いハンカチを準備しておきましょう